リノナビの評判・口コミ!ネガティブ情報も教えてくれる

   

 

新築と変わらないぐらい綺麗で機能もしっかりとした家を、新築よりも安く購入できるのが魅力のリノベーション物件。

しかしベースは中古ですから、本当に安心して住めるのか心配になる方も多いのではないでしょうか。

 

そこでおススメなのが、物件ごとの良い点も悪い点もサイトで全て正直に公開してくれている、リノナビというサービスです。

新築でない以上は少なからず短所を持っていますから、ユーザーにとっては包み隠さず伝えてくれた方が、安心して利用できます。

 

今回ご紹介するのは、そんなリノナビの魅力や評判、そしてデメリットについてです。

ぜひ家探しの参考にしてみてください。

 

リノナビの詳細・申し込みはこちらから

 

リノナビとは

 

リノナビは、東京都心で家探しをしている方へ、リノベーション済マンションの情報を紹介しているサイトです。

 

運営会社であるコスモスイニシアは1974年創業の、都内でもトップクラスのマンション供給数を誇る企業で、さらに大手住宅メーカー・大和ハウスのグループということもあり、住宅の質や運用に信頼が置けます。

掲載されている物件は100を超え、価格も3000万円~1億円台まで幅広く、様々な条件での検索が可能です。

 

また、リノナビは物件を掲載するだけでなく、家探しに関するコラムも充実しています。

失敗しない買い物をするための知識を蓄える上でも、非常に役立つサイトです。

 

リノナビの魅力

 

次に、リノナビが持つ魅力を3つご紹介します。

なぜ今回リノナビをとり挙げたのか、きっと分かっていただけるはずです。

 

独自の調査基準を満たした物件のみを掲載

 

リノナビは、独自に以下の調査基準8つを定め、それらに適合した物件のみを掲載しています。

 

1:耐震基準
2:土地と建物の権利関係
3:エントランスや外壁など共用部の状態
4:セキュリティ対策
5:浴室天井のコンクリートの状態
6:水廻り配管の状態
7:室内の傾き
8:室内の仕上がり

 

これらの項目をそれぞれ5段階評価し、1項目でも3点未満であれば、その物件は掲載されません。

実際、10%の物件は審査落ちして掲載NGになるとのこと。(掲載NG物件の例は、こちらをご覧ください)

 

リノベーション物件は改修されているとは言え、元が中古のため、新築のように問題が一切ない状態にするのは難しく、少なからず劣化が残ってしまいます。

だからこそ、詳細な調査・分析を踏まえて掲載されているのは、質の面において信頼が置けますね。

理想の暮らしを実現し、居住後のトラブルを防ぐ上で、非常に重要なポイントです。

 

ネガティブなものも含め、情報を詳細に公開

リノナビの最も大きな特徴は、徹底した情報公開です。

先述の審査項目8つについて、基準を具体的に説明した上で点数を公表し、スコアの低い項目も正直に載せています。

 

リノベーション物件の特性上、やはり劣化具合のようなリスクまで把握して判断したいですよね。

しかし、従来の不動産業界では情報公開が充分にされておらず、「ベースが中古という不安が拭いきれない」というお客様の声が多数あったとのこと。

 

リノナビは、そんな状況を打破して安心して購入してもらえるよう、建物の細部に至るまで、ネガティブな情報であろうと隠すことなく掲載しています。

利用者はリスクを事前に把握できますから、あとはあなたがどの程度の状態まで許容できるか次第というわけです。

 

他にも、リノナビは1軒1軒にキャッチコピーを付け、おすすめポイントや魅力を詳細に伝えてくれています。

物件の画像も最大で100枚掲載しており、居住後のイメージが湧きやすいのも良い点です。

 

したがって、あらかじめ良い点と悪い点を全て把握して納得のいく判断ができますから、イメージと現実のギャップが生まれにくいのです。

「いざ見学してみれば期待外れで時間をムダにした・・・」なんてミスマッチも心配いりませんね。

 

最大5年の無償アフター保証サービス付き

 

