リゾートバイトとは?注意点や始め方、おすすめのサイトまでご紹介

リゾートバイトとは?注意点や始め方、おすすめのサイトまでご紹介

全国のリゾート地で働くリゾートバイト。一定期間の間住み込みで働いて、まとめて稼げるバイト方法です。

リゾートバイトの特徴と活かして、休みの期間中まとめてバイトしたいと思っている方も多いでしょう。

しかし

「リゾートバイトってどんな仕事をするのだろう?」

「リゾートバイトのメリットとデメリットは何?」

などという疑問も沸き起こります。

リゾートバイトは月20万円以上貯金できているもいる一方で、バイトがキツくてやめとけといった評判あったります。

リゾートバイトで働くのであれば、辛い思いをしないで楽しく働きたいですよね。

この記事では、リゾートバイトで楽しく働けるために、リゾートバイトとはなにか、始めるにあたっての注意点など、リゾートバイトの疑問を徹底的に解説します。

評判のいいリゾートバイト会社はこちら

リゾートバイトが「やめとけ」と言われる理由!拘束時間が長くて辛い・・・

リゾートバイトとは

リゾートバイトとは全国の観光地にある、ホテルや旅館、テーマパークやスキー場などで行うバイトのことを指します。リゾートバイトは、略して「リゾバ」とも呼ばれることがあります。

普通のバイトの場合は、自宅近辺か学校や大学の付近のことが多いですが、リゾートバイトは住み込みで一定期間働くので、全国各地のリゾート地に行ってバイトします。

リゾート地だけに限られず、山小屋や牧場、農業などを住み込みで行うことも。バイト期間中は、バイト先のホテルや近隣の寮などの住み込みで働けるのが特徴です。

住み込みで働くので部屋や食事、光熱費なども含まれているバイト先が多くあります。生活費を抑えることができるので、短期間で稼ぎたいという学生などに人気のバイト方法です。

多くのリゾートバイトで共通しているのは、接客をするということです。ホテルのフロントや旅館の中居、スキー場のリフト係など種類は違っても、全国から来たお客様にサービスをするのが主な仕事となります。

勤務期間は、1か月から2か月の1シーズンが多いです。しかし週末だけという短期間や、1年以上にもなる長期のバイトのケースもあります。大型連休や年末年始の繁忙期に、短期間だけ働くことも可能です。

リゾートバイトの魅力とは

好きなリゾートに住み込みで働くことができるので、行ってみたいリゾート、働いてみたいリゾートでバイトできるのが大きな魅力です。

「友達と一緒にバイトをしてみたい」

「新しい友達とも出会ってみたい」

などという願いも叶えることができるバイト方法です。

働きながら、海や山の観光地でリゾート気分を味わうことが可能なのも、魅力に含まれるでしょう。

日本各地からたくさんの若者が働きに来ているので、新しい友達に出会うことができます。

さらにたくさんあるリゾートバイトの魅力を詳しく説明いたします。

温泉地や雪山での自然体験ができる

普段のバイトとは、異なった体験ができるのがリゾートバイトの魅力。リゾートで働くことになるので、なかなか行くことができないリゾートでのバイトになります。

あこがれのリゾート地で、バイトができるというだけでも、他のバイトとは全く異なった魅力がありますね。

一定期間リゾート地で暮らすことができ、新しい発見をすることができるでしょう。知らなった文化や、生活の雰囲気を体験することで、自分を見つめなおすことができる期間になります。

住み慣れた町を離れて、また住み慣れた実家を離れて、一定期間環境を変えてしまうと、人生まで変わるほどの貴重な体験ができます。

きれいな海や雪山だけでなく、心も温まる温泉など、リゾートごとに異なる魅力がある土地や特徴があります。

お客として楽しむわけではないですが、それでも休日に観光地を散策したり、環境を楽しんだりできるでしょう。

新しいバイト先で、普段の生活や仕事とは異なる働き方をすると、これからの人生の目標を見つめなおすことも。

日常から離れて、新しい環境に飛び込むことができるリゾートバイトは、年々希望する人が増えている働き方です。

普段できない体験ができると、多くの若者に評判の良いバイトなのです。

出会いの多さ

2つ目のおすすめのポイントは、人との出会いがたくさんあることです。全国各地から集まってくるリゾートバイトなら、普段の生活では会うことがない人にも会えるでしょう。

一緒に仕事をすることで、仲間意識」を強めることができますし、仕事や生活を共にしているので、「距離感」も縮めることが可能です。

休日になると自由に遊ぶことができ、仲の良い友達ができれば、一緒にでかけることも可能です。

日本各地からバイトに来ているので、バイト後に出会うのは難しいケースも多いですが、新しい親友に出会うチャンスがあります。

出会いの多さから、恋愛に発展する可能性も高いのが魅力。リゾートバイト先で出会い、一緒に働いていることから、彼氏彼女の関係になる話もよくあります。

例えば、こちら

長野県白馬のスキー・スノーボード場に1月から3月までリゾートバイト行いました。リゾートバイトを行った理由は二十歳の頃から毎年シーズンになるとホテルのオーナーから声がかかり、手伝いに行くためです。

