経理をアウトソーシングするメリット、デメリット!おすすめの業者はどこ?

NO IMAGE

今や企業にとって経理業務をアウトソーシングすることは、珍しい事ではありません。

 

銀行の窓口業務が派遣社員で構成されている世の中です。

企業の経理担当者もアウトソーシングで対応していても何ら疑問はわかないはずです。

 

とは言うものの、経理業務をアウトソーシングすることが果たして会社にとってメリットがあることなのかどうかというのは、経営者の立場であれば誰でも疑問を抱くことには間違いありません。

そこで今回は、経理をアウトソーシングする際に注目すべきポイントをまとめてみました。

 

経理をアウトソーシングするメリット

 

そもそも「アウトソーシング」と「外注」は似ていますが異なる言葉です。

 

今回は経理をアウトソーシングするということですからコアな業務を行うという事、そして企画を作り出すことからとの規格を遂行するまで、トータルで委託することができるというのが強みであり、外注との決定的な違いということになります。

では実際に経理をアウトソーシングすることでどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。

 

※もし、コア業務ではなく現場の作業を外注したいのであれば、以下の記事をごらんください

 

経理を外注するメリット、デメリット!おすすめの外注業者はどこ?

 

高い専門性の知識と豊富な経験を社内で活かしてもらうことができる

 

経理のアウトソーシングでは、他を知らずに社内だけの知識で行ってきた経理職社員よりも正直言って場数も多く、経験も豊富に積んでいるのが実態です。

 

そのような経験豊富で専門性の高い知識を有している人材を自社で確保するのは、人件費も高くつきますしそういった人材を探し出すことも一苦労です。

 

時間と労力がかかりすぎます。そのようなこと考えると経理職をアウトソーシングすることは、本来の経理業務の中身とは関係ない部分においての労力を削減することができます。

 

中立的な立場での情報管理と不正を未然に防ぐことができる

 

経理の重要な役割の一つに、中立な立場で不正を未然に防ぐことがあげられます。

 

会社のお金の流れが不透明になってしまっては大変なことになってしまいます。

また、家族構成などの個人情報を管理することもありますし、変な同情心から中立な立場に立つことができないケースも発生してしまうかもしれません。

 

しかしそれは、自社の社員だからこそ抱えてしまう可能性がある不正です。

それを第三者にアウトソーシングしてしまう事で、未然に防ぐことができます。

 

もし何かあってからでは、会社も従業員もお互いに疑いをかけあわなければならず、気分よく仕事ができなくなってしまいます。

そういった精神的な面の負担も軽くすることができます。

 

某日産の社長さんみたいになりたくないのであれば、経理のアウトソーシングを頼んでみましょう。

 

人件費のコストダウンを図ることができる

 

言うまでもなく、人を自社で1人雇う金額とアウトソーシングすることではお金の支出金額が違います。

 

経理をアウトソーシングすれば、その分の会社が負担すべき社会保険料は発生しませんし、社員の生活を保障するだけの給与を支払う必要はありません。

もちろんアウトソーシングの業者へ支払う経費は必要ですが、それも月10万円以内で収まってしまうことがほとんどです。

 

月10万円で1年12カ月活用したとしても120万円ですから、人を一人雇い入れるよりもはるかに出費を抑えることができます。

つまり、事業を立ち上げたところで、まだ資金繰りに余裕がないといった場合には先が読める変動費として利益の計算がしやすくなるのです。

 

経理をアウトソーシングするデメリット

 

いい事だけが目につきやすい経理のアウトソーシングですが、実はデメリットも存在します。

 

何事にもいい点と悪い点が存在しますから、仕方ないところではありますが事前に知っておくことで、このデメリットについては気にならない状態にまで対策をすることができる場合があります。

では実際にどのようなデメリットが存在するのでしょうか。その点について触れておきます。

 

会社の中枢ともいうべき財務情報を第三者へみられてしまう

 

