仕事したくないのは病気?仕事したくない理由と対処法

   

 

仕事したくない。

 

ストレス社会の日本では仕事したくないと思っている人がたくさんいる。

パワハラされたり、給料少ない、激務となると仕事したくないと思ってしまうもの。

 

ちょっとくらいの仕事したくないと思うけど、強烈に仕事したくないと思ってしまうと、病気なのか心配になってくるよね。

 

仕事したくないのは病気なの?

 

仕事したくないのって病気なのかな?

 

仕事したくないというのは、別名「働きたくない病」とも呼ばれたりする。

 

働きたくない病と聞くと病気なのかな?と心配になるかもしれないけど、働きたくない病は病気ではなくて、ただの例えです。

たとえ話なので、働きたくない病と言われていても、病気ではないので安心してください。

 

ただ、仕事したくないが進行していくと精神や肉体に影響が出てくるので、仕事行きたくないを放置しておくのは得策ではありません。

なので、仕事したくない理由を把握した上で、仕事したくないときの対象法をしっかりと取る必要があります。

 

仕事したくない理由

 

仕事をしたくない理由についてです。

仕事をしたくない理由は様々あります。

 

そもそも好きじゃない

 

仕事したくない理由1つ目がそもそも仕事が好きじゃない点。

 

人には好き嫌いがあり、その好き嫌いは人によって驚くほど異なります。

例えば、私は考えるのが大好きで病的なくらいに色々なことを考えていますが、その一方で考えることが苦痛で苦痛で仕方ない人もいます。

 

他にも、人と会うのが大好きで営業が好きな人がいれば、人とできるだけ関わりたくない人もいます。

このように仕事の好きは人によって分かれているので、嫌いな仕事を任されるので、仕事に行きたくないと思ってしまうのです。

 

怒られる

 

仕事したくない理由2つ目が怒られる。

 

怒られるってほんとに辛いですよね。

最近、パワハラと言われるようになり、少なくなってきましたが、まだまだパワハラはあります。

 

自分が悪いことをして怒られることはもちろんあるけど、理不尽に怒られてしまうと仕事したくないと思ってしまう。

 

どうしても逃げたくなるよね。

 

人と関わりたくない

 

仕事をしたくない理由3つ目が人関わりたくない点。

 

一人が大好きで人と関わるのがとにかく疲れるという人も存在します。

人と関わるのって気を使わないといけないから疲れるし、変なルールがあったりと大変ですよね。

 

一人でいられたら楽しいこともできるから、どれだけ楽か・・・

仕事は人と関わらないといけないから、仕事したくないと思ってしまうよね。

 

収入が低い

 

収入が低いのも仕事したくない理由の1つ。

 

仕事はあくまでお金を稼ぐためにやっているのであって、その給料が低いというのはかなり辛い。

頑張ってやったのにも関わらず、全然贅沢できないとなるとかなり辛いよ。

 

激務

 

激務なのも仕事をしたくない理由の1つ。

 

ブラック労働は日本でも問題視されていて、週40時間を超える労働も平気でさせられる。

睡眠時間も削られるから、どんどん効率が落ちていって、さらに仕事の量が増える。

 

仕事ができるようになると、さらに仕事を振られてやってもやっても仕事が終わらない・・・

頭の整理が追いつかなくなり、精神的にも肉体的にも辛くなり仕事をしたくないと思うようになる。

 

やりがいがない

 

本人が気づいていないケースもけっこう多いんだけど、やりがいがないのも仕事したくない原因の1つ。

 

人は、目標達成したり、人に喜んでもらえたり、自分の思い通りのことができたり、高収入など様々なやりがいを感じる生き物である。

 

ただ、このやりがいは人によって全然違っていて、他の人がやりがいを感じているケースでも、自分はやりがいを感じないケースがけっこうある。

周りはある程度楽しそうにしているけど、自分は楽しくないから余計になんかなんとも言えない感覚に陥る。

 

