高校生がバイト行きたくないと思う理由!その時の対処法ってどうすればいいの?

   

高校生も当たり前のようにバイトをしており、貴重な戦力として活躍しています。中には高額なお金を稼ぐことができている高校生もいるので、貴重な収入源として一生懸命仕事をしている高校生もたくさんいます。そんな高校生のバイトですが事情によっては、残念ながらバイトに行きたくないと感じるケースも存在しています。
そこで高校生がどのような状況が発生した時、バイトに行きたくないのか解説します。またバイトに行きたくないだけではなく、どのような対処法を行っていけばいいのかまとめてみました。

高校生がバイト行きたくないと思う理由

貴重な戦力として活躍している高校生のバイトなのですが状況によって、行きたくないと思ってしまう場合があります。主に四つの特徴が発生していて、一つでも当てはまる場合は、バイトに行きたくないと考えやすいです。どれも深刻な問題になっていて、高校生によってはバイトを辞めてしまう恐れがあるので気をつけないといけません。

過酷な労働環境にうんざり

バイト先によって、どのような仕事を任されるのか全然違っています。高校生だからといって、仕事内容が簡単になるという訳ではなく、難しい仕事を任させるケースも少なくありません。
そこで過酷な労働環境にうんざりしてしまい、高校生の場合はバイトに行きたくないという気持ちが発生してしまうケースが存在しています。特に肉体労働系のバイトは、元気な高校生でも多くの体力を消費するので、行きたくないと思ってしまう高校生が多いです。また頻繁に残業が発生してしまうとお金を獲得できる反面、心身の疲労が大きくなるため、行きたくないという気持ちが強くなりやすいです。

人間関係がよくないので働きにくい

バイト先の人間関係がよくないという理由によって、高校生がバイトに行きたくないと感じることも多いです。バイトの多くは仕事仲間と協力しながら仕事をしなくてはいけません。人間関係が悪いと効率よく働けないだけではなく、作業負担も大きくなるのでバイトに行きたくない気持ちが発生しやすいです。
それだけではなく、バイト先に怖い上司や先輩がいる時、億劫になりやすいです。怒られるもしくは叱られるという気持ちが強くなってしまい、その結果バイトに行きたくないという気持ちが生み出されやすいです。

獲得できる給料が少ないのでモチベーション低下

高校生は年齢の問題によって、一般の人と比較しても時給や日給などが低く設定されやすいです。その中でも安い給料に定められているバイトを選択してしまうと頑張って仕事をしても獲得できるお金が少ないので、モチベーションを高く保つのが難しくなります。
そして高校生はバイトに行きたくない気持ちが発生してしまい、すぐに辞めてしまったり、いい加減な気持ちでバイトを行うなどの状況が発生しやすくなるので注意です。

バイト先で仕事のミスをしてしまった

高校生は他の人と比べてもそこまで人生経験が豊富ではありません。そこでバイト先で仕事のミスをしてしまった時、考えすぎてしまう傾向が強いです。高校生によっては、かなり深刻な悩みを抱えてしまい、バイトに行きたくないという気持ちが発生する場合もあります。
特に売り上げや業績に直結する仕事のミスをした時、バイトに行きたくない気持ちが強くなるので、できる限りミスをしないように気をつけないといけません。

高校生がバイト行きたくないに取るべき行動

もしもバイトに行きたくないという気持ちが発生した時、高校生は色んな対処法を行うことで少しでもバイトに行きやすくなります。高校生によって最適な方法が異なってくるので、どうしてもバイトに行きたくないという気持ちが発生した時はよく考えて実行することが重要です。

心身をリフレッシュさせることが大切

バイトに対して心身ともに疲労が発生している場合があるので、思い切ってリフレッシュさせることが必要です。身体の疲れを回復させるために昼寝を行ったり、睡眠時間を少しでも増やすことで、身体の疲労を回復可能です。
心が疲れている場合は、趣味やプライベートに没頭することで精神的なリフレッシュを行えます。どちらも重要なポイントなので、バイトに行きたくないと思っている高校生は自分を少し休ませる事が必要です。

バイト先の仕事を一日でも早く覚えること

一日でも早くバイト先の仕事を覚えることができれば、戦力として活躍する事ができます。集中しながらバイトを行えば、長時間仕事をしなくても時間を短く感じやすく、あっという間にバイトが終了してしまうケースも少なくありません。
また優秀な高校生として、仕事仲間に好印象を与えられるので良好な人間関係もキープしやすくなります。そこでバイトをしていない時にどのような仕事をするのか予習と復習が大切です。これによって短期間でも戦力として活躍しやすくなり、バイトをしている時も充実した時間を過ごしやすくなります。

どのくらい稼げるのか冷静に分析

基本的に高校生がバイトをする時、相応のお金を獲得する為にバイトをしているケースがほとんどです。そこでどのくらい稼げるのか再認識することで、少しでもバイトに行きたくない状況を避けられるようになります。
特にたくさんのお金を稼がないといけない高校生の場合は、気持ちを引き締めることができるのでバイトに行きやすくなります。頑張れば頑張るほどバイトではたくさんのお金を稼げるので、大変ではあるのですが一生懸命仕事をすることが求められます。

無理のないバイトスケジュールに調節する重要性

少しでもバイトに行きやすくするため、無理のないバイトスケジュールを計画する事が大切です。いきなりバイトをする際、週5もしくは週6などを選択してしまうとバイトに行きたくない気持ちが発生しやすいです。
高校生は学業を両立させないといけないので、最初は週2くらいに抑えておき、特に問題ない場合は徐々にバイトの時間を増やしていくのがポイントです。無理のないバイトスケジュールを行う事で、バイトに対して嫌な印象を持ちにくくなります。

バイト行きたくない高校生にアドバイス

誰にでもバイトに行きたくないという気持ちは発生しているので、自分だけと考えないことがまず大切です。そしてバイトに行きたくないという気持ちが発生した時、無理をする必要は全然ないので、心身のリフレッシュをしても全然問題はないです。ただし無断欠勤はルール違反になるので、絶対に無断欠勤をしないように気をつけないといけません。
少しでも戦力として活躍できるように仕事を早く覚えれば、大変な仕事の中で楽しみを感じやすくなります。また過度なバイトを行っている高校生の場合、心身に尋常ではない疲労が発生している恐れがあるので、思い切ってリフレッシュすることも必要です。
このように対処をしていけば、バイトに行きたくない高校生も少しずつバイトに行きやすい状況を作れます。

まとめ

過酷な労働や人間関係などの影響で高校生は、バイトに行きたくないという気持ちが発生する時があります。もしもこのような状況が発生した場合は、思い切ってリフレッシュしたり、バイトをすることでどのくらいのお金を獲得できるのか改めて計算する事が必要です。
また貴重な戦力として活躍するため、バイト先の仕事を予習もしくは復習することで働きやすくなり、バイトに行きたくない気持ちを払拭させやすいです。

 - バイト, 稼ぐ ,