看護師辞めたい!辞めたいに関するデータと対処法

   

 

多くの看護師が患者に対し、徹底的な看護を行っており、少しでも体の状態を良くできるようにしています。

そんな看護師は、誰でも簡単になれる職業ではなく、専門的な看護スキルや資格が求められてきます。

仕事内容も基本的に大変なので、看護師によっては心身に大きな疲労が発生しやすいです。

そこで辞めたいと感じてしまい、悩んでいる看護師も多くいるのが現状です。

もしも看護師の仕事を辞めた時、発生するメリットやデメリットなどを色々とまとめてみました。

 

看護師辞めたいのは自分だけ?看護師辞めたいに関するデータ

 

看護師を辞めたいと考えているのは、一人だけではなくて多くの人が考えています。それだけ看護師の仕事は大変で辛い部分が発生している状況です。

そんな看護師なのですが離職率に関するデータがいくつも存在しています。

 

夜勤時間が多い程離職率が高い

 

日勤で看護師の仕事をしている人よりも夜勤で看護師の仕事をしている人の方が離職率が高いです。

その理由として夜勤は、睡魔が発生するので看護業務に集中しにくいのが関係しています。

決してミスが許されない仕事でもあるので、夜勤で働く看護師の方が大変です。

その他にも休憩時間が夜勤だと曖昧だったり、規則正しい生活が難しくなるなどの理由が関係しています。

夜勤の時間が増えれば増えるほど、看護師の離職率が高くなっており、辞めたいという気持ちが発生しているのが実態です。

 

総合病院よりも個人病院の方が離職率が高い

 

総合病院は給料や福利厚生が充実しているケースが多く、看護師にとって働きやすい環境が整えられています。

しかし個人病院は給料が低かったり、福利厚生が充実していないなどの場合があり、どうしても離職率が高いです。

多くの看護師が高い給料に加えて、福利厚生が充実している医療施設で働きたいと考えているので総合病院を選びがちです。

現状個人病院で働いている看護師も給料や福利厚生に魅了されて、離職してしまうケースが多いです。

 

都市部よりも地方の方が離職率が低い実態

 

都市部よりも地方の方が離職率が低くなっています。

都市部の場合は、多くの医療施設があるので容易に転職できるのが関係しています。

しかし地方はそこまで医療施設が多い訳ではないので、簡単に転職することができないです。

そこで地方は一つの医療施設で長く働きたいと考えている看護師が多いです。

それに合わせて働きやすい職場や福利厚生の充実などが目立っています。

都市部は多くの人が生活しているのも関係しており、過酷な労働環境や職場によって働きにくいケースがあるので離職率に繋がっています。

 

以前と比べても下がっている全体的な離職率

 

大変な労働環境に加えて、難しい看護業務を実施しないといけないため、離職率が高いと考えがちなのですが昔と比べても少しずつ離職率が下がっています。

勤続年数に関係なく、全体的な離職率が下がっており、少しずつ過酷な労働や福利厚生などの見直しがされています。

少しずつ改善されている看護師の離職率なのですが現時点でも過酷な労働や福利厚生に問題のある医療施設は、いくつも存在しています。

これらの問題を解消しない限り、看護師を辞めたいと考える人が減らないので、国や医療施設が少しずつ取り組みを行っている状況です。

 

看護師を辞めたい理由

 

看護師の仕事を辞めたいと思う理由として、主に四つの理由が発生しています。看護師として仕事をしている人によって、どのような理由で辞めたいのか異なっています。

一つでも大きな問題で、複数が重なってしまうと高確率で看護師を辞めたいと思ってしまうため、注意しなくてはいけません。

 

残業や徹夜が多く発生してしまってプライベートに影響

 

働く医療施設によって、どのくらいの残業や徹夜が発生するのか異なっています。

中には尋常ではない残業や徹夜が発生してしまい、働いている看護師に大きな負担を与えている場合があります。

短期間なら何とか我慢することができるかもしれませんが長期間の場合は心身に疲労が発生してしまい、プライベートにも影響を及ぼしてしまいます。

そのような環境を一日でも脱出したいという気持ちが強くなり、看護師を辞めたいと考える人が多いです。

 

面倒な人間関係に大きな疲弊

 

医師や看護師の他にその他スタッフと協力しながら看護師は仕事をしなくてはいけません。

面倒な人間関係に疲れてしまう看護師も多く、辞めたいと考えてしまう理由になります。

仲の良い人間関係が保たれている場合はそこまで影響はありません。

しかし医療施設によってどのような人間関係が築かれているのか違っています。

特にギスギスとした人間関係になっている医療施設は、多くの看護師が辞めたいと考えるので要注意です。

 