自分がおかしいんじゃないかなと思うようになって、頭の整理がつかなくなり、仕事したくないと思うよになる。

 

やりたい仕事ができない

 

やりたい仕事ができないのも仕事したくない理由の一つ。

 

人によってやりたい仕事は違うし、そもそも入社する前に言われていたことと違う場合もある。

あとは、大手であるあるなのが、想像していたものと全く違うところと配属されてとにかくつまらない。。

 

大手は組織の論理で動いていて、社員の思いはあまり気にしないから、平気で興味のない仕事に配属されたりする。

そもそも、やりたい仕事ではないから、仕事したくないと思うのは当たり前だよね。

 

仕事以前に人生のやる気がない

 

これは最近の若い子に多いんだけど、仕事以前に人生のやる気がない点。

 

なにをしても面白くないから、できるだけ外に出たくないし、人とも関わりたくない。

ましてや、仕事のなんてもってのほか。

 

できれば、ゲームしたり、漫画読んだり、スマホいじったりしていたい。

そもそも人生にやる気がないんだから、面倒なことだらけの労働だから、仕事したくないと思うのは当然だよね。

 

仕事したくないときの対処法

 

次に仕事したくない時の対処法です。

仕事したくない時はまず、仕事したくない理由を明確化させましょう。

 

仕事をしたくない理由を明確にする

 

仕事したくない時にまずやるべきことが、仕事したくない理由を明確にすること。

 

そもそも、仕事したくない理由がわからないと、対処法は見つからないからね。

まずは、仕事したくない理由を過剰書きしてみましょう。

 

その中で、一番大きな理由を探して、深ぼっていきます。

そうすると、ある程度仕事したくない理由が見えてきます。

 

仕事したくない理由がその会社でずっと続きそうなのであれば、退職や転職をしたほうがいいですし、もし時間が解決してくれそうなのであれば、そのままいたほうがいいでしょう。

 

終身雇用が終わった今では、転職によって様々な仕事をする必要が出てきていますし、転職をしないと取り残される時代がくるでしょう。

1社だけで働いても、その会社で生きていくスキルしか身につかずに、他の会社で必要な能力はつかないから、かなり危ういよね。

 

我慢する

 

仕事したくないときの対処法2つ目が我慢。

 

我慢する選択肢もありますが、僕はあまりおすすめしません。

仕事したくないと我慢するのが、あと何年続くのでしょうか。

 

もちろん、仕事したくないを我慢して仕事が楽しくなることもありますが、ごく稀です。

日本人の仕事したくない時の対処法として、我慢するが一番取られる選択肢ですが、あまりおすすめしません。

 

転職の準備を始めたり、副業を始めたりと他の価値観に触れられるような行動を取ってみることをおすすめします。

転職活動をした結果、今の仕事が自分に合ってると気づく時もありますからね。

 

副業を始める

 

仕事したくない時の対処法3つ目が副業を始めること。

 

今やっている仕事はやりつつ、サイドでビジネスを始めてみましょう。

副業でアルバイトをするという選択肢もありますが、給料は増えていかないのであまりおすすめしません。

 

副業で大事になるのが将来の資産になるかどうか。

副業をやることによって、財産が蓄積されたたり、市場価値の高いスキルがつくようなものを選択しましょう。

 

これらを選ぶことができれば、将来仕事にできるので、今よりいい環境で稼ぐことができます。

僕がおすすめしているのが、アフィリエイト。

 

アフィリエイトは、ブログなどで企業の商品を紹介して、広告がクリックされたり、商品が購入されたりすると報酬が振り込まれる仕組みのことです。

 

ブログで紹介するので、運営するコストはかなり少ないです。

また、アフィリエイトで稼いでいる人は月数千万円稼げいますし、作成した記事が24時間365時間働いてくれる営業マンになるので、アクセスがあり、商品が売れさえすれば不労収入になります。

