記事作成代行業者のおすすめは?料金や特徴を徹底比較!

NO IMAGE

最近では、読み手が必要とする情報を発信し、見込み客を獲得するオウンドメディアやコンテンツマーケィングの重要性が増しています。

 

しかし、いざオウンドメディアを始めようとしても記事作成するのって想像以上に大変ですよね。

そこで、記事作成代行を頼もうと検討しても以下のような課題を感じているのではないでしょうか?

 

「どこに出したらいいのかわからない・・」

「どこも似たりよったり」

「記事作成代行業者の選び方のポイントがわからない」

 

 

そんな悩みを解決するために私は記事作成代行に関して徹底調査を行い、以下の4つの軸でおすすめの記事作成代行業者を選定しました。

 

記事の質が高い

安さが魅力

大手、実績豊富

スピード納品が可能

 

かなり調査した結果なので、役に立つ内容になっていると思います。

それでは、おすすめの記事作成代行をご紹介します。

 

 

おすすめの記事作成代行①レベルが高い

 

コンテンツマーケティングやオウンドメディアでは、記事の品質は非常に重要です。

 

ひと昔前までは、更新頻度が高くキーワードがたくさん盛り込まれていれば、検索上位に表示されていました。しかし、検索エンジンが改良されるに従い、読み手が本当に必要とする記事しか上位表示されなくなってきています。

webマーケティングを成功させるためにも、記事の品質にはこだわりたいものです。品質重視の方におすすめの記事作成代行業者を3つご紹介します。

 

ハピスキ:業界TOPクラスの編集者が在籍

 

多様なサービスを展開する高品質な記事作成代行業者です。

 

ハピスキの強みは、数百万PVのオウンドメディアの編集長や月数百万円を稼いでいるアフィリエイターなど優秀な編集者が多数在籍しています。

これだけ優秀な編集者を抱えている記事納品代行はほとんどありません。

 

この優秀な編集者がライターの選定・教育を徹底的に行うことで、SEOに強い良質な記事を作成しています。

優秀な編集者が編集を行うため安くはありませんが、SEOに強い良質な記事が納品されます

 

SEO対策を重視する方、メディア戦略についてアドバイスを受けたい方にはぜひおすすめしたい記事作成代行業者です。

 

ハピスキの記事作成代行はこちら

 

記事作成代行ドットコム

 

記事作成代行ドットコムには、1文字1円のおまかせコースと1文字2円から8円のこだわりコースがあります。

 

こだわりコースでは、新規サイトの作成やコンテンツ内容の企画提案などすべてを代行してくれます。

単価が高くてもすべてをお任せしたいという方におすすめの記事作成代行業者です。専門性の高い記事にも対応しており、自然な文章でコンテンツSEOの対策をしてくれるのも安心です。

 

 

 

女性ライターが多数在籍していることも特徴です。

ただし、指定できるのは文字数やキーワード、禁止文字や文調で、ライターを指定することはできません。

 

記事作成代行ドットコムのお問い合わせはこちら

 

 

記事作成代行サービス

 

記事作成代行サービスは、1文字9円という高単価・高品質を売りにしている記事作成代行業者です。

 

経験豊富な編集者、厳選されたライターによる完全オリジナル記事が強みです。キーワード収集から誤字脱字チェック、コピペチェックまですべて対応してくれるので、社内で面倒なチェック作業をする必要がありません。

記事作成代行サービスは、良質な記事を作成するためにもヒアリングを重視しています。

 

web上でお手軽に依頼したいという方にはおすすめしません。

また、高品質を維持するため、納品までのスケジュールはヒアリング後20日程度と長めに設定されています。

 

記事作成代行サービスのお問い合わせはこちら

 

おすすめの記事作成代行②安い

 

ここまで、SEO対策も万全の良質な記事作成代行業者をご紹介しました。

 

しかし、初めて記事作成代行業者に依頼する場合や、広告費予算が限られている場合もあるでしょう。そんなときは、まずは価格の安い記事作成代行業者を選ぶのも一つです。

続いて、コスパ重視で低価格で記事作成代行を依頼したい方向けに、おすすめの記事作成代行業者を4つご紹介します。

 

フジ子さん

 

フジ子さん

 