リノナビ経由でマンションを購入すると、入居後5年間、キッチンやお風呂、トイレなどの設備に不具合が起きたときは修理や交換を無償でしてくれます。

 

他の多くのサイトだと、アフターサービスは有償もしくはナシです。

何十年も住み続ける場所なので、安心して暮らすには、不測の事態に対応してくれる仕組みがほしいところ。

 

リノナビを使えば、不具合が起こった際に管理人と話し合ったり業者を手配したりといった手間がかからず、すみやかに解決できるのは安心できます。

 

リノナビの詳細・申し込みはこちらから

 

リノナビの料金・手数料

 

リノナビの仲介手数料は、どの物件でも一律46万円(税抜)です。

 

他の物件紹介サービスだと、仲介手数料は平均で購入価格の3%程度になります。

5000万円の物件を購入した場合150万円ほど手数料がかかるので、リノナビの46万円一律というのは非常にお得です。

 

購入計画を立てやすくなりますし、浮いたお金で家具などを買い足しやすくもなりますね。

それに一律で決まっているため、後で思いもしない費用を請求されるようなトラブルも起きません。

 

必要な費用をあらかじめ消費者側で把握できる分、計画を立てやすいのも、リノナビの大きなメリットだと言えます。

 

リノナビの詳細・申し込みはこちらから

 

リノナビを使ったほうがいい人

次に、リノナビ経由でのマンション購入は、どんな人におススメなのかを解説していきます。

 

多くの情報を元に判断したい人

 

検討の際に少しでも多くの情報がほしい方は、ぜひリノナビを使ってみてください。

先述のとおり、リノナビは徹底した情報公開をしており、たとえネガティブな内容であっても隠さず正直に伝えてくれています。

 

水廻りの配管や建物の傾きといった見えにくい部分を含め、情報が一切ブラックボックス化していないので、メリット・デメリットを天秤にかけて判断しやすいと言えるでしょう。

特に建物の傾きは、ドアの立て付けから居住者の平衡感覚にまで影響を及ぼす上、改修が困難なので重点的にチェックしてください。

 

数千万円もする失敗できない買い物だからこそ、些細なことでも知っておきたい方は多いはず。

理想の家探しをする上で、情報を細かく公開しているリノナビは非常に貴重な選択肢です。

 

初期費用を抑えつつ、安心して住み続けたい人

「なるべく費用を抑えながら、居住後の安心を手に入れたい」

このような、お得で賢い家探しをしたい方にも、リノナビはおすすめです。

 

一見難しい希望に思えますが、リノナビを利用すれば実現する可能性が高いからです。

①厳しい掲載基準があること、②仲介手数料が一律46万円であること、③居住後5年間は無償でアフターサービスが受けられるといった理由があります。

 

リノナビは物件そのものだけでなく、契約時と居住後のサービスもユーザーにとってありがたい内容になっているのです。

 

リノナビを使わない方がいい人

 

では逆に、リノナビの利用を見送った方がいいのはどんな人でしょうか。

次から解説していきます。

 

リノベーション物件の知識がない人

リノベーション済マンションの知識がない方には、リノナビ利用をおすすめできません。

せっかく公表されている多くの情報も、その価値を判断できないと意味がないからです。

 

リノベーション物件は元が中古という特性上、メリット・デメリット双方の理解が非常に重要となります。

これら2つの情報を整理して、魅力が勝るかどうかを判断しなければならないため、知識がないと買い物に失敗する可能性が高くなるのです。

 

ただし、リノナビにはリノベーションに関するコラムが充実しています。

知識が不十分な方は、まずココを読んで勉強するところから始めるのがおすすめです。

 

リノナビの詳細・申し込みはこちらから

 

 

リノナビ利用の流れ

 

リノナビを利用する際の流れは、以下のとおりです。

 

①リノナビで物件を検索する
②興味を持った物件が見つかったら問い合わせる
③実際に見学してみる
④決断したら申し込む
⑤審査に通ったら入居する

 

一般的な物件検索サイトと同じ使い方ですね。

 

