女性が仕事したくない理由!働かなくても幸せになれる方法がある!?

NO IMAGE

 

今の日本のでは女性の社会進出が当たり前の様になってきています。

 

しかし、全ての女性が社会進出したいと思っている訳でもなく、働きたいと思っている訳でもありません。

女性の中には仕事をしたくない女性もいて、さまざまな理由で仕事に消極的になっていたり、働かなくても生きていける方法を探している人もいます。

 

そこでこちらでは、仕事をしたくない女性についてフォーカスしていきたいと思います。

 

女性が仕事したくないと思う理由

 

まずは女性が仕事したくないと思う理由をいくつかピックアップしてみたので、見ていきましょう。

 

子供と一緒に過ごす時間を作りたい

 

女性は結婚をして子供を産むと、仕事よりも家庭を優先させる人もいます。

 

特に子供と少しでも長い時間を共有したいと思う女性は多く、仕事よりも子供と一緒に過ごす時間を作りたいために、仕事をしたくないと思う女性もいます。

子供はすぐに成長してしまうため、できれば子供が小さい間だけ仕事よりも育児を優先させたいと思うもの。

 

仕事そのものが嫌で働いていないわけでもなく、子供との時間を大切にしたい女性は仕事よりも育児を優先させてしまうと結果的に仕事したくないと感じてしまいます。

 

過去に社内でセクハラなどの被害にあった経験がある

 

職場などではさまざまな人間関係のトラブルがありますが、女性が仕事したくないと思ってしまう職場のトラブルには、過去にセクハラなどの被害にあったことの原因が考えられます。

 

セクハラは性的な言動や行動などが主なものになりますが、それらがトラウマとなってしまい仕事をしたくない女性もいます。

とても可哀そうな理由になりますが、仕事したくないというよりも職場自体に行くことが出来なくなってしまっていると考えられます。

 

生活のために働きたいと思っていても、過去に職場などで酷いセクハラや嫌がらせを受けてしまっては、働きたくないと無意識に拒絶してしまっても仕方ありません。

 

セクハラとは!?辛いセクハラが起こる原因と対処法

 

専業主婦として家庭を優先させたいから

 

女性が結婚をすると共働き世帯になるか、旦那だけ働く専業主婦世帯になるか、のパターンに分けられます。

 

この時に家庭を大事にしたいと思う女性は専業主婦になるケースが多く、そのような女性が結婚をすると仕事したくないと思ってしまいます。

旦那に働いてくれるように頼まれても、家庭を大事にしたい女性は働きたくないと反発してくる可能性が大きいでしょう。

 

子供と同じ時間を共有したい女性と似ている理由になりますが、子供がいなくても専業主婦でいたいと考える女性は少なからずいます。

 

もともと労働意欲がない女性であるため

 

そもそも女性のモチベーションとして労働意欲がなく働きたいと思わない人もいるでしょう。

 

今の社会では女性は結婚をすれば専業主婦になることも珍しくなく、自ら働かなくても旦那さんに稼いでもらえば生きていく事ができます。

もともと労働意欲がない女性が結婚をしてしまうと、さらに働きたくないと思ってしまうでしょう。

 

あまり労働意欲がない女性とは男性からしたら結婚をしたいとは思いませんが、結婚をしてみなければ女性の本当の性格なども分からないものです。

 

女性が仕事したくないからと結婚する前に考慮すべきこと

 

仕事したくない女性が結婚をする時には、いくつか考慮すべきことがあります。

 

結婚をする事で女性は仕事をしないでも生活する事ができますが、結婚をする前のパートナー選びや結婚後のライフプランを決めておくと、仕事したくない女性であっても夫婦間の大きなトラブルなどを抑えることができます。

 

共働きを望む男性とは結婚しない

 

仕事したくない女性が結婚する相手を選ぶ時は、共働きを望まない男性を選んだ方が良いでしょう。

 

共働きを要求してくる旦那さんと結婚をしてしまうと、女性の方は働きたくないのですから、夫婦喧嘩の原因になってしまいます。

結婚をする前の彼氏や婚約者などには共働きを望んでいないことを知ったうえで結婚をしないと、働きたくない女性には思わぬ家庭での価値観の違いが起こってしまいます。

 

仕事したくない女性が結婚するパートナーを選ぶ場合は、専業主婦を望んでいる男性と結婚をすると家庭もうまくいき同じ価値観を共有することができます。

 

経済的な豊かさを求めて結婚しない

 

仕事したくない女性が結婚をするとなると、共働き世帯であることはあまり望めません。

 

そのため仕事したくない女性が結婚をする時には、あまり経済的な豊かさを求めることはできません。

労働意欲があり働きたいと思っている女性であれば、結婚後も家計は豊かになり経済的にも余裕がある家庭を築くことができます。

 

しかし、仕事したくない女性と結婚をしてしまうと、それらの結婚後の家計の豊かさを求めることができないので、結婚前にはお互いに十分それらの家計の豊かさは望めないことを認め合ったうえで結婚をする方が良いでしょう。

 

年収の高い高給取りの男性と結婚する

 

仕事したくない女性と結婚をしてしまうと、あまり家計の豊かさを求めることはできないと前述しましたが、旦那さんである男性が高給取りであればそれらの問題は解決できます。

 

