記帳代行の費用の相場!相場から考えるおすすめの記帳代行特集

NO IMAGE

 

「毎回、自分で記帳を行うのが面倒。」

「経理スタッフが突然辞めてしまって、対応が大変。」

 

このような記帳に関するお悩みの企業・個人事業主の方は多いのではないでしょうか?

そこで今、注目を集めているサービスが「記帳代行」です。

 

記帳代行を含む経理の業務では「売掛帳」「買掛帳」 「総勘定元帳」など様々な記入が必要となり、取引先が増えれば増えるほど、業務は増えていきます。

もともと、経理経験のある人であれば問題なく行える業務ですが、個人事業主になってはじめて記帳を行うケースも少なくありません。

 

その場合には、記帳に関する業務だけで四苦八苦してしまい、本業に集中できないという事態にも陥りかねません。

また、企業の場合は、突然、経理担当者が辞めてしまうなどのリスクがあり、その度に引き継ぎなどで時間がかかってしまいます。

 

そのようなリスクを軽減させるためにも、記帳代行サービスの利用を検討しましょう。

ここでは、記帳代行の費用・相場や、おすすめの記帳代行サービスをご紹介します。

 

記帳・経理業務にお悩みの方は、是非、参考にしてみてください。

 

 

記帳代行の費用・相場について

 

記帳代行の費用相場を知る前に、記帳代行に依頼するメリットについてみていきましょう。

 

記帳代行サービスを利用すると様々なメリットが得られますが、費用の相場はどれくらいなのでしょうか?
まず、記帳代行サービスは基本的に月額で支払うケースが多く、仕訳数(領収書や伝票の枚数の事)によって費用が増減するケースが一般的です。

 

一方で、月30時間で月額○円など時間制で費用を設定している代行サービスもあり、契約時間を超えるごとに追加料金が発生する場合もあります。

 

・月額料金の相場(仕訳数の変動)
50仕訳以下:5,000〜6,000円
100仕訳以下:10,000円前後
200仕訳以下:15,000〜17,000円
300仕訳以下:20,000〜21,000円
400仕訳以下:25,000〜29,000円
401仕訳以上:30,000円~

 

・月額料金の相場(時間制)

月額:70,000〜120,000円(約30時間)

月額料金制度(時間制)の場合、割高のように思えますが、基本的には経理全般の様々な業務を依頼できるケースが多いです。

 

 

費用相場から考えるおすすめの記帳代行

 

ここまで記帳代行サービスの費用相場をご紹介してきましたが、それらを踏まえた上で、おすすめの記帳代行サービス3つをみていきましょう。

 

HELP YOU

 

HELP YOUは、月額料金制度(時間制)を取り入れており、費用は80,000〜100,000円(30時間)と高いように思えるかもしれません。

 

ただし、HELP YOUの場合は、記帳代行だけでなく、そのほかの業務全般を社員を雇っている感覚で依頼する事ができます。

 

記帳・請求書や見積書などの作成・事業計画書の作成・売り上げ管理のほか、オフライン業務としては、名刺・書類のスキャン、領収書などのファイリング、書類郵送なども依頼する事が出来るので、企業やお金の流れが激しい自営業の方には特におすすめのサービスです。

 

HELP YOUは、採用率1%という狭き門を潜ってきた優秀な人物だけが揃っています。また、1人のみで対応するのではなくチーム制を採用していますので、1人では対応できない業務にも対応する事が可能です。

 

さらに、専属ディレクターが付きますので、長く継続して付き合うほどにノウハウが蓄積され、業務の効率化などをすすめていく事ができます。それを裏付けるようにHELP YOUの継続利用率97%以上の実績を誇っています。

 

・料金体系(月・30時間)
エコノミー(3ヶ月)
月額料金:100,000円(税抜)
すぐに依頼したい業務がある場合

ビジネス(6ヶ月)
月額料金:90,000円(税抜)
複数の業務改善を希望の場合

ファースト(12ヶ月)
月額料金:80,000円(税抜)
長期的な業務を依頼したい場合

フジ子さん

フジ子さんは、記帳代行だけでなく、必要な時に必要な仕事を依頼する事が出来るオフラインアシスタントサービスです。
なお、他社と比べると費用がお手頃で業界の水準のおおよそ半額でサービスを提供しているところが魅力の一つです。
経理業務を依頼したい場合には、税理士事務所で五年以上の勤務経験を持つスタッフなど経験豊富なスタッフが対応してくれます。
そのほか、人事・総務・WEB運用など様々な業務を依頼する事ができ、必要な時に必要な時だけメール・電話で仕事を依頼する事ができ、業務が少ない月には
月額利用料が安いプランに変更できるなど柔軟に対応してもらえます。

・料金体系
1週間トライアル:無料
月額料金(20時間):4,7000円
月額料金(30時間):6,9000円
月額料金(50時間):9,9000円

業務量に応じてプラン変更・翌月解約も可能ですので、決算・確定申告の忙しい時期にだけ依頼でき、コストも抑える事ができるので、
個人事業主の方にもおすすめのサービスです。

バーチャル経理アシスタントbyメリービズ

メリービズでは、チームで作業を取り組んでいますので、長期的に安定した品質が提供できるサービスです。
なお、最大で400名が同時に作業を行う事ができますので、急ぎの業務に関してもスピーディーに対応してもらう事が可能です。
また、メリービズでは、簿記2級以上・経理経験3年以上・独自テスト90点以上・PC操作テスト合格など厳しい条件をクリアした人材とのみ契約を結んでおり、
本人確認書類の提出を義務づけており、秘密保持契約・個人情報保護契約書を結ぶなど品質・安全面に対して徹底しています。

・料金体系
ロボット経理(入力補助)
月額料金:9,800円
レシート・領収書のみの対応プランで、独自のルールに沿って仕訳入力を行うプランです。
サポートはメールのみの対応です。

バーチャル経理アシスタント
月額料金:総額150,000円〜(要見積もり)
記帳代行だけではなく、企業の状況に合わせた最適な業務を代行するプランになります。
プランは主に2つあり、自社の業務フローに合わせて業務を依頼したい・経理スタッフの採用に悩んでいる等の場合は、カスタマイズプランをおすすめします。
一方で、税理士と相談して、入力から申告まで全てをお願いしたい・申告料を安くおさえたいなどの場合には税理士プランがおすすめです。
ロボット経理とは違い、メール・電話・対面でのサポートを行なっています。

個人事業主の方で、基本的に記帳・申告は自分で行いたいけれど、レシート・領収書の整理・入力などが面倒という方には、ロボット経理がおすすめです。
なお、バーチャル経理アシスタントは企業でスタッフを雇うリスクや費用を抑えたい方におすすめです。相場よりは若干、費用は高めですが、
自社の業務フローに合わせて業務を依頼する事が可能です。

まとめ

記帳・経理業務は自分で行う事ができますが、経理経験などが無い場合は、1から知識を身に付けて調べながら業務を行う必要があるので、
多大な労力が必要となってしまいます。

その場合、本業に支障が出てしまうケースも少なくありません。
一方で、費用はかかりますが記帳代行サービスを利用する事で、時間を有効活用できますので、本業に専念する事が出来るだけでなく、
ミスなどのリスクをおさえたり、節税に繋がる場合もあります。

記帳・経理業務でお悩みの方は、様々な記帳代行サービスがありますので、記帳代行の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

バックオフィスカテゴリの最新記事