公務員から転職でのおすすめの職業!するなら早くしたほうがいい

      2018/11/19

 

公務員から転職。

 

安定している公務員だけど、いろいろ悩んでいて転職したいという人も少なくないと思います。

それでも、事業会社で働くのは不安・・・

 

そんな方が多いのではないでしょうか?

ビジネスしてこなかった公務員がいきなりビジネスの世界に飛び込むのはほんとに不安だと思いますが、僕は公務員から転職することをおすすめしています。

 

この記事では公務員から転職したくなる理由と早くしたほうがいい理由、そして公務員からの転職でおすすめの業界をご紹介します。

 

公務員から転職したくなる理由

 

 

激務

 

公務員から転職したくなる理由1つ目が激務。

 

公務員は種類ごとに大変さは異なりますが、官僚といわれる国家公務員や学校の先生などは残業に休日出勤は当たり前でとにかく激務です。

 

国家公務員の長時間労働は恒常化していて、家に帰れない、タクシー帰りは当たり前になりつつあります。

長時間労働で働き続けると疲れてしまうので、公務員から転職を考えてしまうのです。

 

ポンコツすぎるから

 

公務員から転職を考える理由2つ目が自分がポンコツすぎるから。

 

公務員はなにもしなくても、実績を残さなくても自分の給料は増えていきます。

特に公務員の場合は国民が汗水流して働いた税金なので、いい人であればあるほど責任感を感じます。

 

人様から頂いた税金で働いているのにもかかわらず、足引っ張ってばかりでつらい。

自分に合っている仕事はないのかと公務員から転職を考えてしまうのです。

 

つまらない

 

公務員から転職したい理由3つ目がつまらないところ。

 

一般企業はビジネスをやっていて、入れる会社や職種にもよりますが目標に向かって様々な挑戦をしていって、やりがいがあります。

一方で、公務員は枠に縛られた仕事で面倒なことが多いですし、地道な作業が苦手な人にとってはかなりきついものです。

 

単調な仕事よりも新たな仕事に挑戦したい。

そのような気持ちから公務員から転職したいと思うようになります。

 

楽すぎる

 

公務員から転職したい理由が楽すぎる点。

 

国家公務員はいくらやっても仕事は減らず激務ですが、地方公務員はかなり暇です。

人口減少社会になった今、特に地方の公務員は場所によってですが、暇で暇で仕方ありません。

 

ほとんど定時で帰れて有給所も消化できるので、待遇は良すぎるくらいなのですが、それが逆に辛く感じてしまう。

暇な時ってなぜか時間が経つのがほんとに長いですからね。

 

ゲームなどやれれば時間稼ぎにちょうどいいのですが、そういうわけにもいかない。

あとは、こんな楽な仕事ばかりでほんとに大丈夫なのか不安になってきます。

 

楽さと将来への不安から公務員から転職を考えてしまいます。

 

 

 

公務員から転職ははやくしたほうがいい

 

公務員から事業会社に転職を考えているのであれば、できるだけ早いほうがいいです。

公務員としてずっと働いているとビジネス感覚が鈍ってしまいます。

 

ビジネス感覚が鈍る

 

 

公務員からはやく転職したほうがいい理由がビジネス感覚が鈍ってしまうところ。

 

企業は営利企業で売り上げより費用が多かったら潰れてしまいます。

なので、多くの会社では目標やノルマが課せられ、その目標を達成しなければなりません。

 

その一方で、公務員は目標がないもしくは低いので、事業会社にいるようなビジネス感覚を持つことができません。

なので、公務員から転職するときは、どうしても戸惑いを感じてしまいますし、適応するのに苦労してしまいます。

 

この傾向は公務員歴が長くなればなるほど出てしまうので、転職をするのであれば早めにしたほうがいいでしょう。

 

 

ガラパゴス化していく

 

公務員から転職をはやくしたほうがいい理由2つ目がガラパゴス化していく点。

 

どの業界でも言えることですが、その業界の特徴や悪しき慣習みたいなものがあります。

特に、事業会社ではない公務員では、その傾向が強くなります。

 

仕事においても価値観においても一般的な会社とは大きく異なるので、気づかないうちにガラパゴス化しています。

その影響をできるだけ小さくするためにも、公務員から早く転職したほうがいいでしょう。

 

 

公務員から転職でおすすめの職業

 