また、同年代の男女もたくさんいるため共通の趣味(スノーボード)を持った友人や可愛い彼女を探しにいく出会い目的あります。たまたま同じ職場で数カ月ともに働いていた二つ年下の女の子で、初めてのリゾートバイトだということで先輩後輩の関係で仕事を教えていました。

そのご仲良くなり出身が同じ関東圏ということを知り意気投合し、お付き合いを始めるようになりました。

30歳男性

リゾートという特別な場所で出会っていることや、期限付きで働いているという環境が、距離を縮める助けになっている可能性もあるでしょう。特にスキー場での出会いは、恋愛に発展する可能性が高くなります!

男女の出会いのためだけににリゾートバイトを考慮していなくても、出会いが多いとチャンスが広がりますね。リゾートバイトでの出会いについては、下記の記事も見てみてください。

リゾートバイトの出会い!実際に出会いがあった場所を調査しました

生活費がかからないので20万円以上貯金可能

リゾートバイトの別の魅力は、貯金がしやすいことです。これは、リゾートバイトの時給が高いものがあることの他に、生活費がかからないということが理由です。

多くのリゾートバイトでは、寮費や水道光熱費、さらには食事が支給されるバイト先があります。基本的な生活を送るのに必要なものは、全て揃っている環境で働くことができるのが大きなメリットです。

平均費用 食費 家賃 水道光熱費
一人暮らし 約27,000円 約75,000円 約8,000円
リゾートバイト 無料(一部負担の場合も) 無料 無料

※例外もあるので、派遣会社の方にご確認ください

案件にも左右されますが、20万円以上稼ぐことができるバイトが多数あります。雑費が必要なことを考慮しても、20万円ほど貯金することも可能です。

さらに普段の生活と比較をすると、出費が少なくなるので、簡単にお金を貯めることが可能です。出費が少なくなる理由には、リゾート地ではコンビニなどお金を使う場所が少ないのも含まれます。

職場までの行き帰りもリゾート地なら、少し市街地からは離れていることも多いもの。帰り道にコンビニに寄って、買い物をする機会も少なくなるのでお金も貯まりやすいのです。リゾートバイトだからこそのメリットでもあります。

リゾートバイトの大変なところとは

リゾートバイトにも、メリットだけでなくデメリットもあります。部屋の問題やシフト、またリゾートバイトならばの働き方がデメリットになるケースもあることを覚えておきましょう。

寮が相部屋の可能性

最初に覚えておきたいのは、寮が相部屋になる可能性があることです。申し込みの時には、意識していなくても、実際に生活するとなると、デメリットになることもあります。

友達を一緒に応募しているのであれば、問題にならないケースもありますが、見ず知らずの人と相部屋で住むこともあります。

新しい友達になるチャンスともとらえることができますが、泊るところは一人が良いという方の場合には、デメリットになる点です。

リゾートバイト先によっては、1人部屋を用意してもらえることもあるので、安心して応募することもできるでしょう。こちらは、応募する前に確認してみるのも良いでしょう。

例えば、リゾートバイト.comなら案件を選択する際に、「こだわり検索」で個室寮があるリゾートバイト先を選択できます。1人部屋が良いという方におすすめです。

1人部屋を探す

シフトが特殊になるケースもある

リゾートバイトのシフトの情報が少ないということもデメリットでしょう。よくあるシフトとして、「中抜け」※のシフトが多いということでしょう。

サービス業がメインの働き方になるので、朝が早くて夜が遅くなる働き方が多くなります。その分「中抜け」というお昼休憩が長くなり、労働時間は同じでも、拘束時間が長くなるシフト形式となるのです。

生活リズムが整ってしまえば、夜早く寝て、朝早く起きる良い生活習慣になるでしょう。しかし身体がこのライフスタイルに慣れるまでは、少し大変だと感じることもあるかもしれません。