一生懸命働いているのに給料が低い

 

基本的に医療系の仕事は、専門的なスキルが求められる分、高い給料に定められています。

特に医者の場合は、一千万単位の年収も多く、大変な仕事ではあるのですがその分多くのお金を獲得できるのが特徴です。

看護師は難しい看護を行っているにも関わらず、給料が他の医療系職業と比べても多くないです。

昔と比べても高くなっているのですがまだまだ給料が少なくて、辞めたいと考える看護師がたくさんいます。

特に看護師に対して低い給料を設定している医療施設は、多くの看護師が給料に対して不満を持っているので辞めたいと考えることが多くなっています。

 

満足できるステップアップができない

 

看護師として同じ看護業務を実施しているだけでは、成長することができないです。

将来看護長として働きたい看護師は、少しでもステップアップできる医療施設を選択しなくてはいけません。

医療施設によってステップアップできる職場なのか異なっているので、看護師として仕事をしている人によっては辞めたい気持ちが芽生えてきます。

 

看護師辞めたい!看護師を辞めるメリット

 

看護師を辞めたいと考えている人で、実際に看護師を辞めた時にメリットが発生しています。

以前看護師として働いていた人の多くがメリットを実感しており、少しでも人生に良い影響を与えています。

 

辛い看護業務から解放される

 

一般的な仕事とは違って、看護業務はミスが絶対に許されないです。

もし看護業務でミスをしてしまった場合、患者の容体が急変してしまい、命のリスクが生まれる恐れがあります。

そのような状況をできる限り発生させないように多くの看護師が常に高い集中力を発揮しながら、目的の看護業務を実施しています。

看護師を辞めることで辛い看護業務から解放されるので、精神的に追い込まれることは無くなります。

別の仕事に転職した場合、看護師ほど責任を問われるケースは余程のことが無い限りありえません。

ミスをしていい訳ではありませんが看護師ほど自分を追い込み過ぎないで仕事を行えるようになるため、看護師を辞めるメリットの一つです。

 

仕事の人間関係を完全にリセット

 

辛い人間関係の中で看護師の仕事をしていた人は、辞めることで完全にリセットされます。

以前働いていた医療施設の人間関係を一切気にしないで済むので、精神的に良い影響を与えやすくなります。

特に悩んでいた元看護師は、一気に精神的な問題を解消できる可能性があり、今後の人生に悪い影響を与えないで済みます。

そして新しい仕事をする時は、できる限り良い人間関係が保たれている職場を選択することで、人間関係を気にしないで仕事をすることが可能です。

 

心身ともにリフレッシュできる

 

看護師を辞めることで、心身ともにリフレッシュできる確率が飛躍的にアップします。

働いている医療施設によっては、プライベートの時間を過ごしていても急に呼び出しを受ける場合があります。

その時は基本的に出勤するケースが多いので、心身の疲労を解消できないことも残念ながらあります。

仕事を辞めてしまったらそのようなことは一切無くなるので、のんびりとした時間を過ごせるようになります。

プライベートの時間を増やすことで、ストレス解消が簡単に行えたり、看護師時代に発生していた慢性的な疲労改善も期待できます。

 

看護師辞めたい!看護師を辞めるデメリット

 

看護師を辞めたいと考えている人は、メリットだけではなくデメリットも発生しているのでよく検討しなくてはいけません。

安易に看護師を辞めてしまうとデメリットを痛感してしまい、今後の人生に影響を及ぼす恐れが出てきます。

 

安定した収入を失うので要注意

 

看護師は医療系職業の中でも給料が低く、給料に対する不満が発生しやすい職業です。

それでも他の職業と比べて高い給料に定められており、安定した収入を得やすいです。

看護師を辞めるということは、安定した収入が無くなることになります。

ある程度貯蓄をしている人はそこまで影響を及ぼす恐れがないのですが経済的な余裕がないもしくは貯蓄をしていない人には、大きなデメリットなので気を付けないといけません。

 

すぐに仕事をしないとブランクが発生する可能性

 

看護師の仕事を辞めることで無職になります。

そして何も仕事をしていないと仕事に対するブランク期間が発生してしまいます。

一ヶ月や二ヶ月くらいならば特に問題はないですが半年や一年ほど仕事をしていない場合は、その後の転職活動に影響を及ぼします。

出産や育児など仕方のない理由以外、長期間のブランクは危険なので速やかに新しい仕事に携わることが求められてきます。

 

これまで積み重ねてきた評価が消滅

 