まず最初にご紹介する安さが魅了な記事作成代行はフジ子さんです。

 

フジ子さんは優秀なアシスタントを抱えいている業者で、文字単価ではなく時給換算で仕事を受けています。

一番安いプランだとその時給が1,590円とびっくりするくらいの安さです。

 

また、記事作成代行だけではなく事務や経理などのバックオフィス系の業務を丸っと引き受けてくれます。

記事作成以外でも人手が足りていない企業さんにおすすめです。

 

 

フジ子さんの公式サイトはこちら

ココナラ

 

ココナラは記事作成に限らず、誰もが知識やスキルを自由に販売できるサービスです。

 

出品者として登録すれば、翻訳やイラスト作成など自分の特技を商品として出品できます。購入者は出品された商品を選び、ココナラを通じて商品を購入することができます。

このように出品者と購入者をつなぐことがココナラのサービスの特徴です。

 

ココナラでは、記事作成代行の案件も多数出品されています。

ココナラの料金設定は個々の案件によって違うため、一概にはいえません。

 

ただ、中には1文字0.5円以下で記事作成代行の依頼を受けてくれる出品者もいます。

ココナラを利用するメリットは、一般的な記事作成代行業者を利用するよりはるかに安く記事作成代行を依頼できる点です。

 

運よく良質な出品者との出会いがあれば、広告費を抑えることができるでしょう。

一方で、記事の質を維持しにくいというデメリットもあります。

出品者が突然サービスを中止してしまうことも考えられます。

 

ココナラを利用する場合は、そういった場合のリスクヘッジも検討しておきましょう。

 

ココナラの公式サイトはこちら

シュフティ

 

コスパ重視で記事作成代行を依頼したい方におすすめのクラウドソーシングサイトです。

 

クラウドソーシングとは、仕事を依頼する発注者と仕事を引き受ける受注者をマッチングするサイトで、受注者は一定の手数料を負担する必要があります。

 

シュフティの登録者には本職のライターもいますが、副業ライターや主婦層が中心で、文字単価0.3円から0.5円の案件も多数あります。

ただし、依頼をしたからといって望むライターがすぐに見つかるとは限りません。

 

また、短期で働きたい方や仕事の片手間にライターをしている方が多いことから、継続発注や大量発注が難しいというデメリットもあります。

 

シュフティの公式サイトはこちら

記事作成センター

 

1文字1.5円のサービスと、1文字0.9円の格安サービスがあります。格安サービスでは、既に執筆が完了した記事を即購入することができます。

 

他にも、リクエスト記事をまとめて発注したり、商標ページを依頼したりできるサービスがあり、割引も設定されています。

広告費が限られている場合、自由度は下がりますが、格安サービスを利用してみるのもいいかもしれません。

 

ただし、希望に合う商品があるか小まめにサイトをチェックして記事作成代行を依頼する必要があります。

1文字1.5円のサービスだと、ライターアサインや誤字脱字チェック、コピーチェックなどすべてに対応してくれます。

 

また、内製ライティングなので記事の作成数や納期に関して臨機応変に対応してくれるでしょう。

 

記事作成センターの格安サービスはこちら
記事作成センターのコンサルサービスはこちら

おすすめの記事作成代行③大手

 

ここまで、品質よりも低価格にこだわった記事作成代行業者をご紹介しました。

記事作成代行を依頼するときは、品質も価格もそれぞれ重要な判断基準です。

 

期待する効果や広告費予算を考慮して、ぴったりの記事作成代行業者を探しましょう。

続いて、大手の記事作成代行業者を3つご紹介します。

 

クラウドワークス

 

日本最大級のクラウドソーシングサイトです。発注者が代行を依頼したい記事の情報や報酬などの条件を掲載し、興味を持ったライターが応募するという形式が一般的です。

 

ライターが多数在籍しているため、一般的な条件であれば案件を募集しても書き手が全く見つからないということはありません。

文字単価は案件によってさまざまです。

 

専門性の高い記事であれば5円以上など高めの設定がされている場合もあります。逆に誰もが書ける内容であれば、文字単価0.5円の案件もあります。

シュフティと比べると、クラウドワークスはフリーランスのライターや専業ライターが多いのが特徴です。フリーランスのライターであれば、即日納品などにも臨機応変に対応してくれる場合があるでしょう。

