高校生がバイト行きたくないと思う理由!その時の対処法ってどうすればいいの?

NO IMAGE

お金を稼ぐために行うアルバイト。

 

バイトって面倒だし、覚えることも多くて大変ですよね、、

特に高校生は先輩が多いために、気を余計に遣い、バイトに行きたくないと思いがちです。

 

私も高校生のときは

 

「バイト行きたくない」

 

と思っていました。

この記事では、高校生がバイト行きたくないと思う理由とバイト行きたくない時の対処法をご紹介します。

 

 

高校生がバイト行きたくないと思う理由

 

まず最初に高校生がバイトに行きたくないと思う理由についてです。

バイトでのミスや過酷な労働環境などバイト行きたくないと思う理由は様々あります。

 

過酷な労働環境にうんざり

 

これは高校生だけではないのですが、過酷な労働環境でバイトに行きたくないと思うケースがよくあります。

 

特に最近は人手不足が深刻になっていて、高校生のバイトにしわ寄せがいっていたりします。

人手不足だから長時間労働になるのは致し方ない部分もありますが、長すぎる労働時間は辛いですよね。

 

また、高校生の場合は授業やテストがあるので、辛い思いをするだけではなく、勉強面に影響が出たりするのが特徴です。

 

人間関係がよくないので働きにくい

 

バイト先の人間関係がよくないという理由によって、高校生がバイトに行きたくないと感じることも多いです。

バイトの多くは仕事仲間と協力しながら仕事をしなくてはいけません。

 

特に高校生の場合は、先輩が多くて気を遣いコミュニケーションがうまく取れないですし、その上で店長などから怒られたら辛い思いは溜まっていきます。

 

僕も店長から怒られてもひたすら我慢していました。

 

溜まった辛い思いも愚痴を言う相手もいません。

日に日に不満は募り、バイト行きたくないと思ってしまいます。

 

給料が少ないのでモチベーション低下

 

単純労働が多いアルバイト。

 

アルバイトで行う仕事は少し教えればできるものがほとんどなので、付加価値がつきにくくどうしても給料は少なめになります。

東京でも時給は1,000円程度なので1日働いても8,000円。

 

地方だともっと少ないので、全然稼げません。。

さらに、高校生の場合は他のバイトと比べて50円程度安い場合も多くあり、余計に稼げません

 

バイトはお金を稼ぐためにやっているので、給料が少ないのはバイト行きたくないと思う大きな理由になります。

 

バイト先で仕事のミスをしてしまった

 

高校生は他の人と比べてもそこまで人生経験が豊富ではありません。

そこでバイト先で仕事のミスをしてしまった時、考えすぎてしまう傾向が強いです。

 

高校生によっては、かなり深刻な悩みを抱えてしまい、バイトに行きたくないという気持ちが発生する場合もあります。

特に売り上げや業績に直結する仕事のミスをした時、バイトに行きたくない気持ちが強くなるので、できる限りミスをしないように気をつけないといけません。

 

高校生がバイト行きたくないに取るべき行動

 

多くの高校生が感じているバイト行きたくない。

バイト行きたくない理由について共感していただけたと思いますが、ではバイト行きたくないと思う時はどうすればいいのでしょうか?

 

無理のないバイトスケジュールに調節する重要性

 

バイト行きたくないで確実にできることがスケジュールを調整すること。

 

バイト行きたくないでスケジュールを詰めてしまうと病んでしまいます。

バイト行きたくないのであれば、スケジュールを調整してゆとりのあるスケジュールにしましょう。

 

もし、無理やり入れられてしまうのであれば、試験などで忙しいアピールした上で、赤点取ったらバイト辞めさせられてしまうアピールを店長にしましょう。

店長は人手不足の状況で辞められたら困るので、無理やり入れることはやめるでしょう。

 

もし、それでも無理やりシフトを入れてきた時には、そのバイトを辞めましょう。

店長がバカなのか頭がおかしいのどちらかなので。

 

他のバイト先に変える

 

バイト行きたくないと思うのであれば、バイト先を変えるのもありです。

 

バイト先を変えれば、仕事内容も関わる人も変わります。

バイト先を変えれば見違えるほど状況が変わるケースもあります。

 

全てが変わるので、当然ちゃ当然ですが。

マッハバイトのようなサービスを使ってバイト先を決めれば祝い金で最大1万円もらえたりするので、おすすめです。

 

1万円ってかなりでかいですからね。

バイト先を変えることも1つの選択肢です。

 

マッハバイトでバイトを探す方はこちら

心身をリフレッシュさせることが大切

 

バイトに対して心身ともに疲労が発生している場合があるので、思い切ってリフレッシュさせることが必要です。

身体の疲れを回復させるために昼寝を行ったり、睡眠時間を少しでも増やすことで、身体の疲労を回復可能です。

心が疲れている場合は、趣味やプライベートに没頭することで精神的なリフレッシュを行えます。

どちらも重要なポイントなので、バイトに行きたくないと思っている高校生は自分を少し休ませる事が必要です。

 

バイト先の仕事を一日でも早く覚えること

 

一日でも早くバイト先の仕事を覚えることができれば、戦力として活躍する事ができます。集中しながらバイトを行えば、長時間仕事をしなくても時間を短く感じやすく、あっという間にバイトが終了してしまうケースも少なくありません。

また優秀な高校生として、仕事仲間に好印象を与えられるので良好な人間関係もキープしやすくなります。そこでバイトをしていない時にどのような仕事をするのか予習と復習が大切です。

これによって短期間でも戦力として活躍しやすくなり、バイトをしている時も充実した時間を過ごしやすくなります。

 

バイト行きたくない高校生にアドバイス

 

誰にでもバイトに行きたくないという気持ちは発生しているので、自分だけと考えないことがまず大切です。

そしてバイトに行きたくないという気持ちが発生した時、無理をする必要は全然ないので、心身のリフレッシュをしても全然問題はないです。

ただし無断欠勤はルール違反になるので、絶対に無断欠勤をしないように気をつけないといけません。

少しでも戦力として活躍できるように仕事を早く覚えれば、大変な仕事の中で楽しみを感じやすくなります。

また過度なバイトを行っている高校生の場合、心身に尋常ではない疲労が発生している恐れがあるので、思い切ってリフレッシュすることも必要です。

このように対処をしていけば、バイトに行きたくない高校生も少しずつバイトに行きやすい状況を作れます。

 

まとめ

 

過酷な労働や人間関係などの影響で高校生は、バイトに行きたくないと思う時があります。

もしもこのような状況が発生した場合は、思い切ってリフレッシュしたり、バイトをすることでどのくらいのお金を獲得できるのか改めて計算する事が必要です。

また貴重な戦力として活躍するため、バイト先の仕事を予習もしくは復習することで働きやすくなり、バイトに行きたくない気持ちを払拭させやすいです。

バイトカテゴリの最新記事