看護師の転職が多い理由!転職したくなる理由と対処法

NO IMAGE

 

女性の転職率の多い職業では看護師などが最もポピュラーなものと言えますが、ここでは看護師が転職をしてしまう理由と対処法について紹介していきます。

 

看護師の仕事は給与の面でも手当などが良く高給取りの職業ですが、一体なぜ転職してしまうのでしょうか?

またその時の対処法はどういったものがあるのでしょうか?

 

看護師の転職理由

 

ではまずは転職してしまう理由について見てみましょう。

転職してしまう理由がわかれば、その時の対処法なども具体的に対処する事ができます。

 

仕事自体がキツイ

 

看護師の仕事を転職してしまう理由としてまず考えられるのは、仕事自体がキツイ事で転職してしまう人が多く医療の現場ならではの理由になります。

 

看護師の仕事は人命を扱う病院が職場になるため緊張感が長時間続く事も多く、様々な患者の症状の面倒なども見なければなりません。

その患者では外来の看護師では毎回知らない人を相手にしなくてはいけないので、精神的なストレスなども日々溜まってしまい、わがままな患者などの対応も毎日の様にあれば尚更参ってしまいます。

 

精神的だけでなく、立ち仕事がメインになる職場の病院の看護師では肉体的にもツライ職業にもなってしまい、精神的にも肉体的にも限界を感じ転職してしまう人はいます。

いくら給与の面がよくても体に限界を感じてしまえば鬱の症状も出てきてしまう人も多く、何のために働いているのか分からなくなってしまう事もあり転職や退職してしまう事になります。

 

なぜ看護師は激務なの?現役看護師の私が激務な理由を教えます

 

看護師スタッフ内の人間関係が手狭

 

病院内の看護の現場では班やチームによって入院患者や外来患者の対応をしていますが、病院内の看護師同士の人間関係はとても手狭で限られた人間同士で日々を連携しあって仕事をしています。

 

看護の現場ではひとつのミスが大きな事故になってしまうため、スタッフ同士の人間関係を良好に保つ事は重要になってきますが、人間関係が悪くなると連携や引き継ぎ事項などをうまく出来なくなってしまいます。

人間関係がうまくいかない事は全体の仕事に大きな影響を与えるだけでなく、相性の悪い看護師や嫌いな看護師がいる事によって個人的にも限界を感じてしまい、その現場に居づらくなってしまいます。

 

そのため最終的に辞めてしまうか転職してしまう事になってしまう人もいます。

 

夜勤があるため

 

仕事のキツイ事もさることながら看護師の仕事には夜勤の仕事も多く、そのため転職してしまう人もいます。

 

夜勤の仕事の多い現場では週に2回~3回以上ところもあり、人手不足が重なるとさらに増えてしまう病院もあります。

夜勤の仕事は一般的な労働による疲労とは違い、人間の体内リズムやサイクルを大きく乱してしまい自立神経などにも悪影響を及ぼしてしまい、重度の睡眠障害などにもなってしまうケースもあります。

 

また家庭の事情で夜勤が出来ない事になってしまい、同じ看護師のあつれきや「夜勤なし」という優遇された状況が逆に何か重荷になってしまう事もあります。

そのため夜勤のない病院への転職や他の職業への転職などにならざるを得ない状況になってしまう事もあります。

 

月の残業時間や休日など条件を変えるため

 

看護師の仕事は一度その資格を取ってしまえば転職なども融通が利く職業でもあるため、より自分の条件に合った病院で働きたいと思い転職するケースもあります。

 

その条件には残業の有無や月の残業時間の多さ、休日の日数の条件などがあります。

病院によっては1日の残業が2時間が平均的な病院などもあり、月の残業時間に直すと一般の企業よりも遥かに多いい残業数になってしまいます。

 

看護師の休日は一般的には4週8休のところが多いですが、病院やクリニックによっては4週6休になってしまう所もあり、そのため転職してしまう事もあります。

また有給休暇などもなかなか取れない環境の病院などでは、月に1回取れるか取れないかといった具合の現場も多く、有給は基本的にとらない事が常態化してしまっている看護現場の病院もあります。

 

結婚や妊娠などがあるため

 

看護師の職業は女性が多く、女性は結婚や妊娠などをきっかけに転職や退職してしまう人もいます。

 

一般の企業でも女性は結婚をする事で転職や退職する女性はいますが、看護師は看護の資格を持っていれば職場復帰もそれ程難しくはないため、そのため夫の支えのためであったり子育てなどに専念するために退職したり他の仕事に転職してしまう女性も珍しくありません。

 

看護師の資格は国家資格になるため復職しやすく、一般の企業を退職や転職する事よりも将来の設計などもある程度確保されているので、転職や退職しやすいといった事情もあげる事ができます。

看護師の仕事はキツイ仕事でもありそれらの理由で転職してしまう事もありますが、看護師の資格は簡単に取れるものではないため、良い意味で辞めやすい事も転職が多い事の理由になります。

