リゾートバイトってどうなの?きついって本当?

      2019/07/05

リゾートバイトは、一定期間まとめて働けるので、貯金をしたい方に人気のバイトです。

 

しかしリゾートバイトをしてみようかなと思っても、ネットの評判できつい!すぐに辞めた!などの口コミを見ることも。

 

せっかくリゾートバイトができないかと考えても、きついという3文字を見てしまうと、本当にそうなのか不安なりますよね?

 

リゾートバイトがきついと言われるのは、リゾートバイトは忙しくなる繁忙期に必要とされること、また住み込みの環境の当たりはずれなどが理由です。

 

この記事では、リゾートバイトがきついと言われている理由と、きつくないリゾートバイト先を選ぶ方法をさらに詳しく解説していきます。

 

この記事で説明しているリゾートバイトの詳細な情報を知れれば、安心して応募できます。

リゾートバイトってどうなの?きついと言われる理由

 

リゾートバイトがきついと言われるのには、ある程度理由があります。そのほとんどの理由はリゾートバイトという働き方がポイントになっています。

応募する前に、リゾートバイトの特徴を抑えているときついと感じることも少なくなるでしょう。さらに詳しく見ていきましょう。

連勤で体力的にきつい

リゾートバイトは、リゾート地で働きます。

よってサービス業ですので、休日や大型連休、また夏休み期間中などはとても忙しくなります。

10連勤しないといけないという時もあるでしょう。その分、お金を稼ぐことは可能です。

しかし連勤が続くと、体力的にしんどくなります。

たとえ1日に働く時間数はほとんど変わらなくても、連勤が続くと疲れを感じることもあります。

お金を貯めるためと割り切れることでもあるので、無理をしない程度に頑張って働いてみるのも良いでしょう。

割り切れない場合には、後ほど取り上げる治験などに応募するのが良いでしょう。1回にかかる時間も数時間で、疲れることもありません。

無償で健康診断を受けることができたり、入院タイプではほとんどの時間を自由に過ごすことができるので、きつくなくメリットがあるバイト方法です。

仕事内容を覚えるのが大変

別の理由は、仕事内容が大変なこともあるという点です。

これはリゾートバイト先によって異なりますが、覚える点が多いときついと感じるでしょう。

例として、旅館の仲居さんのバイトなどでは、覚えることもたくさんあります。

 

仲居さんの大変さや覚えること

  • 礼儀作法
  • 和服の着付け
  • 料理出し
  • 料理の説明
  • 周辺のスポットの説明

もちろん単純作業なバイトはほとんどありませんし、飲食店と同じと言えば同じです。

 

しかしリゾート地で、仕事の量が多かったりするので、きついと感じることもあります。最初の1週間はきついかもしれませんが、慣れると問題ないケースも多いです。

寮環境がよくない

リゾートバイトでは、寮費が無料というのがメリットなのですが、当たりはずれがあるのも事実です。

寮を事前に見学することはできません。事前に情報を集めていても、実際に見てみると異なることもあるでしょう。

 

隙間風がある、日当たりが悪いなどは、事前には分かりにくい点です。またwifiがない環境というのも不便なので、チェックしておきたい点です。

もし、寒さや雨漏りなど寮設備が心配であれば、はたらくどっとこむで、充実した寮環境の案件を探すのがおすすめです。

寮施設が充実しているリゾートバイトの特集ページが組まれていて、「キレイな寮」や「家具・家電」がついているなど魅力的な寮のみを探すことができます。個室寮やwifiが完備されている寮に絞って検索することができます。

充実した寮特集はこちらから

不便な勤務地の可能性

リゾート地でも、山奥になると不便な思いをすることがあります。街に出るためには、バスに長時間乗る必要がある可能性も。

 

寮を出ても、周りにコンビニもないという環境では、気軽に買い物がしにくいものです。リゾートバイトで行っている場合に、空き時間や休日が暇になることもあるのです。

 

旅行であれば少しの不便も問題ないでしょう。

しかしリゾートバイトで、ある程度の期間生活するとなると、周辺環境も確認しておくとよいでしょう。

実際に派遣会社に登録して、求人相談をするとホテルやリゾート名を教えてもらえます。

その際に、具体的な情報の他にも、周辺環境を調べましょう

 

買い物が気軽に行けない場所であれば、生活用品などを多めに持っていくと、しばらくは不便になることもありません。

支給される食事がまずい

食事が無料で支給されると言っても、美味しいものが食べられるかは当たりはずれがあります。

ホテルであれば、残った材料で美味なまかないがあると期待してしまいます。しかし実際には、弁当が支給されるだけというケースもあるのです。

 

お客様に出す料理美味しいものでも、派遣スタッフのまかないが美味しいとは限らないのです。

寮で自炊できるのであれば、自炊するのも良いでしょう。

 

もしくは比較的小規模な旅館を選ぶのも方法です。なぜなら小規模の旅館であれば、料理長が腕をふるったまかないが支給されることも。

 

派遣会社に登録をして、リゾートバイト先を選ぶ際に、旅館の規模にも注目しておくと良いでしょう。

稼げない時期もある

 

リゾートバイトは基本的に忙しい時に、まとめて働くというものです。

しかしまれに全く稼げないリゾートに当たってしまうこともあります。

 

小さな旅館であれば、閑散期になるとシフトに入れないこともあります。

 

そうすると、シフトに入れなくてきついという現象になるケースもあるのです。

 

