記事作成代行に発注する際のポイントとは?!おすすめの業者も合わせてご紹介

   

 

記事の作成依頼を簡単に発注する方法には、記事作成の代行業者やクラウドソーシングサイトを使うことが当たり前になってきています。

その時にはいくつか気をつけるべきことがあり、記事の作成を発注する業者選びやクラウドソーシングサイト選びが重要です。

その他にも、実際に記事を発注する際にも気をつけなければいけません。

そこで、記事作成を発注する際の注意点や業者選びなどを紹介していきます。

記事作成を発注する際に気をつけるべきこと

記事依頼を発注する際には気をつけなければならない点がいくつかあります。

記事を依頼する場合には代行業者かクラウドソーシングサイトに依頼することが多くなると思いますが、一般的には代行業者の方が記事の依頼料は高めとなっています。

また、代行業者の方が専門性の高い記事や求めているレベルの内容の記事などで仕上がりやすいのも特徴です。

ただし、クラウドソーシングサイトの方が納品までスピーディーに終わり低料金で記事を依頼できるので、どちらにするかは依頼する記事の内容によって変わります。

では、実際の記事作成を発注する際の気をつけるべきことを見ていきましょう。

記事作成の代行料金の相場を把握する

 

 

記事作成を依頼する時には代金を支払って代わりに記事を書いてもらいますが、その時の相場というのもある程度把握しておいた方が良いでしょう。

記事とひと言でいっても内容はさまざまあり、難しい内容から誰でも書けるような内容の記事もあります。

その時には記事の内容に対して適正な料金を提示しなくては、受注者も納得して依頼を受けてくれません。

また、記事代行の料金相場を知らないと依頼料が安すぎてしまうケースも発生してしまいます。

そのようなことがないように、記事作成を発注するときはある程度の代行料金の相場を知っておいた方が良いでしょう。

記事作成の発注金額を最初からきちんと提示する

 

記事作成の依頼先が決まったら、最初からどのくらいの金額を支払うのかをはっきり提示する必要があります。

どのような商品取引でもそうですが、記事作成の場合でも同じで記事を書いてくれる代わりの支払う金額を提示する必要があります。

後々のトラブルなどが無いようにするためにも、記事を書いてくれる報酬金額をきっちりと決めてから記事を発注するようにして下さい。

 

記事の内容を提示する時には具体的に分かりやすく依頼指示書を書く

記事作成を依頼する時には、どのような記事を書いてもらいたいかを指示することになります。

その時の依頼指示書や依頼内容のテンプレは、できるだけ具体的な指示を提示してあげると受注者側もどのような記事を書いてもらいたいのかを把握しやすくなります。

また、それらの依頼指示書もできるだけ分かりやすい内容で指示してあげる方が、代行業者や執筆するライターも深く悩まずに執筆することができます。

ただ、あまりにも簡単に支持では逆に良くないので、適度な依頼指示書を提示できるかで納品される記事の内容も変わってきます。

依頼した記事の納品期日を決める

依頼した記事の納品期日を決めることも大切で、納品期日を決めておかなければいつまでたっても記事が納品されてこない事態が起こってしまいます。

納品期日を決める場合もあまり長すぎたり短すぎたりでは発注者と受注者の双方にとっても都合が悪くなってしまうので、記事の内容によって納品期日を調整する方が良いでしょう。

その時も、調べる量が多い記事などではやや長めの納品期日にして、簡単な記事の場合は短めの納品期日にするなどで調整することになります。

依頼先のライターと連絡できる体制をとる

記事を実際執筆するのはライターになるので、できればライターと連絡をとれる体制を取れる代行業者を選ぶ方が良いでしょう。

クラウドソーシングサイトではほとんどが個人への依頼になるので直接連絡をやり取りすることは簡単ですが、代行業者などだと業者を仲介して連絡をしなくてはならない場合もあります。

業者を仲介して連絡をやり取りしてしまうと、時間が掛かってしまうのでできればライターと直接連絡できる体制をとれるようにした方が、発注者とライターの双方にとってもメリットがあります。

