マーケティングはフリーランスでも可能?業務内容や注意点を解説

マーケティングはフリーランスでも可能?業務内容や注意点を解説

マーケティングは、専門的な知識をもった人が会社の経営をコントロールします。その業務をフリーランスとして請け負うことができるのをご存知でしょうか。

 

しかし、

「マーケティング関係の仕事ってフリーランスでもできるの?」

「フリーランスのマーケターは安定した生活できるのかな?」

と感じる方が多いです。

 

フリーランスでのマーケティングは、企業に属さずにクライアントの売上を伸ばすサポートをします。とはいえ、どんな活動をするのかは想像つきませんよね。

 

そこで今回は、

  • フリーランスマーケターの業務内容や必要なスキル
  • フリーランスマーケターで成功するためのコツ
  • フリーランスマーケターを始める前に注意すること

について詳しく解説します。

 

フリーランスとしてマーケティングの業務に携わることで、多くの収入を得ることができます。これからマーケティング関係の仕事をフリーランスで始めようと考えている方の参考になれば幸いです。

マーケティングはフリーランスでもできる?

結論から言うと、フリーランスでマーケターをするのはとてもお得です。

 

企業に属して働くのとフリーランスとの違いは、

  • 業務の範囲
  • 報酬
  • 働く時間

です。ざっくり比較すると以下のようになります。

 

【企業に属している場合】

  • 業務範囲:社内分のみ
  • 報酬:会社支給
  • 働く時間:就業時間から8時間以上

【フリーランスの場合】

  • 業務範囲:契約したものすべて
  • 報酬:クライアントごとにもらえる
  • 働く時間:自分で管理

 

フリーランスとして契約する場合は、対応できる業務量を自分で決めることができます。作業量によっては、クライアントの数を変更することが可能です。クライアントが増えれば報酬は自然と上がりますよね。さらに、報酬額の上限がありません。

 

つまり、会社に属して働くよりフリーランスとして活動する方が、たくさんの報酬をもらえる可能性が高いです。

 

そんなフリーランスマーケターですが、仕事の内容は何があるのかを次で説明します。

フリーランスで担当するマーケティングの仕事内容

フリーランスで担当するマーケティングの仕事内容は、

  • SEO対策を担当
  • リスティングの運用を担当
  • SNSの運用を担当
  • サイトの分析を担当

などです。

 

たとえば、

  • SEO対策ができているかチェック・分析
  • 拡散性を上げるためにSNSを運用
  • ユーザーが利用しやすいサイト設計になっているか分析

をすることで、クライアントが対応するべき対策を洗い出して企業の売上アップをサポートします。

 

フリーランスでマーケティングを担当する場合、企業に属するのではなく直接契約(業務委託)をすることになります。契約が結ばれたら、期間内でクライアントが求めている成果を達成しなくてはいけません。

 

フリーランスのマーケターは、クライアントが求めている結果を達成するためのサポートをします。

 

次に、フリーランスでマーケティングを担当するために必要なスキルを紹介します。

フリーランスのマーケターに求められるスキル

フリーランスのマーケターに求められるスキルは、

  • Web戦略
  • 企画の立案
  • 情報収集
  • トレンドの分析
  • コミュニケーション

などです。それぞれ詳しく説明します。

Web戦略

Web戦略とは、求められている成果を出すために取るべき対策を見極めることです。

 

クライアントが求める成果を出すために

  • 計画
  • 準備
  • 実行

までのフェーズを洗い出します。

 

たとえば、クライアントが求める成果を「WebサイトのPV数を上げる」とした場合。

Webサイトの

  • 目的
  • ターゲット
  • 適切なSEO対策

を洗い出します。

 

この結果を基に、

  • コンテンツを修正
  • Webサイトを拡散
  • ゴールを再設計

することで、成果を出しやすくします。

 

Web戦略は、クライアントが求めている成果を出すために論理的な作戦を組み立てます。

企画の立案

企画の立案とは、問題を解決するためにどんな施策を打つかを考えることです。

 

たとえば、WebサイトのPV数は増えているものの売上が伸び悩んでいる場合。

  • LPを変更する
  • LPまでの導線を考える
  • リンクをボタンに変更する

など、売上につながるページのデザインや表示方法の変更を提示して、売上アップにつなげやすくします。

 

企画の立案は、問題を解決するためにどんな方法を取るべきなのかを具体的に提示します。具体的な企画を提示することで、クライアントが抱える問題を的確に解決しやすくして売上アップに導くことが可能です。

