記帳代行の失敗しない選び方!記帳代行だけをやっている会社は要注意

NO IMAGE

 

今や記帳代行はかなり浸透してきたサービスの1つと言えます。

自社の主業務とは異なる業務を得意な人に依頼をする事で、本来やるべき業務にだけ集中する事が出来るという意味では非常に画期的な仕組みです。

しかし、そんな画期的な仕組みだからこそ間違えてはいけないいくつかのポイントがあります。

ただ、サービスの選び方に関する記事や情報はあまりないため、今回は記帳代行を選ぶ際に失敗しないための具体的な選び方のポイントについてご紹介をしていきます。

これから記帳代行サービスを選ぼうと考えている人は是非参考にしてみてください。

 

失敗しない記帳代行の選び方

連絡が遅いところは要注意

 

それでは早速見ていきましょう。

先ず、注意をしたい点としては、レスポンスがどれだけ早い会社かどうかという事です。

例えばメールで問い合わせをすると通常自動送信メールというものが送られてきます。

その後、どれだけ早く担当者から連絡が来るかは1つ注目しておくと良いかもしれません。

というのも、お客様の問い合わせに対してどれだけのスピード感を持って対応している会社であるかどうかがそこから分かるからです。

レスポンスが早い会社は何か問題があって問い合わせをした時も比較的早く対応をしてくれる傾向にあります。

一方で対応が遅い会社はそういった有事の際にも腰が重い可能性があります。

これはあくまでも可能性の話ではありますが、人間が習慣の動物である以上は十分に判断をつけられるポイントになります。

お客さんが取れるかどうかがかかっている問い合わせに対してレスポンスが遅ければそれよりも腰が重くなる緊急対応迅速に動いてくれる可能性は極めて低いです。

意識してみるとかなり使えるサービスの選び方である事が分かってきます。

 

記帳代行だけをやっている会社は要注意

 

次に気をつけたい点としては、その会社がメインでやっている業務が何かを見極めるという事です。

通常はホームページの上の方にあるものほどその会社が買って欲しい商品になりますので、ある程度判断がつきます。

ただし、そのあたりが意識されていないホームページを作っている会社もあるので一概には言えません。

ただし、1つ言えるのは経営コンサルなどの上級商品がある会社であれば少なくとも他社の成功事例などを多少なりとも共有してもらえますが、記帳代行がメインでという会社になるとそれ以上の発展が全く見込めません。

自社に取り入れられる見習うべき点も少なくなってしまうので、差が微々たるものであるのであれば思い切って多少高くても良い商品を提供しているサービスを選んだ方が良いです。

結果的にその方が後々から自社のビジネスをやっていくうえでのヒントとなる情報だったりするため、チャンスが広がっていきます。

そこは投資と割り切ることも大切なサービスの選び方です。

 

定期的な打ち合わせがないところは要注意

 

定期的に打ち合わせをしないという所も要注意です。

最悪なのは、一年に一度確定申告の前だけ貯めておいた領収書を渡して仕分けと決算書の作成を依頼するというやり方をしているところです。

そもそも会計自体が企業の現状位置を把握するための重要な要素であるにも関わらず、それを分かっているのかいないのかは別にしろ1年に一度しかやらないという事を承認している会社という事になりますので、信用してはいけません。

それは本来の会計の目的と異なるからです。

仕事が出来る人や伸びている会社ほど毎日ミーティングをして数字に対して向き合っているものですので、その点は絶対に譲ってはいけません。

少なくとも月に1回の月次は実施しているような状態を作らなければいけません。

週次でミーティングを開催しないという事は週次で毎週話せる内容がない=ベースとなるノウハウがないという事になるので、はなからそんな姿勢の相手にサポートに入ってもらっても先が見えていますから、かなり重要な選び方と言えます。

 

ホームページが更新されていないところは要注意

 

これは意外に思うかもしれませんが、ホームページが更新されていない会社も要注意です。

なぜならホームページは会社の集客ツールとして最も身近にお客様の目に触れるところなのにそのツールに対する意識が薄いという事は、そもそも経営自体にあまり興味がない可能性があるからです。

場合によってはブログでも構いません。

ホームページ、ブログのいずれも更新されていないような会社は考えたほうが良いでしょう。

もちろん一部業務を委託するわけですから全体を知る必要性は無いのですが、会計自体が性質上あくまでも経営活動を行っていくためのものですので、そこに携わる業務を行っている人が興味を示さないというのは何のためにやっている業務なのかを理解せずに形だけ先代を真似してやっている可能性が高いからです。

もちろんそれでも大丈夫というのであれば、それは人によって重視する度合いが違うので絶対的にダメというわけではありません。

 

周りの意見も参考に

 

これは記帳代行に関わらず言える事ですが、何か今まで利用した事がないサービスを新しく利用するのであれば周りで同じサービスを利用した事がある人に素直な感想を聞いておくことをオススメします。