「中抜け」がない通常の勤務時間や、夜間勤務が含まれるバイト先など、派遣先によってシフトが異なりますので、派遣元に直接確認が必要です。

※お昼休憩が長くなり、拘束時間が長いシフト。全体の労働時間は同じなのですが、拘束時間が長くなるというデメリットがあります。

バイトがきついこともある

短期という勤務期間によって、バイトがたいへんになることもあります。そもそもリゾートバイトを必要としているバイト先は、繁忙期なので人手不足です。

それで、派遣されていったバイト先は、忙しい可能性がほとんどなのです。ゆっくり仕事内容を覚えることはできずに、すぐに業務内容に慣れる必要があります。

こうした勤務環境から、リゾートバイトはきついと感じることもあるでしょう。

この場合にできることは、派遣先のリゾートが繁忙期でない時を狙う方法があります。

基本的に忙しいと仕事も大変になります。それで人手を必要としていながらも、繁忙期ではないリゾート先を見つけることができれば、バイトしやすいと感じられるでしょう。

どのリゾートバイト先に派遣されるのか、また仕事内容を確認して申し込みすると、きつくないバイト先を探すことが可能です。

別の方法はホワイトな職場を紹介してくれる会社を利用することです。サポートも充実しており、ホワイトな職場を紹介してくれる、「はたらくどっとこむ」はきついバイトを避けたい方におすすめです。

はたらくどっとこむはこちら

おすすめのリゾートバイト先とは

数あるリゾートバイト先でも、特におすすめのバイト先をご紹介します。ここで紹介しているのは、接客がメインなので、人との関わりが好きな方に特におすすめです。

スキー場のリフト係

スキー場のバイトでも、リフト係はおすすめのバイト先です。業務が簡単なことや、体力が必要ではないことからおすすめのバイトです。

基本的な仕事内容は、リフトへのお客さんの誘導とリフトの監視になります。

チケットを確認したり、安全確認をしたりするので、複雑な作業になりません寒い場所で誘導をする他には、大きなデメリットはない仕事内容でしょう。

一定時間ごとに交代されることが多く、待機している時は山小屋でお菓子を食べたり、スマホをいじったりしてゆっくりできます。

寒さが苦手であれば、少し難しいと感じるかもしれません

しかし一定時間で交代があることを考えると、それほど心配する必要もないでしょう。

立っていて誘導をするだけなので、体力を消耗する仕事でもありません。バイト未経験者でも、気軽に応募しやすい職種ですね。

休みの日にはスノボーやスキーも楽しめるのも、スキー場でのリゾートバイトの魅力です。

売店のスタッフ

売店のスタッフは、ホテルのお土産屋さんや観光地の売店で、商品を売る仕事です。

接客やレジ打ち、商品の陳列や在庫管理などと、普通のお店でのバイト内容と変わらないのが特徴です。

販売や接客のバイトをしたことがある方であれば、だれでもできるリゾートバイトです。観光地でも、よほどのことがない限り、長蛇の列ができてレジを打ち続けるということも少ないでしょう。

商品の特徴などを覚えておき、聞かれた場合に答えられるようにしておく必要はあります。それでも接客が好きな人であれば、すぐに慣れますし、比較的簡単なバイト内容です。

例えば、旅館の仲居のバイトの場合は、業務範囲が多岐にわたります。

覚える必要があることもたくさんあるのです。接客だけでも覚えることがたくさんありますが、他の業務もあると大変ですね。

リゾートバイトにしかない、という変わった職種ではありませんが、人と接するのが好きで、それほど忙しくないバイトが良いという方におすすめのバイト先です。

裏方業務

主な裏方業務の仕事は、ホテルのベッドメイキングや清掃です。21組でホテルの客室のベッドメイキングと清掃を行うので接客を行う必要がありません。

黙々と作業を進めていくバイト内容ですので、人と接している方が好きという方には物足りないかもしれませんね。逆に単純作業を進めていきたい方や、バイト初心者におすすめです。

分からないことがあっても、もう1人に気軽に聞けるので、バイトをしたことが無い方でもすぐに覚えられます。

体力が心配になるかもしれませんが、ベッドメイキングの場合は、引っ越しやイベント設営などのバイトのような体力は必要としません。

健康的な運動程度の体力が必要になります。もっと楽な仕事となると、既述したスキー場のリフト係などがおすすめです。

ホテルの裏方業務は、近くに社員がいないので気軽に働けることや、バイト未経験者などでも簡単な作業なのがおすすめ理由のバイト先です。

リゾートバイトの始め方とは

実際にリゾートバイトを始める際の手順を解説いたします。

サイトから応募し、派遣会社に登録し、バイト先を選ぶということが大まかな流れです。さらに詳しく手順を見ていきましょう。

①リゾートバイトに応募する

まずは、リゾートバイトを紹介している派遣会社のサイトにアクセスしましょう。下記におすすめのサイトを紹介しているので、その中から良さそうな求人があるサイトをチェックしておくと良いでしょう。