記事作成を発注する際の業者選びのポイント

続いて記事作成を発注する際の「代行業者」を選ぶ時のポイントをいくつか見ていきましょう。

現在の日本での記事代行業者の数は数十社ほどになり、それほど多いとは言えません。

ただ、代行業者によって特徴があり得意としている分野もあるので、記事作成を代行業者に依頼する際にはそれぞれの代行業者の特色を把握しておいた方が良いでしょう。

依頼したい記事の内容に合わせて選ぶ

前述したとおり代行業者によって得意ジャンルの記事があり、依頼したい記事の内容に合わせて代行業者を選ぶとレベルの高い内容の記事を書いてもらえることができます。

記事にはさまざまなジャンルがあり法律関係の記事やアダルト系の記事、その他にもガジェット系、医療系、グルメ系、美容系とありとあらゆるジャンルの記事があります。

これらのジャンルはある程度代行業者ごとに棲み分けされている部分もあるので、依頼したい記事に合わせて代行業者を選ぶことをおすすめします。

創立年数の長い代行業者ならば安心

代行業者を選ぶ際にはどのくらいの実績があるのを見ておく必要があり、あまり創立して間もない代行業者を選ぶことは避けた方が良いでしょう。

創立年数の長い代行業者のほうが安心して依頼することができるので、最低でも5年以上の実績を持っている代行業者がオススメになります。

また、実績の長い代行業者ならば保有しているライターの数も多いので、得意ジャンルも豊富にあり納品期日なども適切に守ってくれます。

代行業者の創立年数を知るためには、代行業者の公式ホームページなどにある会社運営のページを見ることで知ることができます。

SEO対策に優れている業者を選ぶ

 

SEOとは「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイズ)」の略称で、インターネットでの検索エンジンの最適化を意味しています。

そのSEOをすることによって検索結果の上位に表示させることができ、今では主にGoogleを主体としたSEOによる対策が行われていて総じて「SEO対策」などと呼ばれています。

そのSEO対策はネット記事を掲載する上ではかなり重要で、検索結果の上位に来ればその分記事を読んでくれる人の数もたくさん増えます。

検索上位にくればアフィリエイトなどの報酬も増えて、記事を掲載するだけでまとまった収入を得られることができます。

そのため、SEO対策に優れている代行業者を選ぶことで納品されてくる記事も検索結果の上位に表示されやすくなり、より多くの人に読んでくれる状態にすることができます。

代行業者のシステム形態を把握する

記事の作成を依頼する代行業者の内部システムはさまざまな形態をしています。

具体的には、受注した記事の執筆を社内ライターが執筆するのか、外注依頼による在宅ライターが執筆するのかで分かれます。

記事の内容のレベルを高く保ちたいのであれば、前者の社内ライターが執筆する形態の代行業者を選ぶ方が良いでしょう。

また、社内ライターが執筆している方が連絡を取りやすいメリットもあるので、外注ではやや不安な依頼者の場合は代行業者の社内ライターが在籍している業者を選ぶことをオススメします。

それとは逆に、外注による在宅ライターに執筆を依頼している代行業者を選ぶとコストを安く抑えて発注することができます。

あまり低料金の代行業者を選ばない

代行業者に記事を依頼する場合にはできるだけコストを抑えて発注したいものですが、あまりにも安い料金の代行業者はお勧めしません。

依頼料金が安い代行業者はほとんど外注による在宅ライターによって執筆されています。

また、ライターの選別もハードルが低くあまりレベルの高い質のいい記事の納品を期待する事もできません。

そのため、ある程度の金額を求めて記事依頼を募集している代行業者の方がライターの質やレベルも高い場合が多いので、安すぎなず適度な料金を設定している代行業者を選ぶことをオススメします。

記事作成発注をおすすめできる業者

記事作成を発注する際におすすめの代行業者を紹介します。

記事の内容にあった代行業者を選ぶことで、質のいい内容が濃い記事をライティングしてくれます。

 

ハピスキ

 

まず1つ目におすすめする記事制作代行業者がハピスキです。

 

ハピスキは優秀な編集者によるコンテンツマーケティングのコンサルや記事の納品を行っています。

400万PVを誇るオウンドメディアの総編集長などが在籍し、かなりSEOに強い編集者が揃っています。

 

ハピスキの記事制作の特徴は、SEOに強い編集者がよくなるまでフィードバックをし続けるところです。

よくなるまで修正させるので、当然SEOに強い記事が納品されてきます。

 