また、人と合わなくていい仕事なので、仕事にしたくないと思う人にはけっこう向いていると思います。

 

アフィリエイトとは!?初心者がめちゃくちゃ稼ぐ方法

おすすめの在宅副業!楽に儲かる副業特集

稼げるおすすめな副業19選!珍しいものを集めています。

 

転職をする

 

仕事したくないと思ったら思い切って転職をしちゃいましょう。

 

転職は私がかなりおすすめしている方法です。

1社でしか働いたことがない人は、想像つかないかもしれませんが、会社によって働き方や労働環境は驚くほど異なります。

 

また、そもそもの関わる人が違うので、違う業界はもちろんのこと、同じ業界でも転職しただけで、幸福度は大きく変わります。

また、転職活動をするだけでも、あなたに対する市場の評価が見えてくるので、大変有益な時間になります。

 

もちろん、転職によって失敗をする場合もありますが、失敗したらまた転職をすればいいのです。

転職をすることによって、仕事をしたくないと思わなくなりますし、仕事が面白くなっていきます。

 

環境は人の幸せを大きく左右するので。

転職は個人的にかなりおすすめしているので、元気が少しでもあるのであれば、転職活動を始めましょう。

 

未経験での転職におすすめな業界!イキイキと働いていますよ

未経験からの転職でおすすめの転職エージェント!分野別にご紹介します

 

退職代行を使う

 

これはあまり勧めていない手法ですが、退職代行を使うのもありです。

 

退職代行は、自分に変わって退職の手続きや意思伝達をしてくれるサービスです。

退職代行は法律の専門家である弁護士や弁護士が顧問になって運営している場合がほとんどなので、退職代行を使っているほとんどの人が辞められています。

 

ただ、退職については自分でやるのが、日本社会では当たり前とされているので、元気があるのであれば、使わないほうがいいでしょう。

一方で、病んでしまっていてとか、上司が怖すぎて退職を言い出しにくいという人もいると思います。

 

病んでしまっていて、そのまま仕事を続けていたら、メンタルだけではなく病気などで動けなくなるケースもあるので、その場合は退職代行を使ったほうがいいです。

社会のマナーより自分の健康や幸せのほうが重要ですからね。

 

もし、病んでしまっていて仕事したくないと思うのであれば、退職代行を使ってみましょう。

退職代行はSABARAくんがおすすめです。

 

退職代行比較表!9社調べました。おすすめ、料金、コスパなど

 

恋愛をする

 

これは、まだまだ元気のある人向けですが、恋愛をすると仕事したくない気持ちが収まってきます。

 

いわゆるご褒美ってやつですね。

恋人ができて、その人と会えることがご褒美になれば、仕事も頑張れます。

 

スポーツした後の料理やジュースが美味しいのと同じ理論ですね。

もし、両思いじゃないとしても、これを頑張って出世をすれば女の子にふさわしい男にれるとか、女性でも頑張ることによって、仕事で付き合う層などが上がることによって、イケメンと付き合えると考えると頑張れますよね。

 

人は単純なので、恋愛をすると頑張れます。

ただ、病んで仕事したくないと思う人はそもそも恋愛するだけの体力がないと思うので、その場合は退職したほうがいいでしょう。

 

まとめ

 

ここまで仕事したくない理由と仕事したくない時の対処法をご紹介してきました。

 

これからは転職が当たり前の時代です。

仕事したくないのであれば、転職して自分に合う企業を探すのもありだと思います。

 

もしはずれだったら、行かなきゃいいだけですし、ハズレの企業に入ったしまったら転職すればいいのです。

いい職場を見つける法則はシンプルです。

 

いい職場に出会えるまで、行動し続けること。

もし、仕事したくないと思っているのであれば、今から転職活動を始めることをおすすめします。

 

その際は、転職エージェントを使ってみましょう。

 

未経験からの転職でおすすめの転職エージェント!分野別にご紹介します

 

 - 転職・就職