 

スキルアップのため

 

看護師の仕事にはスキルアップのために転職する人もいて、認定看護師や専門看護師などの資格を取得するために転職するケースもあります。

 

それらの看護師のスキルアップのためには、資格支援が整っている病院でないと日常の看護業務と資格取得のためのスキルアップを両立していく事は難しいものです。

そのために資格支援制度がある病院では、条件付きの勤務年数をこなせばサポートをしてくれる病院もあるため、それらの病院に転職する看護師などもいます。

 

他にも復職のためのブランクを補うために、初めはクリニックなどの小さな病院から職場に復帰しその後は総合病院などの病院にステップアップするケースもあり、一概に看護師の転職は後ろ向きな転職ばかりではなく、前向きな理由も多い事も大きな特徴になっています。

 

看護師から転職したい時の対処法

 

上記で紹介した看護師の転職の理由は様々ありますが、ここではその転職したい時の対処法をいくつか紹介していきます。

 

看護師の仕事は肉体的や精神的な辛さから転職してしまう事もあれば、人間関係で転職してしまうこともあります。

また、スキルアップのためや現場復帰のための転職などもあり、そのケースは様々あります。

 

続ける

 

上記の様な転職してしまいそうな条件であっても仕方なく続けている人もいて、具体的な対処法とは言えませんが続けていく事で改善される事を待つ事も一つの方法とも言えます。

 

肉体的にツラければ看護師長などに相談して長期休暇を取得するなども対処法になり、精神的な理由でもまとまった休暇を取得する事ができます。

夜勤をこなす事が難しいのであれば、転職をしなくても日勤だけのシフトを入れてもらえるように頼む事で改善できる事もあります。

 

人間関係などの理由であればまずは病院内での職場の現場を変えてもらう事で転職しなくても対処できる事もあるので、続ける事でも対処法が見えてくる場合もあります。

 

看護師として転職する

 

看護師として他の病院やクリニックに転職する事で上記紹介した様々な悩みや条件を変える事ができるため、看護師の仕事はそのままで職場だけを変える事ができるのも看護師の仕事のメリットでもあります。

 

病院やクリニックなどには規模などもバラバラで、職場によって肉体的や精神的な負担が軽減できる場合もあります。

例えば立ち仕事が多い看護現場では肉体的にキツイですが、それ程立ち仕事が求められない看護現場であれば肉体的な負担を軽減する事ができます。

 

また、人命に大きく関わる医療現場では緊張感がとても高いですが、それ程人命に大きく関わらない医療現場では精神的な負担を軽減する事ができます。

人間関係なども病院を変えれば全く違った職場で働く事になるので、一から人間関係を築く事ができ、転職の融通が利く看護師の仕事ではそれらの悩みや負担を医療現場を変える事で改善する事ができます。

 

今では看護師の専用の転職サイトなども豊富で、それらを利用する事で自分の条件に合った病院を見るける事もできます。

 

看護師以外の職業に転職する

 

他の病院やクリニックに転職する事に抵抗があったり、看護師の仕事に限界を感じたのなら看護師以外の他の職業に転職する事も対処法になります。

 

最近の看護師の転職者の中には全く違った職業に就く事も珍しくなく、転職サイトなどを利用して転職した元看護師という女性は年々増えています。

その看護師のスキルを活かした職業には、福祉関係の職業や医療品にまつわる職業などがあり看護師の仕事をしながらそれらの資格を取得する事で転職の準備をする事もできます。

 

その他にも保健師などの職業も看護師の資格を取得している事が条件としてあるため、保健所の職員として転職するにも看護師であれば有利になってきます。

また、人の面倒を見るという意味では保育士などの職業に転職する人も多く、こちらでも看護師の資格を取得している事が保育現場では有利になるため、保育士への転職のしやすいものになっています。

 

退職代行を使う

 

他の病院への転職や看護師以外の転職者が難しければ、退職するという選択肢しかありませんが、いざ退職をするとなると難しいものです。

 

そこで退職を自らする事を出来ない状況であれば、退職代行と言った代行業者などもあり自分の代わりに全ての退職手続きをしてくれるサービスなど利用する事でスムーズに退職する事ができます。

こちらの退職代行を利用する場合では、精神的に参ってしまって退職する事もままならなくなってしまった場合には大きなサポートになり、一切病院と連絡を取らなくても退職をする事ができます。

 

電話でのやり取りも退職代行が全て引き受けてくれるので、お金は掛かりますが切羽詰まってしまった人にはオススメサービスになっています。

まとめ

 

看護師の転職の理由とその対処法をいくつか紹介していきましたが、看護師の職業は転職や退職が多いですがその理由も様々です。

 

今では転職サイトやエージェントも充実しているので、より一層のスキルアップのためや職場を離れたい人には便利なサービスもあるので、ひとりで思い悩まずにそのようなサービスを利用してみる事をオススメします。

仕事カテゴリの最新記事