リゾートバイトをしても、稼げないということはまれなケースです。繁忙期を選んでバイトに入ると、稼げないという事態を避けられます。

超短期のリゾートバイトでは、連勤も避けられません。体力的に厳しいと感じることもあるでしょう。

その点、中期求人が出ているリゾートなら、稼ぎたいという気持ちと、忙しさのバランスが取れているケースが多いです。

 

きついリゾートバイト先を選ばないためにやっておくべきこと

きついリゾートバイトを選ばないために、派遣会社を選ぶ段階から注意しましょう。

安心できる派遣会社に登録することと、登録会の際に派遣先の仕事内容をしっかり聞くときついリゾートバイト先を避けられます。

フォローがしっかりしている派遣会社を選ぶ

最初にしておきたいのは、派遣会社のサポートがどうなのか見ておくことです。

サポートがしっかりしている派遣会社であれば、リゾートバイト先もブラックだという場合も安心。

サポートが良い派遣会社の場合、リゾートバイト先を選ぶ際にこちらの希望を伝え、条件に合ったバイト先を選ぶことができます。

そうすれば、実際にバイト先に行ってから思ったよりもきついという事態が避けられます。

この点でおすすめできるサイトは、アプリリゾートのはたらくどっとこむです。リゾートバイトに派遣する会社の中では、サポートがしっかりしていると評判があります。

アプリリゾートは、担当の方がリゾートバイト先にも訪問して、困ったことがないかチェックしてくれることもあります。

このフォローの良さが、リゾートバイトをする人の間での、良い評判につながっているのです。

リゾートバイトに行くのが不安でも、サポートのよい派遣会社であれば、派遣前でも派遣されてからでも安心です。

サポートが充実している「はたらくどっとこむ」はこちらから

 

業務内容を予測しておく

リゾートバイト先の業務を知っておくと、出発する前にある程度の予想ができます。

自分の予想と、実際の業務が違っているとバイトがきついと感じるもの。

登録会などで、リゾートバイト先でどのような仕事をするのか、詳細な点を確認しておきます。

リゾートバイトの担当の方から説明されると思うので、その際に質問しておきましょう。

 

例えばスキー場でも、受付をするのか、リフト係をするのかで仕事内容が変わります。

外であれば、業務内容は簡単でも寒い可能性があります。

その点、受付の場合は外の寒さはないものの、業務内容が多岐に渡ることもあるでしょう。

このように、業務内容を前もって知っておくと、心の準備にもつながりますね。

直接雇用ではなく派遣会社を通す

リゾートバイトを考えている方は、直接雇用を考えることは少ないでしょう。

しかし直接雇用は、派遣会社を通さないので時給が高くなると思いがちですが、リスクもあります。

 

例えば、もしバイト先がブラックだった場合。派遣会社を通していると、派遣会社が対応してくれますが、直接雇用では全てが自己責任になります。

契約内容を確認したり、トラブルの際も自分で対処したりする必要があるのです。大変になってしまった時の助け舟を期待できないのは大変になります。

 

時給の面でも、派遣会社を通している方が時給が高いことがほとんどです。

サポート面も含めて考えると、派遣会社を通しておくのが無難でしょう。

リゾートバイト以外できつくないバイト

リゾートバイト以外で、きつくないバイトの例をご紹介しましょう。どれも繁忙期などに影響されないので、長期でバイトをするのであれば、考慮できる方法です。

リモートで働けるライター

最初に紹介したいのは、リモートでライターをするというバイト方法です。

リゾートバイトのメリットは、リゾート地で働けるということ。

リモートでも働けるライターであれば、好きな場所で仕事をすることができます。もちろんリゾート地でも仕事ができるので、1つの働き方になります。

請負として書く方法や、Webメディアに寄稿することが仕事です。書くことが苦にならない方にはぴったりの働き方でしょう。

治験

バイトというよりも、負担軽減費という扱いになりますが、治験も効率の良いバイトです。

通院毎にお金をもらうことができ、1回にかかる時間も1時間から2時間ほどだけです。

支給される金額は、日給制で1万円から2万円と高額なことも。入院などで長期間拘束される場合は、さらに稼げることも多いバイトです。

 

あらかじめ指定された日に行く必要があることや、交通費も出ないことが考慮すべきポイント。さらに、薬による副作用の可能性も否定できません。

しかし副作用が出た場合は、即刻治療を中止し、適切な処置を施してもらえるので安心できます。

考慮すべきリスクはあるものの、拘束される時間が少ないので、きつくないバイト方法です。

塾講師

塾講師も、効率よく稼ぐことができるバイトです。人前で話すことが苦にならなければ、おすすめのバイト方法です。

大学生などであれば、すでに勉強してきたことを教えるので、改めて勉強する必要もないでしょう。体力的にもきつくなく、やりがいのあるバイトというメリットがあります。

 

まとめ

リゾートバイトがきついのか、理由や対処方法を紹介しました。リゾートバイトがきついと感じるのには、予想している環境と実際にバイトしている環境が異なることが理由になっているケースが多くあります。

どの時期に、どこにバイトに行くのか、また業務内容をあらかじめ知っておくと、きついと感じることも少なくなるでしょう。

きついと感じることが少ないバイト先を選ぶには、サポートがよい派遣会社を選ぶことが重要です。はたらくどっとこむで充実したサポートを受けながら、リゾートバイトを楽しみましょう。

 - バイト, 稼ぐ