次に公務員から転職でおすすめの職業です。

向いていれば高収入を見込めるエンジニアや社会貢献性の高い介護職がおすすめです。

 

エンジニア

 

 

公務員からの転職でおすすめの職業がエンジニア。

中でもweb業界のエンジニアはおすすめです。

 

web業界はインターネットを利用したサービスを運営している業界です。

このweb業界は急成長している産業なので人手不足ですし、比較的自由に働けるのが特徴です。

 

エンジニアのスキルをつけるのはけっこう大変ですが、数年プログラミングを書けば、仕事が面白くなってきます。(もちろん、人によります)

 

特に仕事に愚直に取り組めるオタク気質のある人がエンジニアに向いているので、公務員で向いている人は多いと思っています。

 

全くの初心者での転職は厳しいですが、プログラミングスクールや独学で学んだ上であれば、採用される確率が高まります。

最近では無料のプログラミングスクールが出てきています。

 

その無料のプログラミングスクールは転職支援も兼ねていて、GEEK JOBなどでは転職の成功率が95%を超えています。

プログラミングを学ぶのは大変ですが、メリットがあることなので、頑張って習得してみるのをおすすめします。

 

未経験でエンジニアになるには!その方法をご紹介します。

GEEK JOBの評判・口コミ | 無料でプログラミングが学べる!就職・転職に有利

【体験談】GEEKJOBの無料体験に潜入!優良企業の定義は?メンターの方に実際に聞いてみた。

プログラミング学ぶ意味!学ぶメリットが凄すぎる・・・

 

介護

 

公務員から転職でおすすめ2つ目が介護。

 

介護はキツイ仕事ですが、かなりの成長産業で今後求められてくるのでおすすめです。

人材確保のために労働環境が徐々にですがよくなってきています。(人手不足で人材を確保するために)

 

最近では、週24時間からなどの求人も出てきていて、ホワイト企業に当たれば労働環境よく働けます。

また、プログラミングスクールと同様で就職支援がついた介護資格取得スクールが出てきていて、カイゴジョブアカデミーでは無料で学ぶことができます。

 

少子高齢化社会がどんどん進んでいく日本社会において、介護業界が発展していくのは間違いありません。

 

社会貢献性も高くやりがいがある仕事なので、興味がある方はカイゴジョブアカデミーで一度相談してみるといいでしょう。

 

公務員から転職よりも副業のほうが安全

 

公務員から転職についてご紹介してきましたが、転職はリスクがあります。

 

僕個人的には、うまくいった場合のリターンが多いので、公務員から転職をおすすめしていますが、安全策を撮りたいのであれば副業でしょう。

 

副業である程度スキルやビジネス感覚を取り戻した上で、転職するのがリスクを軽減させることができます。

 

僕が公務員の副業でおすすめしているのが、ライターとアフィリエイト。

ライターは休日自宅で仕事をすることができますし、アフィリエイトも同様です。

 

ライターもアフィリエイトもうまくいけば、月数百万単位で稼ぐことができるので、夢のある職業です。

 

もちろん、うまくいかない可能性もありますが、失敗しても副業なのでリスクがありません。

また、始めやすい職業なので、土日や夜などの時間があるときに、やってみることをおすすめします。

 

ライターとは!?ライターの仕事内容と必要なスキル

ライター募集をしています!未経験、在宅ワークも是非是非!

アフィリエイトとは!?初心者がめちゃくちゃ稼ぐ方法

副業禁止でクビになる会社なんて辞めたほうがいい。理由をご紹介します。

稼げるおすすめな副業19選!珍しいものを集めています。

 

公務員ですら危ない時代へ突入

 

 

公務員から転職する方法についてご紹介してきましたが、これからは公務員ですら職が保証されていない時代です。

 

これから、AIや人工知能、ロボットなど人間のかわりには働くものがたくさんでてきます。

そうなると、いくら公務員といえども気づいたら職を失っている可能性があります。

 

また、日本の借金が多いため、財政再建策として公務員のクビを切られる時期がくるかもしれません。

 

一応、公務員は保証されているためクビにならないかもしれませんが、その代わりに最低賃金しかもらえない時代が来るかもしれません。

 

もし、自分が40、50代でそれが起きて転職しようと思っても、転職できるでしょうか?