中小企業の場合は特に傾向が強いともいえる「第三者に数字をみせたくない」という現状があります。

 

もちろん、数字をみればその会社が今どのような状況にあるのか一目でわかるのが経理担当者というものです。

それくらい重要な数字を経理業務をアウトソーシングするという行為は、それだけリスクを負う可能性もあるのです。

 

社外へ数字を公表されてしまわないかという不安もあります。

これらは経理のアウトソーシングを検討するうえでのデメリットということができます。

 

残念ながら日本全国という規模で見た場合、100%数字の漏えいはないとはいうことができません。

しかしこのような現状は、事前に経理のアウトソーシングを行っている会社とのやり取りの中で見えてくるものが有り、それと同時に不安も解消できます。

 

また、NDAなどを結べばだいたいは秘密保持をしてくれるので、財務情報が外に漏れるケースは稀といえるでしょう。

 

アウトソーシングの仕方にもよるが時間がかかることがある

 

経理のアウトソーシングといっても、どのような形態をとるかで所要時間が変わります。

 

例えば記帳代行のようにその企業へ一括してデータを送り取りまとめてもらう場合と、派遣会社のように自社へ来社してもらって経理業務を行ってもらう場合の大きく分けて2パターンが考えられます。

しかし多くの経理のアウトソーシングの場合は、インターネットやクラウドを駆使して領収書等をデータ化することでやり取りをしていることがほとんどです。

 

かかる時間は「データ化にどれだけかかるか」というその一点に限られます。

データとしてやりとりをする分には、数秒のやり取りです。

 

データにする時間がもったいないと言われてしまえばそれまでですが、その後の処理等を考えればデータ化に費やす時間は限られた時間なのです。

確かにデメリットということができますが、そこは捉え方の違いで解消することも可能です。

 

情報共有のための準備に時間がかかるケースもある

 

いわゆる情報共有にデータ化を利用するのであれば、そのデータ化に係る時間ということになります。

 

少ない領収書や取引先であれば、その管理もデータ化にもさほど時間はかかりませんが、膨大な量がある場合は、スキャンするのにも時間がかかってしまいます。

それを考えると、データ化せずに丸投げすることができれば時間短縮になるかもしれません。

 

しかし丸投げにはそれだけのリスクを伴います。

領収証の紛失ということも考えとかなければいけないリスクになります。

 

このリスクを回避するためには、多少の時間を費やしても、自社でデータ化するなど方法を実際のアウトソーシングの業者と一緒に考える必要があります。

アウトソーシングの業者もその辺は一緒に考えてくれるので、最初の相談の際に相談してみることをおすすめします。

 

経理をアウトソーシングする際に見るべきポイント

 

一言で経理をアウトソーシングすると言っても、実際に何を依頼すべきなのか検討しておく必要があります。中身を知らなければ依頼できないのが事情です。

 

もしかすると、アウトソーシングではなく実際に経理職を採用しなければいけない事態になるかもしれません。

そういったことが起こらないように、経理をアウトソーシングする際にチェックしておかなければいけないポイントについていくつかご紹介しておきます。

 

経理のアウトソーシング業者は個人向けなのか法人向けなのか

 

そもそも経理のアウトソーシングが誕生したのは、個人事業主が自分では経理業務が賄いきれないことをフォローするために誕生したともいわれており、個人向けのサービスが多いことが特徴です。

 

最近では法人向けのサービスも多く展開され始めています。ただし、必ずしもアウトソーシングを活用しなければいけないのかどうかを判断しなければなりません。

今は無料のクラウドサービスで賄えてしまう経理サービスもあります。

 

旅費の精算などであればそのクラウドサービスを活用することで十分対応できます。

そうなると、経理のアウトソーシング業者を活用する必要はないかもしれません。

 

そういった点も含め、そのアウトソーシング業者がどういったサービスを展開しているのかを知っておく必要があります。

 

