仕事で怒られる原因とストレスを溜めない方法!怒られた時の6つの対処法って?

   

「仕事でミスをしてしまって上司に怒られると落ち込んでしまう。」

「怒られるのがストレスで仕事に行くのが辛い。」

 

このように、仕事で怒られる事を辛いと感じている方は多いのではないでしょうか?

私も仕事で怒られて辛い時期もありました。。

 

そこで今回は、仕事で怒られると辛い理由・怒られる原因をご紹介するとともに、怒られた時の対処方法をお伝えします。

 

仕事で怒られると辛い理由

 

仕事で怒られると「辛い」と感じてしまうのは、主に以下の5つのような理由が考えられます。

自己評価が下がる

 

人間はロボットではないので、ミスや間違いを犯してしまうのが当たり前です。

 

しかし、自分が犯したミスによって上司や先輩に怒られてしまうと

 

「私は、ダメな人間だ。」
「私は、仕事ができない人間で価値がない。」

 

などと、自信を喪失し、自己評価が下がってしまいます。

優しく怒られていれば、自己評価が下がるまでのダメージを受けるまでもなく、次からは気をつけようという反省で終わる人も少なくありません。

 

しかし、目上の人から、威圧的・感情任せに怒られてしまったり、遠回しに、

 

「だからお前は駄目なんだ。」

 

というような言葉使いで怒られると私は

 

「仕事場で必要のない人間だ。」

 

と自己評価を下げてしまい辛くなってしまうケースもあります。

 

自己否定されているように感じる

 

先ほど、怒られると「自己評価」が下がり辛くなってしまうケースをご紹介しましたが、それと同じように、怒られると自分の存在自体を否定されているように感じてしまい、辛くなってしまう人も少なくありません。

 

例えば、ついうっかりミスをしてしまって

 

「次回から気をつけよう。」

 

と反省していても、頭ごなしに上司などから怒られてしまうと、怒った相手から自己否定されているように感じてしまう場合があります。

 

特に、

 

「お前は駄目だ。」

「どうして、こんなミスばかりするのか。」

 

などと、精神的にダメージを与えるような言葉使いで何度も怒られると、さらに強く自分を否定されていると思うようになります。

自分を否定されて辛くならない人間はほとんどいませんので、怒られる度に、辛くなってしまう人は意外にも多いものです。

 

他人の目が気になる

 

男性の場合、女性よりもプライドが高くプライドが傷付けられる事を許せないと感じている人も多いものです。

 

このように、プライドが高かったり他人の目が気になる人の場合、他の人の前で怒られてしまうと辛くなってしまう事があります。

例えば、自分に後輩が居てそれなりの立場にいるにも関わらず、上司が周囲の目を気にせず怒ってしまうとプライドが高い人は特にそれだけで精神的にストレスを感じてしまう事が多いものです。

 

例え、自分が犯してしまったミスによって怒られてしまったとしても、自分自身も後輩や部下を怒る立場に居るため分が悪くなって辛くなってしまう事もあります。

 

また、他人の目が必要以上に気になる人の場合は、

 

「怒られてしまった。仕事ができない人間だと思われたらどうしよう。」

「みんなの前で、恥をかかされてしまった。」

 

などと、余計なことを考えすぎてしまって、辛くなってしまう人も多いものです。

 

精神的ストレスを感じる

 

怒る相手がどんなに優しい言い方をしたとしても、人に怒られると人間は精神的にストレスを感じてしまうものです。

 

怒る相手も、怒っている時は感情的になってしまっている事も多く、大きな声で怒鳴ったり、相手の人格を否定してしまうような言葉遣いをしてしまう事もあります。

その場合、怒られた相手は、必要以上に「恐怖」を感じてしまい、萎縮してしまう事も少なくありません。

 

また、度々、怒られる事が続いてしまうと

 

「これをやったら、また怒られるのでは。」
「これは、間違いかもしれない。」

 