かなり厳しいですよね。

 

公務員ですら職が安泰じゃない時代がすぐそこに迫っているかもしれません。

どの職業でも自分のスキルで食べていかないといけない時代になるので、今のうちに公務員から転職することを僕はおすすめします。

 

公務員から転職するときに取るべき行動

 

次に公務員から転職するときに取るべき行動です。

公務員でいると転職する人も少ないので、なかなか情報が入ってこないですよね。

 

公務員から転職するには専門的スキルを学ぶスクールに通うことや転職エージェントに登録する方法などいくつかあります。

 

スクールに通う

 

 

公務員から転職するときに取るべき行動一つ目がスクールに通うこと。

 

専門的なスクールに通い、専門的なスキルをみにつけて転職する方法です。

基本スクールに通うとなると有料になりますが、GEEK JOBやカイゴジョブアカデミーなど無料のスクールも出てきています。

 

また、就職支援をしてくれて就職率95%を超えるようなスクールも存在します。

専門的なスキルを用いて働くことになるので、向き不向きははっきりしますが、向いているところ職業を選べば笑顔で働けたりします。

 

また、スクールに通っていることで、転職活動する際熱意が伝わりますし、志望動機を答えやすくなります。

 

もちろん、専門スキルを得るのは簡単ではないですが、公務員の激務に比べればそこまで辛くないのかなと私は感じています。

 

GEEK JOBの評判・口コミ | 無料でプログラミングが学べる!就職・転職に有利

【体験談】GEEKJOBの無料体験に潜入!優良企業の定義は?メンターの方に実際に聞いてみた。

 

転職エージェントを使う

 

公務員から転職するときに取るべき行動一つ目が転職エージェントを使うこと。

 

これは公務員以外でもそうなのですが、企業との転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを使う転職は一般的に行われている方法です。

 

幅広い業界を取り扱っているパソナキャリアのようなことろもあれば、比較的待遇のいいWEB業界に特化したギークリーなどもあります。

また、既卒向けのハタラクティブは知識がなくても就職できる企業を紹介してくれるので、自信がない人におすすめです。

 

こういった転職エージェントは企業を紹介してくれるだけではなく、公務員から転職の方法についてアドバイスがもらえたり、そもそも転職したほうがいいのかなどのアドバイスももらえたりします。

 

転職など人生で悩んでいるのであれば、転職エージェントを使ってみてもいいでしょう。

 

公務員から異業種への転職は大変

 

ここまで公務員から転職する方法や転職すべき理由をご紹介してきました。

 

ただ、公務員から異業種に転職するのは大変です。

その理由がなれないことをやるから。

 

どんな職業でもそうなのですが、今まで慣れていなことをやるとなると、覚えるのも大変ですし、足手まといになっているのではないかと不安になります。

 

でも、最初大変なのはどこも一緒です。

公務員からいい転職先を見つけられれば、収入も増えていきますし、やりがいを持って働けるようになります。

 

民間企業でいいところに転職ができれば、自分の考えていることや思っていることを形にできてとても面白いです。

 

いずれにしても、公務員から転職する意思を固めているのであれば早めにしましょう。

年をとればとるほど、吸収率が落ちますし、プライドも高くなるので大変になります。

 

公務員からの転職で後悔するケースも

 

公務員からの転職で成功してイキイキ働いている人もいます。

その一方で、公務員からの転職で後悔するケースもあります。

 

ブラック企業に入ってしまう

 

公務員からの転職で後悔するケース一つ目が、ブラック企業に入ってしまうこと。

 

転職活動をしている際に、ブラック企業だと見抜けずにそのまま就職をしてしまいます。

そのブラック企業ではパワハラや長時間労働、土日勤務も当たり前に行われていたりします。

 

ただ、このケースについては転職活動中に調査をしておけば防げますし、転職エージェントとしっかりとした面接対策を行えば、複数社から企業を選ぶことができるので、ブラック企業に行かなくて済むようになります。

今は人手不足で採用難な時代ですからね。

 

ブラック企業は事前調査を行うことにより、見分けるようにしましょう。

 

福利厚生が少ない

 

公務員からの転職で後悔するポイント2つ目が福利厚生が少ない点。

 

中小、ベンチャー企業になると公務員ほど福利厚生がしっかりとしていないケースが多くあります。

わかっていても、後悔する人が多いです。

 

その一方で、ベンチャー企業などに転職すれば、成果で給料が大きく上がる場合もありますし、自分の成果が給料に現れる嬉しいところもあります。

また、最近では福利厚生を充実させている企業も増えてきています。

 