情報収集

情報収集とは、問題を解決するために必要な情報を集めることです。

 

たとえば、社内の環境に問題がある場合。

  • 社員がどんな不満を抱えているのか
  • 不満の根本はなにか
  • 不満を解消する方法

などの情報を集めます。集めた情報を基に、適切な解決方法を提案することが可能です。

 

情報収集をすることで、問題を解決するための根本となる原因を洗い出して適切な対策法を見つけやすくします。

トレンドの分析

トレンドの分析は、

  • ブログ
  • ニュース
  • Twitter
  • Facebook

などから、旬な情報を見つけます。

 

たとえば、Twitterで話題となっている情報を探して分析します。分析した結果から、マーケティングに反映できる思考をチェックすることで、新しい発想を生みやすくすることが可能です。

 

旬な情報を見つけることで、市場の傾向やユーザーが求めている情報を知ることができます。

 

またトレンド分析ツールを使い、細かい市場の調査をすることでユーザーの反応が高いものをみつけることができます。ユーザーの反応が高いものを見つけることで、拡散されやすい情報を提供しサイトの知名度を上げやすくすることが可能です。

 

最近では、Webサイトからの集客を強化する戦略がメインです。最新のトレンドを分析することで、ユーザーが反応しやすい情報を提供して拡散されやすいコンテンツをつくることができます。

コミュニケーション

コミュニケーションとは、

  • クライアントとの商談
  • 市場の調査
  • 解決法の提案

など、あなたの考えをクライアントに伝えることです。

 

たとえば、問題の解決案をいくつか提示した場合。あなたとクライアントの間で解釈が間違っていたら、適切なマーケティングができません。

 

コミュニケーション能力は、具体的なイメージを伝えることで相違をなくしてクライアントが納得する解決策を提示しやすくします。

 

では次に、フリーランスでマーケターをするときの心掛けておくべきことを説明しますね。

フリーランスでマーケターをするときの心掛け

フリーランスでマーケターをするときは、

  • 信頼性を築くのに時間がかかる
  • クライアント数によっては働く時間や業務の内容が増える

ことを心掛けましょう。

 

フリーランスである以上、仕事は自ら取りにいかなければいけません。企業から仕事をもらうには「あなたに任せても大丈夫」といった信頼関係が必要です。

 

また、たくさんのクライアントと契約をした場合。ミーティングが被ったり自分の時間を作りにくかったりします。

 

フリーランスのマーケターはお得とはいえ、すべての管理を自ら担当しつつ仕事を取らなければいけません。

 

フリーランスのマーケターをするのであれば、自ら企業を探して信頼関係を築く時間を作りましょう。そして、仕事の量を調整しながら無理のないスケジュールを組むことをおすすめします。

フリーランスのマーケターを目指すには

フリーランスのマーケターを目指すには

  • 就職して学ぶ
  • 独自で学ぶ

の2つがあります。それぞれ詳しく説明します。

方法①:就職する

就職では、Webマーケティングの企業に入社し、給料を受け取りながらマーケティングを勉強します。

 

企業には、マーケティングに詳しい方が多いです。一緒に仕事をすることで、マーケティングに詳しい方のノウハウを盗めます。

 

就職してノウハウを盗むことで、安定した収入を得ながらマーケティングスキルを磨くことが可能です。

方法②:独学する

独学では、Webを見たり本を読んだりして、わからないことを自分で調べます。独学の場合、就職と違って明確な実績がありません。

 

そこで、調べた情報を基にオリジナルのサイトを作り、自分の能力で利益を上げましょう。この実績がクライアントへのアピールポイントになります。

 

独学しつつ実績を作って収益化することで、マーケターの業務を取りやすくします。

 

では、フリーランスでマーケターとして成功するコツについて次で紹介しますね。

フリーランスでマーケターをする2つの注意点

フリーランスでマーケターをする注意点は、

  • クライアント選び
  • 別のスキルを持っておく

の2つです。それぞれ詳しく説明します。

クライアント選び

クライアントを選ぶ際は、

  • ゴールが明確か
  • 契約する期間が適正か
  • マーケティングについての知識を持っているか

を確認しましょう。

 

クライアントがマーケティングを依頼する目的や最終的なゴールを持っていない場合。あなたが担当する業務が曖昧になりがちです。その結果、契約の内容より多くのことを任されてしまう可能性があります。