 

ただし、複数の応募者の中からライターを選考したり、執筆依頼の際に個別にマニュアルを渡したりと、事務負担がかえって増えてしまう可能性もあります。

 

クラウドワークスの公式サイトはこちら

ランサーズ

 

クラウドワークスと並び日本最大級のクラウドソーシングサイトです。案件の多さではクラウドワークスに勝るといわれています。

 

文字単価は案件によってさまざまで、0.5円の低価格の案件もあれば、5円以上の高単価の案件もあります。

クラウドワークスと同様に臨機応変な案件の掲載ができることがメリットですが、登録手続きやライターの選考・進行管理には膨大な事務作業が発生します。

 

進行管理を仕組み化したり、長く継続して付き合えるライターを探すなど、ランサーズの活用の仕方を工夫する必要があるでしょう。

 

ランサーズの公式サイトはこちら

 

サグーワークス

 

記事作成代行に特化したクラウドソーシングサービスです。

 

クラウドワークスやランサーズと比べると低い文字単価の案件が多いという特徴があります。

ライターの獲得や納期管理などをサグーワークスが担ってくれるため、事務作業の負担に悩まされることがありません。

 

一方、サグーワークスはクラウドワークスやランサーズと違って利用料が発生します。

オンラインで発注作業が完結するプランや高品質な記事を依頼するプランなど、いくつかのプランがあるので、自分の会社に合ったプランを選びましょう。

 

サグーワークスのHPはこちら

 

 

おすすめの記事作成代行④スピード納品

 

ここまで、大手の記事作成代行業者をご紹介しました。

クラウドワークスやランサーズには、多数の案件を掲載できる、数多くのライターから選考できるなど大手ならではのよさもあります。

しかし、クラウドソーシングサイトの活用には経験やスキルが必要とされるため、事務負担の増加にはくれぐれも注意しましょう。

最後に、スピード納品に特化した記事作成代行業者を3つご紹介します。

Shinobiライティング

 

100記事を最短3日で納品するスピード納品が強みの記事作成代行業者です。webフォームに入力して発注するというweb完結型なので、担当者に負担がかかりません。

また、独自のコピペチェックシステムで厳重に記事を精査しているため、品質にも一定の安心感があります。

Shinobiライティングでは1文字1円から依頼できます。

登録ライターも31万人超で、多様なジャンルに対応できる記事作成代行業者といえるでしょう。

 

Shinobiライティングのお問い合わせはこちら

ZETTON

 

最短翌日のスピード納品を強みとした記事作成代行業者です。

1記事から発注可能なのも、お試しで記事作成を代行したい場合には嬉しいですね。同時に、1000記事以上の大量発注にも対応しています。

ZETTONでは、ディレクターが発注や管理業務を担ってくれるため、事務負担を軽減することができます。

また、エクセルやワードの他にwebサイトに直接書き込むスタイルの納品にも対応しています。記事作成代行は、1文字0.7円から依頼できます。

 

ZETTONのお問い合わせはこちら

コンテンツウォーカー

 

基本料金の20%増となりますが、エクスプレス短期納品というプランがあります。

コンテンツウォーカーでは、初回割引などさまざまな割引やオプションが用意されているので、コスパ重視で記事作成代行を依頼したい方にもおすすめです。

通常コースやこだわりコース、プレミアムコースなど複数のコースが用意されており、依頼できる内容や納品ファイルの指定など、サービス内容が異なります。

ライター指名ができるのもコンテンツウォーカーの特徴です。記事作成代行は1文字0.8円から2円で依頼できます。

コンテンツウォーカーのお問い合わせはこちら

 

 

まとめ

記事作成代行業者の特徴や料金を比較し、ご紹介しました。
これから記事作成代行を依頼したい方の参考になれば幸いです。記事作成にはノウハウがあり、自社でそれに取り組もうとすると膨大な時間がかかり、社員にも負担がかかってしまいます。

記事作成代行業者を賢く活用することで、最新のSEO対策やwebマーケティングの手法を知ることができ、大きな広告効果が望めるでしょう。

ビジネスカテゴリの最新記事