注意しておきたいのは、派遣会社が運営しているサイトと、派遣会社名が異なっている場合です。

情報を整理したい時や、チェックしていた案件のために、派遣会社に連絡して確認する時には運営会社の名前が混乱しないようにしましょう。

仮登録をして応募する

応募をするには、仮登録をする必要があります。派遣会社にスタッフとして登録をしていくのですが、この時点では仮登録となります。

登録フォームに簡単な情報を入力するだけですので、必要な時間も1分から2分ほどですぐに完了します。

リゾートバイトの仮登録はこちらから

②派遣会社からの連絡を待つ

仮登録が完了すると、派遣会社からメールもしくは電話で今後の予定について連絡があります。

本登録をする方法と質疑応答があることでしょう。本登録の方法は、派遣会社によって異なりますので、この段階で説明を受けます。

この時点で気になっている点があるのであれば、気軽に質問しておくことができます。

本登録をするためには、派遣会社からの連絡が重要ですので、メールが来ていないか、また着信が来ていないか確認しておきましょう。

③本登録をする

リゾートバイトに行く前に、本登録が不可欠です。派遣会社によって登録方法が異なりますが、大きく分けると2つのケースに分かれます。

1、支店や会場での登録会

2、電話などでの登録

支店や会場での登録会

派遣会社の社員から、登録会の中で説明を聞く方法です。

登録スタッフが多い大手の派遣会社の場合に、この登録会での本登録が採用されています。

説明会場となっているのは、最寄りの支店か、各地に設置される別会場となります。直接顔を合わせることに抵抗がある方もおられるかもしれませんが、いきなりリゾート地に行く前に、担当者と顔合わせをしておくと安心できます。

面倒に感じることもありますが、できるのであれば参加しておくと、不安な要素があっても無くしておくことができます。

電話などでの登録

本登録を電話などで行うパターンもあります。電話だけでなく、必要な書類はメールや郵送でやり取りをします。

担当者と実際に会うことはなく、書類のやり取りと、必要な点は電話での説明なのでお手軽な方法です。

直接会っていないので、細かいニュアンスなどが伝わりにくいというデメリットがあります。心配な点があるなら、入念に聞いておくと、不安を取り除けるでしょう。

④仕事を決定する

登録会で説明を受けたのであれば、その場で仕事探しをスタートできます。

こちらの希望を伝えながら、職種や勤務地、また雇用期間などを確認し、希望するリゾートバイト先があるか探します。

登録会の時に、希望のバイト先が見つからないのであれば、別の日に担当者から連絡をもらい仕事を紹介してもらいます。

電話で説明を受けた時には、登録が完了してからのお仕事の紹介電話で希望の仕事があるか確認しましょう。

メールで紹介されるときには、資料や写真が添付されているはずですので、雰囲気を見ることができるでしょう。

仕事を決定したのであれば、派遣会社がバイト先と連絡を取り合って、派遣の正式決定を調整してくれます。

基本的な手続きや、交通手段の手配まで派遣会社が行ってくれるので、自身の持ち物などを再確認しておきます。

仕事毎に必要なものが異なる可能性があるので、仕事が決定した段階で、さらに細かく持参物などを聞いておきましょう。

⑤出発する

登録をして、派遣先も決定したのであれば、後は出発の準備に移ります。派遣会社によっては、担当者が派遣先に同行するパターンもあります。

出発の際には、持ち物と身だしなみを再確認しましょう。

持ち物

持ち物に関しては、リゾートバイト先が田舎ということが多いので、生活必需品を揃えます。慣れるまでは買い出しに行きにくいことも考えて、一通り用意しておくと助かるでしょう。

忘れがちなのが現金です。旅費や食費が必要ではないとしても、最初の給料日まで時間が空くことが多いので、雑費を用意しておく必要があるでしょう。

現地にあるATMで現金を引き出せるカードも必要になります。

生活で必要なものの他にも、バイトで必要になるものも持参します。スキー場であればスキーのグッズ、夏のリゾートであれば水着が必要でしょう。

もちろん慣れるまでには、社員さんに質問することが多いので、メモや筆記用具を持参し、聞いたことを忘れないようにしましょう。

服装や身だしなみ

接客業がほとんどになるリゾートバイトでは、服装や身だしなみも非常に重要なポイントです。清潔感があり、仕事に支障がないように注意します。

服装に関しては、制服があるなら貸し出しされます。

マリン系ではユニフォームがあることもあるので、自分の服で行き過ぎない程度におしゃれもできるでしょう。

身だしなみでは、髪型や髪の色に注意しましょう。清潔感のある髪型にしておくのは、必須でしょう。

男子の場合には黒髪にしておき、短めの髪型にしておきます。整髪料などを用意しておき、接客に支障がない身だしなみになるように注意しましょう。

女子の場合は、髪の色は明るすぎないなら茶髪でも許可されているところが多いでしょう。髪が長いのであれば、まとめられるようにしておき、食事やお客様に触れないよう注意します。