依頼したアウトソーシングの業者で完結することができるのかどうか

 

意外と盲点かもしれませんが、依頼している経理のアウトソーシングの会社が、更に下請けの外注業者へ仕事を流しているケースがあります。

 

それがいけないとは言いませんが、そのようなことをしている場合、大切な経理のデータが外部に紛失するリスクが高くなります。

ですから自社で依頼した仕事がどこで完結するのかを知っておく必要があります。

 

下請けへ外注している場合、下請けに出していますとはなかなか言ってもらえませんが、社内で完結している場合は必ずそのような返事がもらえるはずです。

それを参考にすることが大切だと言えます。

 

経理に関連している業務のサポートも受けることができるのかどうか

 

最近の経理のアウトソーシング業者は、単純経理だけの仕事だけではなく場合によっては経営にもつながるようなサポートをしてもらえるケースもあります。

 

それが他社との差別化を図るためのサービスともいうことができます。

経理を通して会社のために必要なものをトータルでサポートしているような経理のアウトソーシングの会社が理想的です。

 

どの程度の専門知識を有しているのか

 

最近は中小企業でも海外を相手に取引を行っているケースが多くあります。

 

そのような場合、経営者が知りたいのは、専門知識です。

特に日本と変わりない場合であっても気になるのが経営者です。

 

そういった点においてもどの程度の専門知識を有しているかで判断することもポイントです。

最近のアウトソーシング会社の場合は、専門知識を有している人が非常に多く、対応できる場合はそこを強身としてアピールしていることも多いので、経理のアウトソーシングを利用したことのない初めての人でも容易に判断できるようになっています。

 

逆を返せば、アピールポイントにそれがないと対応できない可能性もあるのでよく確認する必要があります。

 

納期は絶対厳守、機密事項は守られるのかどうか

 

当たり前のことですが、ビジネスにおいて納期は厳守しなければなりません。

 

外注へ下請けに出している場合であれば、そもそもその納期が初めから時間がかかる設定になっていることもあります。

また機密厳守も重要な点です。

 

会社の数字をみせるわけですから、簡単に口外されても困ります。

また口外されてしまっては、あらぬ噂の原因となってしまうこともあります。

 

それではビジネスに大打撃を与えてしまいかねません。

せっかく経理のアウトソーシングを活用して本業へ集中しようとしているさなかにそのようなことが起こってしまっては、いらぬ時間を費やすことになります。

 

ですから、契約をする前に細かくこの点については確認しておく必要があります。

 

経理をアウトソーシングするのにおすすめの業者

 

では全く経理のアウトソーシングを活用したことがない方向けに、参考までにどのような起業を活用すればいいのか、実際に例を挙げてご紹介します。

 

もちろん他にもありますが、今からご紹介する2社は、専門知識も幅広く、多くのお悩みに対応できるアウトソーシングの会社です。

もちろん、お客様のニーズに100%お応えするために、要望をこと細かく聞いてくれるという優しい気遣いもある会社です。

 

どのアウトソーシング会社を選べばいいのか、全く見当がつかないといった場合にはまずこの2社から検討していただき、どのようなサービスがあるのかを知ってもらったうえで契約の一判断として活用していただきたいところです。

 

HELP YOU

 

まずは1社目「HELP YOU」というアウトソーシング会社です。

 

この会社は経理だけをフォローしているわけではありません。

HELP YOUという言葉の通り、あなたが困っているときに幅広い知識を持って助けてもらえるのが特徴です。痒い所に手が届くサービスを行っています。

 

今間で受けた業務依頼例は大きく分けて6つあります。

 

「採用・人事」「企画・マーケティング」「営業」「SNS/ECサイト運用」「秘書・総務」「経理」

 

の分野になります。

 

これだけ見ても経理だけではないほかの分野にも対応できるアウトソーシング会社であることがわかります。

最近日本で大きな問題になっている人手不足、そして採用に関しての課題についても良きアドバイスと活用方法のノウハウがあり、初心者の方にでも安心して利用できるシステムになっています。