ここまで優秀な編集者が手間をかけている記事制作の業者はほとんどないので、かなりオススメしている記事制作業者になります。

 

■優秀な編集者の例

・個人でメディア売却して数千万円の利益

・オウンドメディアを5ヶ月でPV数25倍に伸ばす

・金融系ブログで150万PV

・個人で立ち上げたブログ5ヶ月で37万PV達成

 

 

 

サグーワークス

サグーワークスは2006年に創立した株式会社ウィルゲートが運営している記事代行業者です。

SEO対策にも強く国内では最大級の代行業者になり、大手IT企業なども自社のホームページの記事の執筆などを依頼しています。

登録しているライターの数も20万にと非常に多く、高品質な記事を的確にアサインしてくれます。

依頼する文字単価も2円前後とそれほど高くはないので、コストをさえて質の高い記事をライティングしてもらうことができます。

ZETTON(ゼットン)

ゼットンはデザイングループの傘下にあり、株式会社デザインが運営している記事の代行業者になります。

1記事の平均単価は0.7円とコスパが良くて、納品期日の最速翌日の納品にも対応することができます。

1000記事以上の依頼にも対応することができるので、企業による公告ライティングなどにも精通しています。

発注してから納品されるまでは、専属のディレクターが付いてすべてを取りまとめてくれるので、記事の内容をディレクターに丸投げすることもできます。

記事作成代行屋

記事作成代行屋は株式会社センターグローブが運営している代行業者で、記事単価が高いことで知られています。

記事単価は高いですが依頼満足度がとても高く、高単価の記事代行業者の中でも人気がある業者となります。

1文字単価では6.5円とかなり高額な受注料金を設定していますが、画像の添付枚数の制限がなく、出来上がった記事もそのままサイトに投稿をしてくれます。

他の記事代行業者よりも単価は高めですが、付加価値のサービスが充実しているのがメリットになります。

記事作成発注をおすすめできるクラウドソーシングサイト

続いて代行業者ではなく、記事の依頼を外注のみしか行っていないオススメのクラウドソーシングサイトを紹介していきます。

クラウドワークス

クラウドワークスは国内最大級のクラウドソーシングサイトになり、2011年に設立されました。

依頼案件などもとても多くたくさんのフリーランスも在籍しています。

依頼形式は「タスク」「コンペ」「プロジェクト」の3つの形式があり、タスク形式の方が多くのライターによって執筆を依頼することができます。

一方、コンペやプロジェクト形式ではライターを募集する形になり、こちらからライターを指名して依頼することもできます。

どちらの依頼をするにしても全て無料で依頼することができ、ライターが支払う手数料がクラウドワークスの取り分として運営を維持できています。

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと肩を並べるほどの規模の記事代行業者になります。

クラウドワークスと比べると、クリエイティブな仕事依頼が多いですが記事のライティングの発注もすることができます。

ランサーズの依頼形式もクラウドワークスと同じく「タスク」「コンペ」「プロジェクト」の3つの形式から選ぶことになります。

料金も無料で利用することができ、ライターのみの報酬を先払いすることで依頼を募集することができます。

Bizseek(ビズシーク)

ビズシークは2013年から創業していて約6年の運営実績があるクラウドソーシングサイトです。

システム手数料が業界内でもトップクラスの安さなので、多くのライターが登録しています。

依頼形式は「コンペ」と「プロジェクト」の2つの形式になります。

コンペ形式では数多くのライターから募集を受けて最も質の高い記事を選ぶことができます。

一方、プロジェクト形式では直接ライターと金額を決めながら記事の作成を依頼することになります。

ビズシークではどちらを利用するにも無料となっているので、クラウドソーシングサイトの中でもオススメのサービスになります。

まとめ

記事作成の発注する際のポイントは、記事の内容にあった代行業者やクラウドソーシングサイトを選ぶことになります。

また、記事の依頼を実査にするときにもいくつかの注意点があり、ライターとの連絡を取りやすい状態にする方がスムーズに仕事を依頼することができます。

今では多くの記事作成の代行業者やクラウドソーシングサイトがあるので、金額の相場などを調べる意味でもいくつか業者やサイトを事前にチェックしておくことをおすすめします。

 - マーケティング, 記事制作