などと、怒られる事に対してビクビクするようになり、本来持っている能力を仕事で発揮できなくなってしまうケースも少なくありません。

このように、怒られる事で精神的にストレスを感じて辛くなってしまう人は多いものです。

 

仕事に行くのが嫌になる

 

これまで、人間は怒られると自己評価が下がる・自分を否定されている・プライドが傷つくなど様々な精神的なダメージを受ける事になるとご説明してきました。

 

このように、怒られて精神的にダメージを受けたとしても、気持ちの切り替えやリフレッシュが上手な人は、特に問題を抱えずに済みます。

しかし、ストレスの発散が上手ではない人の場合怒られる事が続くと、上司に会いたくない・仕事に行きたくないと思い詰めるようになってしまうものです。

 

そのまま、仕事に行くのが嫌になって、すんなり退職できるような人であれば、問題ないのかもしれませんが、真面目で我慢強い人に限って、自分の抱えるストレスを抱えてしまうものです。

そのような人の場合は最悪の場合、精神的な病気になってしまうケースも少なくありません。

 

このように、怒られるという事は「仕事に行きたくない」と思わせてしまうほど、怒られる相手に対して辛い思いをさせてしまう事があるのです。

 

仕事で怒られる原因

 

仕事をして怒られる原因は主に5つの原因があります。

それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

 

ミスをした時

 

まず、仕事で怒られる原因の第一位だと言っても過言ではないのが、「ミスをした時」です。

 

人間は機械ではないので、ミスをしてしまう事も当然あります。

そのためそれを理解している人間であれば、細心の注意を払っていた・初めてのミスであれば、怒られる事なく、注意で済む場合も多いものです。

 

問題は、何度もミスをしてしまったり、注意力散漫によって起こるミスです。

怒る相手は、何度もミスを犯してしまう前に、前回のミスで何も学ばなかった事や対策を考えていない事に対して怒っています。

 

また、注意していれば起こらなかったミスに対しては、仕事に集中していない事に対して怒るものです。

このように、自分に非がある場合は自分の非を認めて反省する事が大切です。

 

遅刻や納期を守れなかった時

 

次に仕事で起こられる原因として多いものに、「遅刻や納期を守れなかった時」といった原因が挙げられます。

 

例えば寝坊であっても事前に会社に連絡をいれて言い訳をせずに、謝れば怒られる事はほとんどないでしょう。

納期に関しても、納期に間に合いそうにないと事前に上司や先輩に報告していれば、それに対して会社は対応策を考えられるので怒られる事はありません。

 

怒られるのは、何度も遅刻をしたり事前に連絡をしないで遅刻する、または納期の日になって間に合わないと申告する事です。

何度も遅刻を繰り返してしまう場合には、「前回のミスから何も学んでおらず、対策も考えていない。」
といった理由で怒られてしまうでしょう。

 

また、納期に関しては事前に相談していれば、会社内で解決策を考えてお客様に迷惑をかけずに済んだところ、相談をしなかった為に、会社・お客様に迷惑がかかってしまっているという事に対して怒られてしまう事がほとんどです。

 

仕事の要領が悪い

 

人には、得意・不得意・向き不向きがありますので、他人と比べて仕事が出来ないと悩む人も多いでしょう。

しかし、あまりにも仕事の要領が悪いと怒られてしまう場合があります。

 

例えば、仕事が他の人よりも遅かったとしても朝早くに仕事場に行って準備をしたり、残業をして納期に間に合わせるような努力をしている人は「仕事の要領が悪い」とは言いません。

 

また、一度、「仕事の要領が悪い」と怒られてしまっても、それに対して対策を考えて実行している人は、次から怒られる事も減ってくるでしょう。

 

何度も、仕事の要領が悪いと怒られてしまう人は、自分の能力を把握しておらず、足りない所を補う努力をしていない・前回のミスなどから学んでいないといった「仕事に対する姿勢」に対して怒られてしまうのです。

期待に応えられていない時

 