ユニークなところだと昼寝制度などもあり、仮眠室が用意されていて、昼寝をすることもできたりします。

そのほかにも、ユニークな福利厚生がある企業は意外と多かったりするので、そういった企業を探して転職活動をするとこの失敗を防ぐことができます。

 

肩書きがなくなる

 

公務員からの転職で後悔するケース3つ目が肩書きがなくなる点。

 

日本においてまだ公務員は特別視される存在で、特に結婚などにおいては有利に運ぶケースがあります。

その一方で、普通の一般企業に公務員から転職するとその肩書きがなくなってしまいます。

 

この対処法としては、大手企業に転職するかベンチャー企業で活躍して部長などの職につくのかどちらしかありません。

正直言って、公務員からの転職では肩書きがなくなることはほとんどなので、どうしても公務員の肩書きが欲しいという方は、転職をしないほうがいいでしょう。

 

公務員から転職する場合の志望動機はどうしたらいいの?

 

公務員から転職するときに気にになるのが志望動機。

 

転職活動のときにしっかりとした志望動機でないと通りませんからね・・・

ネガティブな志望動機はあるけど、ポジティブな志望動機はないと言った方がほとんではないでしょうか。

 

しっかりとした志望動機を作るためには、いくつかの方法があります。

 

前向きな理由を語る

 

公務員から転職する場合、面接官はどうしてもうがった角度から見てしまいます。

 

「そもそもなぜ転職するのだろう?」と。

 

公務員は一般的にはいい職業とされているので、公務員から転職するとなるとどうしてもそのように考えてしまいます。

この状況で、今の悪い現状を伝えても響かないですし、うちに来ても同じようになってしまうのではないかと思ってします。

 

なので、大事なのは夢や希望などを語ること。

自分にはやりたいことができたけど、公務員特有の弊害でどうしてもやることができないと伝えましょう。

 

その理由を論理的に話すことができれば、志望動機がしっかりと伝わるので、内定を貰える確率が高くなります。

もし、このような志望動機が作れないのであれば、転職エージェントやスクールに通うようにしましょう。

 

転職エージェントを使う

 

志望動機がどうしても作れないというのであれば、転職エージェントを使いましよう。

 

先ほどもご紹介しましたが、転職エージェントは企業を紹介してくれるだけではなく面接対策をしてくれます。

転職エージェントのパソナキャリアではしっかりとした面接対策をしてくれますし、また既卒になってしまってもハタラクティブなどでは、面接対策を行っています。

 

公務員からの転職は少し特殊な部分もあるので、面接対策はしっかりと行いましょう。

そうすることによって、志望動機もしっかりとしてきますし、公務員から転職できる確率が高くなります。

 

就職支援のあるスクールに通う

 

志望動機を作るためには、就職支援のあるスクールに通うことです。

 

面接官は、志望動機でその仕事に対する意欲を見るわけですが、スクールに通っていることを話すだけでも、意欲は伝わります。

また、スクールで仕事について体験することで、自分の実体験から志望動機を語れるようになります。

 

また、就職支援を兼ねているプログラミングスクールのGEEK JOBでは、未経験からの就職率が95%でほとんどの人が就職をしています。

このようなスクールに通えば、志望動機を話せるようになるのはもちろんのこと、前向きに学習すればほぼほぼ就職できるので、公務員から転職を考えているのであればおすすめです。

 

【体験談】GEEK JOBの無料体験に潜入!優良企業の定義は?メンターの方に実際に聞いてみた。

GEEK JOBの評判・口コミ | 無料でプログラミングが学べる!就職・転職に有利

おすすめのプログラミングスクール!無料、就職支援、マンツーマンなど

 

まとめ

 

ここまで公務員から転職でのおすすめの業界や副業についてご紹介しました。

 

公務員からの転職には賛否あると思いますが、どうせ転職するのであれば早くしたほうがいいです。

この記事を参考にして、公務員から転職を叶えて頂けると嬉しいです。

 

【公務員から転職したい人向け記事一覧】

おすすめの在宅副業!楽に儲かる副業特集

節約より臨時収入!火災保険加入で平均80万円もらえるチャンス?

未経験での転職におすすめな業界!イキイキと働いていますよ

アフィリエイトとは!?初心者がめちゃくちゃ稼ぐ方法

 - 転職・就職 ,