 

また、今まで活用したことがある方の体験談や活用事例が紹介されており、アウトソーシングを利用する予定ではない人であっても「そういう利用方法があるのか」と気付かされる内容も掲載されています。もしかするとそれをきっかけに新しい販路拡大へつながるかもしれません。

特に経理のアウトソーシングについては、請求書や見積書の作成だけではなく最近注目されている助成金の申請用資料の作成などのお手伝いもしています。

 

また事業計画書の作成のお手伝いも行っているので、自社の経理担当者を雇うのと同じくらいの仕事量と質の高さを提供してもらえます。

補助金や助成金の申請用書類の作成は、単純作業であっても時間をそれなりに費やします。その業務を手伝ってもらえるだけでも、活用する価値はあります。

 

このように忙しい経営者や、この仕事はあえて自分がしなくても誰でもできる、といった内容の仕事をすべてHELP YOUでは請け負ってもらえます。

 

また、HELP YOUでは厳選採用をしていて、なんとその採用倍率は100倍です。

選りすぐりの詳しい人が担当してくれるので、経理のアウトソーシングをしてもかなり安心です。

 

HELP YOUはこちらから

 

フジ子さん

 

次にご紹介するアウトソーシングの会社は「フジ子さん」という一風変わったオンラインアシスタントの会社です。

 

「そうだ、フジ子さんに頼もう。」というキャッチフレーズがホームページのトップに敬愛されていますが、まるで自分の会社の社員のように気軽に依頼することができる、それが「フジ子さん」というネーミングにも表れているのがわかります。

フジ子さんの価格設定は業界水準のおよそ半額で提供されており、予算が気になる方にでも気軽に利用できるところが嬉しいところです。

 

だからと言って質が低いのかといえばそうではなく、非常に高い実務能力をもつオンラインアシスタントです。

ハイレベルなアシスタントが、メールやチャット、電話を利用して遠隔でお客様の業務をお手伝いしてくれます。

 

オンラインアシスタントは、「コール担当」「経理担当」「人事担当」「翻訳・通訳担当」「Web担当」と非常に幅広い担当がスタンバイしているので、事業を行う多くの人が抱える悩みのほとんどに対応できるようになっています。

経理にも対応できて翻訳や通訳にも対応できるといった幅広い範囲と、ハイレベルな能力は、一般的な業界の価格ではなかなか手が出せないのが実情です。

 

世界規模でビジネスを展開していきたいと考えている場合であれば、このオンラインアシスタントチームをうまく活用することで、効率よく幅広い事業展開が可能となります。

 

フジ子さん!今話題のオンラインアシスタント。評判はどうなの?料金は?
フジ子さんはこちらから

メリービズ

 

メリービズは優秀なアシスタントつく経理代行サービスです。

 

メリービズの特徴といえば、経理の優秀な人材がトータル的にサポートしてくれる点です。

メリービズで代行してくるれる人の中には、一部上場企業で役職経験をしていた方やベンチャーで経理部門を立ち上げた方などアシスタントに留まらないトータル的なサポートをしてくれます。

 

下流の仕事ももちろんやってくれますが、上流の仕事もやってくれるので、教育などのコストがかからないところも魅力的な点です。

経理のみをアウトソーシングしたいのであれば、メリービズがおすすめです。

 

経理に関する相談は無料でやっているので、まずは今経理で抱えている相談をしてみるのをおすすめします。

メリービズの経理代行はこちらから

まとめ

経理のアウトソーシングがまずはスタートラインかもしれませんが、最近ではその他の業務についてもお手伝いしてもらえるかが選び方のポイントになってきています。

実際に多くの業務に対応しているところも増加しています。

うまく活用することで本業への投下時間を増加させることができますから、人手不足で悩んでいるときには、検討してみたいサービスです。

バックオフィスカテゴリの最新記事