仕事をしたくないのであればある程度の年収の高い男性と結婚することで、家計も一定の豊かさを保つことができます。

年収の高い男性などには、企業の社長や役員、医者、弁護士、国家公務員などの職業の男性がいて、それらの男性と結婚をすれば女性は仕事をしなくても経済的にはなんら問題はないでしょう。

 

ただ、それらの高給取りの男性とは簡単に結婚できるものではなく、妥協してもいいので人並みの年収がある男性と結婚をすれば、仕事したくない女性でも不自由なく暮らして行くことができます。

 

もし、年収の高い人と結婚したいのであれば、Mr&Missを使ってみるのをおすすめします。

Mr&Missはハイスペック男性と美女のみが登録できるマッチングサービスです。

 

自分の顔に自信がない方も多いと思いますが、写真審査なので盛れる写真を撮れれば登録することができるので、そのサービスを使いハイスペック男性と出会うことができます。

 

Mr&Missはこちらから

浪費家の男性ではなく節約家で家計をチェックしてくれる男性を選ぶ

 

仕事したくない女性が結婚をする時に、旦那さんになる男性が浪費家の男性であっては家計が上手くいくとは考えられません。

 

そのため、仕事したくない女性の場合の男性パートナーを選ぶ時には、節約家の男性を選ぶ方が良いでしょう。

または、細かく家計をチェックしてくれるような男性の方が経済的にも安定して生活することが期待できます。

 

仕事したくない女性はさまざまな理由で働いていない場合がありますが、旦那さんであるパートナーが家計に関心がある人の方が貯金なども増やすことができます。

 

仕事したくない女性が取るべき行動

 

仕事したくない女性の場合では結婚をすればある程度の生活環境を確保することができます。

そこで仕事したくない女性が取るべき行動を見ていきましょう。

 

婚活パーティーや結婚相談所に行く

 

結婚をするためには、まずは相手男性を探さなくては結婚をすることができません。

 

そのため今では多くの婚活サポートサービスがあり、婚活パーティーや結婚相談所などの仲介業者を利用してみるのも良い方法です。

婚活パーティーは地元で行われているものや、インターネットなどで募集をしているイベントなどもあります。

 

また、結婚相談所なども地元には意外と多く個人で営んでいる結婚相談所などもあります。

それらの仲介業者を利用してみると、意外と高給取りの男性も多く仕事したくない女性にもピッタリな男性も見つかるでしょう。

 

もし、婚活を始めるのであればゼクシィ縁結びエージェントを使うといいでしょう。

有名なゼクシィということで安心感がありますし、2018年度のオリコン顧客満足度調査 結婚相談所ランキングで1位を獲得しているので、特にこだわりがないのであれば使ってみることをおすすめします。

 

ゼクシィ縁結びエージェントはこちらから

 

 

マッチングアプリなどで出会いを求める努力をする

 

婚活パーティーや結婚相談所ではやや手間が掛かりますが、マッチングアプリなどは手軽に結婚相手を探すことができます。

 

マッチングアプリで結婚したい人もが多くいるので、女性であれば無料のまま利用する事ができるものも多いので、仕事したくない女性にはオススメの婚活アイテムとして活用することができます。

ただ、マッチングアプリでは思わぬトラブルなどにも発展してしまうケースもあるので、優良で大手のマッチングサービスを使うことをおすすめします。

 

大手のマッチングアプリでは、ペアーズやCROSS MEなどがあります。

 

ペアーズはこちらから

CROSS MEはこちらから

 

公務員など安定した職業についているパートナーと結婚する

 

仲介業者や出会い系サイトなどを利用しても、収入に安定した男性でなければ仕事したくない女性にとってはやや不安な面があります。

 

収入に安定している職業では公務員などの職業が一番安定しているので、仕事したくない女性が結婚する男性の職業にはおすすめの職業になります。

結婚相談所や出会い系サイトでも男性のプロフィールには職業が分かるものも多いので、できれば公務員などの収入に安定している職業の男性にアプローチしてみる方が良いでしょう。

 

 

自分の興味のある仕事がないか探す努力をする

 

仕事したくない女性が結婚以外の方法で生きていくためには、やはり仕事をしなければ生きてくことはできません。

 

実家に住んでいれば親の収入に頼ることもできますが、いつまでも親も生きてはいません。

また、上記で紹介している仲介業者や出会い系サイトなどを利用したからといって、必ずしも結婚できるとは限りません。

 

そのため、いくら仕事がしたくないといっても生きていきためにはやはり働く選択肢を選ばざるを得ない場面も出てきます。

その時のためにも、今のうちに自分にできそうな仕事がないかを探す努力を少なくともしておくことも大切なことです。

 

未経験での転職におすすめな業界!イキイキと働いていますよ

 

まとめ

仕事をしたくない女性の理由は様々ありますが、ただ単に働きたくないからという理由では、結婚をしてもあまり上手くいくとは考えられません。

しかし、仕事よりも家庭を守りたいなどの正当な理由があれば結婚をしても結婚生活も上手くいきやすく、経済的にも安定して生活することができます。

今では婚活パーティーや結婚相談所、出会い系サイトやマッチングアプリなども充実しているので、それらを活用して安定した収入のある男性を見つけると、仕事をしなくても幸せに生きて行くことができるでしょう。

仕事カテゴリの最新記事