買い替えやローンの相談も可能なので、まずは気軽に問い合わせてみるのが良いでしょう。

もちろん、決して購入を急かされるようなことはありません。

 

リノナビのいい評判・口コミ

 

ここではリノナビの良い評判をご紹介します。

巷ではどんな感想があるのか、利用を検討する際の参考にしてみてください。

 

物件がどれもオシャレ

 

リノナビに掲載されている物件は、どれもオシャレだと好評です。

実際にサイトを見てみると、その評判どおりの物件ばかりで、写真を眺めるだけで時間が過ぎてしまいます。

実際に住んでからの生活が明るくイメージでき、きっと期待が膨らむはずですよ。

 

情報が多くて安心できる

 

やはり情報が多いぶん、ユーザーは安心感を持てるようです。

 

「本当に大丈夫かな・・・」という不安はどうしても付きまとうものですから、リノナビのユーザーに対するスタンスは心強いですし、信頼感もありますね。

特に注意すべき水廻りや傾斜の情報もしっかりと記載されているので、細かい部分までチェックして、長所と短所を天秤にかけて判断しましょう。

 

営業や担当者の応対が良い

 

見学などで顔を合わせる社員の対応も、丁寧で良いと好評です。

 

日ごろの買い物で、「商品は魅力的だけど店員がちょっと・・・」という理由で購入を見送ったり、そのお店へ行かなくなったりした経験がある方は多いのではないでしょうか。

物件選びも同じで、相手の対応の良さも購入するかどうかを決める要因になります。

 

リノナビは見学の時にも家の状態を詳しく説明し、どんな質問にも正直に答える姿勢を徹底していますから、少しでも気になった物件があれば、まずは問い合わせてみるのが良いですよ。

 

リノナビの悪い評判・口コミ

 

では逆に、リノナビの悪い評判は、どんなものがあるのでしょうか。

100%良い評判だけということはあり得ませんから、ネガティブな情報もしっかりと押さえておきましょう。

 

物件の掲載範囲が狭い

 

リノナビは東京都心のマンションしか掲載していないため、利用できない人も多いのが現状です。

サービス開始が2016年と、歴史が浅いので仕方ないことではありますが、不満を持たれやすいポイントだと言えます。

 

実際、東京周辺や関西にまで掲載範囲を広めてほしいという問い合わせは来ているとのこと。

今後のサービス拡大も視野に入れているそうですので、期待しておきましょう。

 

※他の評判も、見つけ次第ご紹介します。

 

リノナビ以外でおすすめのサービス

 

以下のサイトはリノナビと同じぐらい物件毎の詳細情報が充実しており、見学してみるかの判断がしやすいです。

ぜひ、こちらも併せて使ってみてください。

 

カウカモ

 

カウカモもリノナビと同様、東京都心をメインにリノベーション済マンション情報を掲載するサイトです。

 

リノナビと比べても遜色ないぐらい、物件ごとの詳細が非常に充実しています。

とりわけ画像は、部屋の内部はもちろん、建物全体や周辺地域に関するものも多数載っていて、さらに各画像に細かい説明文も加えられています。

これによって、居住後のイメージがよりいっそう鮮明になるはずです。

 

日々の暮らしに関するメディアも併設されていて、ユーザーの生活をユーザー目線でサポートする姿勢が伝わってくる点にも好感が持てます。

 

なお仲介手数料は「物件価格×3%+6万円×税」となっており、リノナビに比べると高額です。

とは言え、それぞれの物件はカウカモ唯一のものですし、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

【カウカモの閲覧はこちらどうぞ】

 

まとめ

 

今回は、リノナビの魅力と評判を中心にお話しました。

特に情報公開の徹底は特筆すべきポイントで、同程度に行っているサイトを見つけるのに苦労しました。

 

リノベーション済マンションは、物件によって状態が千差万別です。

だからこそ、包み隠さず教えてくれるリノナビなら安心して利用できますね。

本記事を家探しの参考にしていただけると幸いです。

 

リノナビの詳細・申し込みはこちらから

 

 - 生活