会社は、面接やあなたの経歴を見て

 

「あなたなら、これくらいの仕事をやってくれるだろう。」

 

とある程度は期待して、あなたを採用しています。

しかし、あなたがあまりにも会社の期待に応えられていない仕事をしていたりすると、

 

「どうして、これくらいの事が出来ないのだろうか。」

 

と怒られてしまうケースは多いものです。

この場合は、会社側があなたに過度な期待をしすぎていたり、あなたが職場にまだ慣れておらず、自分の能力を発揮できていない場合に怒られる事があります。

 

あなた自身が面接時などに、自分の能力以上の事が出来ると必要以上にアピールしていない限りは、会社側の人間に問題があったり、あなたと会社の相性が悪い場合に怒られるケースが多いです。

上司・先輩の機嫌が悪い

 

近年、パワハラ・モラハラといった言葉が広まっていますが、職場には自分の機嫌一つで、相手を怒ってしまうような人間が存在します。

 

もちろん、自分の機嫌一つで怒ってしまうような人でもなんの理由もなく怒る人は稀です。

自分の機嫌で怒ってしまう人は、人のちょっとしたミスなどを見逃さずに、揚げ足を取るように怒ってしまうケースがほとんどです。

 

その場合は、ミスを注意されるだけではなく、そこから火がついたように相手の人格までも否定してしまうような上司や先輩も少なくありません。

また、ただ話しかけただけで、そこから揚げ足を取って不必要に怒る人も居るのです。この場合は、あなたが非を感じる必要はありません。

 

出来るだけ、そのような人とは距離を置けるだけ置いて自分自身を守る事が大切です。

 

仕事で怒られた時の対処法

 

仕事で怒られてしまった時は、しっかりと対処する事が大切です。

怒られた時は、あなたの状況に応じて以下の6つの対処方法を試してみましょう。

怒られた原因を分析し再発防止

 

まず、上司や先輩に怒られてしまった時には、なぜ、自分が怒られてしまったのかを客観的に分析しましょう。

 

怒られると、怒られた理由よりも落ち込んでしまったり、逆に怒りを感じてしまう人も少なくありません。

落ち込んだり、怒りを感じてしまうのはある程度は仕方ありませんが、一旦冷静になり感情を落ち着ける事が大切です。

 

その後、自分がミスを犯して怒られてしまったのであれば、再発防止の為の対策を考えて、その日から実行する事を心がけましょう。

ミスや失敗は誰にでもありますが、そのミスや失敗から学び、同じ過ちを繰り返さない事が大切なのです。

 

怒った相手を「敵視」しない

 

あなたに非があって、怒られた場合でも頭ごなしに怒られたり、人格を否定されるような言葉を投げかけられたら、頭に血が上ってしまうケースも多いものです。

 

その場合には怒った相手を「敵視」してしまい、自分が怒られた原因よりも相手に対しての怒りで頭がいっぱいになってしまう事も多いでしょう。

しかし、自分自身のミスや失敗によって怒られたのであれば、怒った相手を敵視するのではなく一旦、自分の怒られた原因について冷静に考えましょう。

 

怒った相手にも、経験不足であったり性格上の事から、あなたを怒らせてしまう言い方しかできない人間も居ます。

 

しかし、怒った相手が自分のストレスを発散したくて怒っているのでなければ、あなたの事を考えているからこそ、怒っているのです。

人を怒るのには、エネルギーもいりますし、相手に憎まれる覚悟もいります。それらのリスクを踏まえた上で、あなたを怒ってくれているのです。

 

まずは、その事に感謝して自分自身のミスや失敗について反省しましょう。

 

反省したら自分自身を責めすぎない

 

人に怒られると必要以上に、自分を責めすぎる人も存在します。

 

怒られると、少なからず誰でも落ち込んでしまい「自分は駄目な人間だ」と自分を責めてしまうものですが、自分を必要以上に責めすぎてしまうと、精神的なストレスを抱えてしまう事になります。