商品を扱っている会社の営業マンと違って会社との利害関係がない利用者が純粋に感じた事を聞いておくとその商品に対して良いイメージを持てるか、悪いイメージになるかがハッキリします。

その時点で違和感を覚えるようでしたら実際に利用した時にまず間違いなく違和感を感じるようになるでしょうから、利用を控えた方が良いかもしれません。

他社の意見も素直に聞く事で我が身を助ける事がありますから、聞ける意見は聞いておくことをオススメ致します。

ただし、聞くべきは一次情報のみです。その人が別の人に聞いた話など二次では単なる伝言ゲームで全く意味がないので、実際に利用してみてのリアルな感想のみにとどめておくのが賢い選び方です。

 

話を聞かないところは要注意

 

これも記帳代行にかぎった事ではありませんが、会計事務所にしろオンライン秘書サービスにしろ窓口担当の方もしくは、つないで頂いた営業の方がこちらの話を一切聞く耳持たず商品の説明だけをするところも気をつけましょう。

本来であれば商品というのは相手が何を求めるかによって打ち出すべきポイントが変わってきます。

また、記帳代行を考えてもその会社がどのような意図で代行を頼んでのかを知らなければそもそも提供するべきサービスもままなりません。

その点がキチンしているかどうかで長く付き合えるかどうかは判断できますので、是非意識してみてください。会う、もしくは電話口でも1分もしゃべっていれば違いが分かるはずです。

 

オンライン秘書とは!?オンライン秘書を使うメリット、デメリット

 

失敗しな選び方から考えるおすすめの記帳代行

 

それでは、最後にここまで紹介をしてきた失敗をしない記帳代行の選び方の基準を元に、オススメをするサービスについていくつかご紹介をして締めくくりたいと思います。

これからサービスを決めていくという方には多少なりとも参考になるかとは思いますので是非、ご覧ください。なお、ここで紹介をするサービスはあくまでオンラインでのサービスに特化します。

理由は、せっかくサービスの選び方を知っても地域性による違いで差が出ては意味がないので、全国どこにいようが同じ質のものを享受できるため、より多くのユーザーにとって有意義な情報になるからです。

 

HELP YOU

 

1つ目に紹介をするのは、「HELP YOU」というサービスです。

選りすぐりの100人に1人という採用基準で選ばれた精鋭チームによるサポートを受ける事が出来るので、質が高い事が特徴です。

また、記帳代行という限られた業務だけでなく他の事でもちょっと頼みたいという事が出てきたときに業務委託の方のようにこの業務だけをやってと限定しているわけではないので、非常に企業としては使い勝手が良いです。

対応している分野も非常に豊富です。

1年以上の継続率は97%で、かなり評価の高いオンライント秘書サービスです。

 

HELP YOUの詳細・申し込みはこちらから
オンライン秘書サービス比較表!16社を調べました。費用、おすすめなど

 

フジ子さん

 

2つ目に紹介をするのは、「フジ子さん」というサービスです。

こちらは何と言っても費用対効果の面でオススメです。

先ほど紹介した「HELP YOU」と同じく複数の分野のサービスを提供していますが、料金体系が業界では最安値ですし、月ごとに契約のプランを見直す事が出来るので柔軟に使い分けをする事が出来ます。

 

フジ子さんの詳細・申込みはこちらから

フジ子さん!今話題のオンラインアシスタント。評判はどうなの?費用は?

 

バーチャル経理アシスタントbyメリービズ

 

3つ目に紹介をするのは、「バーチャル経理アシスタントbyメリービズ」というサービスです。

こちらは会計に関する業務に特化したサービスを提供しているため、クオリティの面で非常に定評があります。

採用基準も資格や実績などを考慮した厳しいものになっているためクライアントとしても顔が見えないオンライン上のサービスであっても安心して仕事を依頼する事が出来ます。

 

メリービズの詳細・申し込みはこちらから

 

まとめ

 

いかがでしたでしょう。

ここまで記帳代行のサービスを選択する際に失敗しないために意識をしたいポイントについて

 

「連絡が遅いところは要注意」

「記帳代行だけをやっている会社は要注意」

「定期的な打ち合わせがないところは要注意」

「ホームページが更新されていないところは要注意」

「周りの意見も参考に」

「話を聞かないところは要注意」

 

の6つのポイントを紹介致しました。

そして、それを踏まえた上でのおすすめのサービスに関して「HELP YOU」「フジ子さん」「バーチャル経理アシスタントbyメリービズ」の3つのサービスを紹介しました。

いずれも非常に優秀なスタッフの方を揃えているサービスですので、これからオンラインアシスタントサービスを使っていきたいと考えているのであればおすすめです。

特に会計業務というのは一度やり始めるとやり方を変えるのが凄く大変になります。

ですので、たかが記帳代行と甘く考えるのではなく、キチンとサービスの質や料金などを比較して検討してみてはいかがでしょうか。

上手く利用出来れば優秀なアシスタントの力を社員として高待遇しなくとも借りる事が出来るので百人力です。

バックオフィスカテゴリの最新記事