おすすめのリゾートバイトサイトとは

数あるリゾートバイトサイトがある中で、おすすめのサイトを3つご紹介します。検索の方法やサポートの違いなどそれぞれに特色があるので、希望するバイト先があるかチェックしてみましょう。

リゾートバイト.com

リゾートバイト.comの大きな特徴は、高時給のバイトが多いことです。リピーターであれば、時給がアップする制度もあるので、気に入ったバイト先があれば、再挑戦するのもおすすめです。

条件を指定して、バイト先を絞り込みできるのも魅力です。相部屋が可能なリゾートや、カップルで働くことができるバイト先、他にも髪型自由などの検索条件もあります。

リゾートバイトで働くとなると、これだけはクリアしておきたいという条件を、先に絞り込めるのは、検索しやすいですね。他のサイトでは設定できない絞り込み方法があれば、希望にかなったバイト先を探すのも楽になります。

稼ぐために時給が良いリゾートバイトをしたい!という方におすすめのサイトです。

リゾートバイト.comの評判・口コミ!お金の貯まり方がえげつない・・・
リゾートバイト.comのホームページはこちらから

はたらくどっとこむ

リゾートバイト専門の会社の中で、トップクラスの案件数を誇ります。サポート体制がしっかりしているのが評判のサイトですので、初めてのリゾートバイトにもおすすめです。

働くにあたって、各種保険や現地までの行き方などもしっかりサポートしてくれます。また案件が多くことから、希望に合う案件を見つけることができる確率が高くなるのもうれしいポイントです。

サイトで案件を選ぶ際も、職種だけでなく、リゾートタイプやこだわり別に検索できます。エリア別に特集があるので、ここで働きたい!と希望するリゾート地が決まっている場合も、簡単に探すことができます。

北海道から沖縄までの、全国のリゾート地から自分の希望に合って、楽しく働ける場所を選択できるのが特徴です。

はたらくどっとこむの評判・口コミ!辞めたいと言っても嫌な顔しないですぐに対応
はたらくどっとこむのホームページはこちらから

ハッシャダイリゾート(ハッシャダイファクトリー)

新規参入しているDMM.comグループのリゾートバイトサイトです。2018年にできたばかりの派遣会社なので、口コミなどを探してもあまり数が出てこないサイトです。

特徴となっているのは、時給保障がある点や、交通費の前払いなどです。

チャットで問い合わせすることができたり、LINEで担当者ともやり取りできるので、気軽に相談することができます。

アルバイトしながらあこがれのリゾート地に行けることをメリットにしています。それで、手持ちのお金が少ないという場合には、交通費の前払い制度はうれしいですね。

チャットで問い合わせをすれば、希望にあったプランを提示してくれ、しかも何度でも提案してくれます。面倒な手続きや計画が不要なのが、ハッシャダイリゾートの特徴です。

交通費の負担はしたくないという方や、問題があった時に心配だ、と感じている方でも安心してリゾートバイトできるサイトです。

ハッシャダイリゾートの評判・口コミ!最高時給保証は大きな魅力
ハッシャダイリゾートのホームページはこちらから

まとめ

リゾートバイトの特徴や注意すべき点、またおすすめのバイト先などをご紹介しました。

リゾートバイトってどんなもの?と疑問に思っている方も、バイト内容や登録までの流れをイメージすることができたのではないでしょうか?

まとめて働くことができるだけでなく、新しい出会いも期待できすリゾートバイト。普段なかなか行くことができないリゾートでバイトをして、一生忘れることができない思い出作りをしてみるのもおすすめですよ。

リゾートに住み込みで働くので、通常のバイトとは異なります。楽しくバイトできる場所を探すには、リゾートバイトサイト選びが重要です。

リゾートバイトサイトごとに特徴が異なりますので、どのサイトが自分に合いそうかチェックして、登録してみてくださいね。

評判のいいリゾートバイト会社はこちら

稼ぐカテゴリの最新記事