 

マーケティングに、正解はありません。クライアントが考えているゴールを明確にすることで、問題を解決するために必要な業務を洗い出しやすくなります。その結果、短い期間で最大限の成果を出しやすくすることが可能です。

 

また、業務を効率よく進めるためにクライアントがマーケティングの知識をどのくらい持っているか確かめましょう。クライアントの知識量によって、マーケティングの進め方が変わります。

 

マーケティングの進め方によっては、他のクライアントと並行して業務を受けることが可能です。

 

たとえば、

  • 施策にかける時間やコストについて説明が必要なのか
  • 現実的なゴールや期間なのか
  • 業務量は適切なのか

を判断することで、適切な期間と費用で仕事を受けられます。その結果、他のクライアントと並行して業務を進めることが可能です。

 

つまり、正しくクライアントを選ぶことで、無駄のないスケジュールを組んで収入を上げやすくできます。

別のスキルを持っておく

別のスキルを持っておくことで、マーケティング以外の業務で収入を確保することができます。フリーランスでマーケターとして活動する際に、すぐに仕事がもらえるわけではありません。

 

クライアントを探したり商談したりする期間があります。もしくは、契約した期間が終わってから報酬を受け取る場合も考えられます。なので、収入は別の業務で得なければいけません。

 

別のスキルとは、

  • ライティング
  • Webサイト制作
  • デザイン

など、マーケティングの知識を活かせる業種がおすすめです。これらの実績によっては、クライアントへのアピールポイントにもなります。

 

たとえば、Webサイト制作の知識がある場合。サイトの構造を分析して、ユーザーが商品を購入するまでのステップを見直します。

 

その結果、ユーザーが見やすいサイト制作に変更して商品を買いやすくして売上アップにつなげることが可能です。

 

マーケティングとは別のスキルを身に付けることで、マーケターの業務がない時でも収入を安定させつつアピールポイントを作りやすくします。

フリーランスでマーケターとして成功する2つのコツ

フリーランスでマーケターとして成功するコツは、

  • クライアントからの信用を得る
  • 実績を作る

の2つです。それぞれ詳しく説明します。

クライアントからの信用を得る

クライアントからの信用を得ることで、仕事を紹介してもらったり単価の交渉がしやすくなったりします。

 

フリーランスで仕事をするためには、クライアントに

  • あなただから仕事を頼みたい
  • これからもつながっていきたい

と思ってもらうことが大切です。

 

そのため、成果を出すことはもちろんミーティングの時間を守ったり知識を提供したりしてクライアントの満足度を高めましょう。

 

マーケターは、業務の内容によって長い付き合いになることが多いです。お互いの意思を組み取りながら成長し合える関係を目指すことをおすすめします。

実績を作る

仕事をもらいやすくするために、まずは実績を作りましょう。マーケティングの経験がある場合、クライアントから指名されることが多いです。

 

しかし、これからフリーランスのマーケターをする場合、実績がなければアピールできるポイントがありません。

 

マーケティングは会社の経営に直接関わるとても重要な仕事です。信頼がなければ契約は成立しません。

 

まずは、クライアントにアピールできるポイントを作りましょう。

 

たとえば、個人のWebサイトを開設した場合。

  • SEO対策をして開設から3ヵ月で1万PVを達成
  • SNSを併用してWebサイトを拡散してアクセス数を1.5倍に伸ばす

など、実績としてアピールできるものを用意する必要があります。

 

クライアントにアピールできるポイントを作ることで、仕事をもらいやすくすることが可能です。

フリーランスマーケターで成功すると報酬が高くてお得

今回の記事は、フリーランスのマーケターについて紹介しました。ざっくりおさらいすると、フリーランスでマーケターをするのはとてもお得ですが、自分で無理のないスケジュールを組む必要があります。

 

フリーランスでマーケターをする注意点は、

  • クライアント選び
  • 別のスキルを持っておく

の2つでした。

 

そして、フリーランスでマーケターとして成功するコツは、

  • クライアントからの信用を得る
  • 実績を作る

ことです。

 

フリーランスでマーケターになるのは、ハードルが高いイメージを持ってしまいますよね。しかし、実績さえあれば次のステップに挑戦することが可能です。

 

マーケティングの業務をフリーランスでこなすのであれば、まずは経験を積むために自分のサイトを立ち上げて実績作りから始めることをおすすめします。

マーケティングカテゴリの最新記事