以前の医療施設で高い評価を獲得していた看護師も辞めることで、その評価が完全に消滅します。

そして新しい仕事に携わった場合、一から評価を積み重ねていかないといけないのでデメリットです。

一生懸命仕事をしても大きな成果を残せないと高い評価を獲得することができないです。

看護師時代は優秀な人材でも新しい仕事では、必ずしも優秀な人材として評価される訳ではありません。

特に長い間看護師として働いていた人は、積み重ねてきた評価が全く無くなるのでデメリットになります。

 

看護師を辞めたいにとったほうがいい行動

 

看護師を辞めたいという意志が定まった場合、少しずつ看護師を辞める準備をしなくてはいけないです。

いきなり看護師の仕事を辞めるのは、ほぼ不可能なので少しずつ準備していけば、スムーズに辞められるようになります。

 

転職

 

看護師を辞めることでこれまで獲得していた安定した収入を失うことになります。

そこで転職の準備を少しずつしていけば、看護師を辞めた場合でも新しい仕事に携わりやすくなります。

まずは転職サイトや求人情報誌などをチェックして、どのような求人が存在しているのかチェックすることが必要です。

その他にも履歴書や職務経歴書を事前に作成しておけば、応募して提出を求められた時も素早く提出できるようになります。

そして内定を一日でも早く獲得しやすくなるので、転職準備は必要不可欠です。

 

退職する時のルールを把握すること

 

医療施設によって、退職時のルールが異なっているのでよく確認しないといけないです。

もしも退職時のルールを知らなかった場合、最悪退職することができない恐れがあるので要注意ポイントです。

退職に詳しい人に確認したり、就業規則が掲載されている書類を細かくチェックすれば、すぐに把握できます。

基本的にそこまで難しいルールに定められていないので、初めて退職する看護師もどのような形で、退職手続きを行っていけばいいのか理解可能です。

 

退職の準備を少しずつ行う重要性

看護師の退職をするということは、医療施設からすると貴重な人材を一人失うことになります。

これまでは円滑な看護業務を行えていた場合でも一人の人材を失うことで、過酷な労働が生み出される恐れが出てきます。

これまで働いていた医療施設に少しでも迷惑を発生させないように少しずつ退職の準備を行うことが重要です。

そこで遅くても退職する一ヶ月前に退職する意志を伝えることが大切です。その他にも忙しい時期になってしまい、退職するのが難しい場合はその時期を乗り越えてから退職しなくてはいけないケースも出てきます。

基本的に当日退職する意志を伝えても退職することができないのが看護師です。

何時頃辞めたいのか冷静に考えて、その時期に合わせて退職できるように調整することが求められてきます。

その為にも退職願を少しずつ準備したり、お世話になっている看護長や上司に何時退職する意志を伝えるのか重要になります。

 

看護業務をマニュアル化して引き継ぎしやすいようにする

 

退職する意志を伝えたらそこで終了ではなく、新しい看護師がスムーズに看護業務を行えるようにサポートしなくてはいけません。

引き継ぎをスムーズに行えないと医療施設に多大な迷惑をかけてしまうので要注意です。

看護業務を分かりやすくマニュアル化したり、辞めるまで丁寧に教えることが求められてきます。

特に長い間看護師として働いていた人材は、引継ぐ内容が多いのでかなり大変な作業になります。

退職代行を使う

 

医療施設と問題を起こしてしまい、どうしても退職することができない看護師は思い切って退職代行を利用するのも選択肢の一つです。

退職代行は、自分の代わりに退職できるようにサポートしてくれるので、看護師を辞めたいと考えている人には心強い存在です。

大きな問題が発生している場合でもできる限り円満退職できるように実施してくれるので、退職代行を利用している人が多いです。

費用に関してもそこまで高くなく、退職を考えている看護師が気軽に支払える費用に定められています。

どうしても退職することができない看護師は、最終手段の一つとして退職代行を検討することも必要です。

 

まとめ

 

慢性的な人材不足に悩まされている看護師なのですが様々な理由によって、辞めたいと感じるケースがあります。

データ上として、夜勤勤務や個人病院で働いている看護師の方が離職率が高く、看護師を辞めたいと考えるケースが多いです。

看護師を辞めたいと考えるタイミングとして、残業や徹夜による過酷な看護業務や医療施設の人間関係に疲れて辞めたいと考える看護師が多いです。

看護師を辞めるメリットは辛い看護業務を行わなくて済み、デメリットは安定した収入を失うので素早く新しい仕事に携わることが必要です。

少しでも円満でスムーズな退職をするため、退職のルールを理解したり、転職に必要な書類などを少しずつ準備することがポイントになります。

 

 - 仕事, 看護師