その為、自分を責めるのではなく自分が怒られた事に対して、反省して対策を考える事に集中しましょう。

 

誰にでも一つや二つ失敗はあるものです。

それよりも、同じミスを繰り返さない事が大切なのです。

 

ストレス発散の方法を持つ

 

上司や先輩に怒られる事が続くと精神的にストレスを抱えてしまう事は少なくありません。

 

あまりにもストレスをそのままにしておくと仕事に行きたくなくなったり、最悪の場合には精神に異常を起こしてしまう場合もあります。

 

最悪の事態を避けるためにも、ストレス発散できる方法を1つでもいいので持っておきましょう。

運動が好きな人であれば、休日にランニングやサッカーなどでリフレッシュする。

 

ゲームが好きな人は、ストレスが溜まったら思いっきりゲームを楽しむなど、自分のストレスが発散できる方法を見つけておく事が大切です。

 

退職代行を使う

 

ストレス発散の方法を持っていても、もう仕事に行きたくないと追い詰められてしまう人もいます。

しかし、いざ退職するとなると

 

「退職すると言ったら、何と言われるのだろうか。」
「退職が決まって、残り3ヶ月、みんなに冷たい対応をされるのでは。」

 

と考え、辞めたくても辞められないケースも少なくありません。

 

また、退職を願い出ても、なかなか会社が退職を認めてくれない場合もあります。

そんな時には、「退職代行」というサービスを使う事も一つの方法です。

 

退職代行では、今すぐに辞めたいけれど、気まずいから自分では退職を言い出せない・なかなか会社が辞めさせてくれないといったケースに対応しています。

退職自体にストレスを感じているのであれば、退職代行を利用する事も検討してみましょう。

 

退職代行は3万円で退職することができるSARABAクンがおすすめです。

 

退職代行とは?弁護士と弁護士じゃないサービスはなにが違うの?

退職代行比較表!9社調べました。おすすめ、料金、コスパなど

 

 

転職をする

 

自分のミスや失敗など正統な事で怒られるのであれば、問題ないのですが、パワハラ・モラハラに近い怒り方をされて精神的にダメージを受けている人も存在します。

 

そのような人たちに変わってもらおうと努力したり、会社に訴えかける事も一つの方法ですが、その行動自体が、人の気力を奪い仕事に集中できなくなってしまうケースも多いものです。

 

これ以上、仕事を続けていると精神的に参ってしまう。

仕事に行くのが苦痛で仕方ないといった場合には、転職についても検討しましょう。

 

最悪の事態を避けるためにも、在職中から転職サイトなどに登録しながら、自分に1番合った職場について考えてみるのも1つの方法です。

転職に向けて活動を始めると、今まで見えなかったものが見えてきたり、精神的に楽になる事も少なくありません。

 

また、転職活動を行うと社外から自分がどれだけ評価されているかがわかるので、転職活動をするだけでもいい経験となります。

人手不足の時代なので、意外と自分の評価が高いケースもあります。

 

スカウトサイトのビズリーチを使えば、どれくらいスカウトがくるかで自分の評価がわかるので、登録だけでもしてみましょう。

 

ビズリーチの評判・口コミ!ビズリーチを使い倒した僕が教えます

ビズリーチのホームページはこちらから

未経験での転職におすすめな業界!イキイキと働いていますよ

 

まとめ

 

人は、失敗やミスをしてしまうので怒られてしまう事も仕方ありません。

怒られてしまう事が問題なのではなく、怒られる事で、次の失敗を予防する事が大切になってきます。

 

ただし、怒られる事は人に精神的なダメージを与えてしまう事も事実です。

中には、言われもない事で怒られてしまっている人もいるでしょう。

 

精神的なダメージをそのままにしておくのは大変危険ですので、ストレス発散ができる方法を1つ以上、持っておきましょう。

それでも、ストレスが溜まっていくばかりであれば、退職・転職を検討しましょう。

 - 稼ぐ