看護師辞めた!幸せ!仕事辞めたい理由と転職して幸せになった理由

NO IMAGE

やりがいはあるものの激務で辛い看護師。

労働時間も長いし、夜勤などで生活リズムが狂ったりするからかなり辛いですよね。

そんな状況だから辛い看護師から転職する人もかなりいて、その中で幸せを掴んでいる人もたくさんいます。

看護師辞めて幸せになれたら嬉しいですよね!

また、看護師辞めるのもありですが、ホワイトな病院や施設を紹介してくれるサービスを使って転職するのもありでしょう。

看護師から違う職種に転職すると仕事覚えるまでが大変だったりするので。

この記事では、看護師を辞めたいと思う理由と看護師辞めてよかった人と幸せになる人の特徴をご紹介します。

ホワイトな病院を紹介してくれるサービス

看護師の仕事を辞めたい理由

まず、看護師を辞めたい理由についてです。

看護師は、夜勤や人間関係の疲弊などにより辞めたいと思うケースがよくあります。

残業、夜勤が多い

残業が多いのも看護師を辞めたいと思うひとつです。

看護師は慢性的な人手不足に陥っていて、多くの病院で人手不足になっています。

そのため、毎日残業が続いたりしますし、なにより肉体労働でもあるので、他の仕事よりも疲労がたまりやすい現状があります。

また、看護師の場合は夜勤も多いため、生活リズムを崩しやすいです。

夜勤や残業が重なると肉体的にかなり辛くなり、看護師を辞めたいと思ってしまいます。

看護師辛い。サービス残業に三交代。転職の現状と対策を伝授します

面倒な人間関係に大きな疲弊

看護師は女性社会です。

女性社会で特有の人間関係のギクシャクするケースが多々あります。

いわゆる、お局さんが病院や施設にいて、顔色を伺いつつ仕事をしなければなりません。

お局さんから好かれていても、

「先輩や同僚から無視される・・・」

などの看護師同士のいじめや

「医師や患者からセクハラを受ける」

などといった看護師以外の人間関係に苦しむケースもあったりします。

特に、看護師は激務なため、他の人に患者さん以外に気をつかう余裕がなく、人間関係のギクシャクが起こりやすく、看護師辞めたいと思ってしまいます。

看護師辞めてよかった!仕事辞めて幸せになった理由

必要不可欠な職業の一つとして看護師が存在しており、今も多くの医療施設で働いています。

そんな看護師を辞めた時、どのような理由で幸せを感じやすいのか主に四つのポイントが発生しています。

達成感などを感じやすい看護師なのですが大変な職業でもあるので、辞めた時に色んな部分が解放され、幸せを感じやすくなっています。

過酷労働をしなくてもよくなった

慢性的な人材不足に悩まされている看護師は、多くの医療施設で過酷労働が発生しています。

中には全然休むことができなくて、心身の疲労が発生しているケースも少なくありません。

看護師の仕事を辞めてしまえば、このような過酷労働の中で仕事をすることは無くなります。

心身の疲労を回復させることが、健康的な日常生活を取り戻せる可能性が高まります。多くの看護師が過酷労働の中で仕事をしているので、仕事を辞めた時に幸せを感じやすい一つのポイントになります。

劣悪な人間関係を気にしなくて大丈夫

看護師の仕事は一人で黙々と仕事をするのではなく、同じ看護師や医師と協力しながら仕事をしなくてはいけないです。

良好な人間関係が保たれている場合、ちょっとでも快適に仕事を行えるのですがそれでも嫌と感じる人もいます。

そんな人間関係を辞めてしまうことで気にしなくて済むようになります。

これまで酷い人間関係の中で働いていた看護師の場合、一気に問題解消できるので精神的なストレスを解消できる可能性が高まります。

そして幸せを感じやすくなるので、これも看護師の仕事を辞める一つの理由です。

体調管理を徹底的に行う必要が無くなった

常に万全の体調で仕事をしなくてはいけないのが看護師です。

もし体調が悪かった場合、患者にウイルスや細菌をうつしてしまう恐れがあるので仕事を行えない可能性が高まります。

それだけはなく、体調不良の看護師を見かけた時に患者は不信感を抱きやすくなるので、信頼関係が崩壊する危険性も発生します。

仕事するために体調管理をするのではなく、自分の健康を守っていく為に体調管理をすればいいのでそこまで厳しく管理する必要は無くなります。

辛い体調管理から解放されるので、看護師の仕事を辞めることで幸せを感じやすくなっています。

患者の辛い瞬間を見なくて済む

全ての患者が元気な姿を取り戻せるのではなく、残念ながら亡くなってしまう患者もいます。

そんな患者の姿も見なくてはいけないので、看護師として辛い部分になります。

看護師の仕事を辞めてしまうことで、患者に死に遭遇することは無くなり、辛い部分を見なくて済むようになります。

今後は自分や身内の健康を心配すればいいので、看護師の重圧から解放される部分です。

看護師辞めて幸せになる人の特徴

全ての人に当てはまる訳ではないのですが看護師を辞めることで、幸せになる人もいます。

どのような人が幸せを感じやすくなるのが主に四つの特徴が発生しているので、見極めやすいです。

一つでも当てはまっている人は、看護師を辞めることで幸せを感じられる可能性が高まります。

人間の血を見るのが苦手な人

看護師の仕事をする上で人間の血はほぼ毎日見ることになります。

人間の血に対して抵抗なく対応することができる人もいれば、残念ながら抵抗を感じてしまう人もいるのが実態です。

そんな人間の血を見るのが苦手な看護師は、仕事を辞めることで幸せになりやすいです。

怪我もしくは深刻な病気にならない限り、人間の血を見る機会は無くなります。

看護師の仕事をしている時はほぼ一年中見なくてはいけないのですがそのような辛い部分から解放されるので、幸せ感を得やすいです。

看護師の仕事をプライベートでも考えてしまう人

看護師の仕事は責任感があり、常に最高のパフォーマンスを発揮しなくてはいけません。

真面目な性格の人は、看護師の仕事が終了した後もプライベートで仕事のことを考えてしまい、リフレッシュできない恐れが出てきます。

しかし看護師の仕事を辞めてしまえば、プライベートで看護師の仕事を考えなくて済みます。

辛い責任感から解放され、プライベートの時は趣味に没頭しやすくなるのでリフレッシュしやすいです。

責任感が強くて真面目な人が看護師の仕事を辞めた時、幸せになりやすい部分になります。

汚物処理がどうしても慣れない人

患者の看護をするだけではなく、患者の汚物処理などもしなくてはいけないのが看護師です。

華やかに見える看護師の仕事なのですがこのような苦労部分も発生しているので、大変な仕事の一つになります。

特に深刻な状態の患者看護を行っている看護師は、ほぼ毎日汚物処理をしなくてはいけないので苦労が発生しやすいです。

人の世話が好きな看護師は、汚物処理をしてもそこまで苦労を感じる可能性が低いです。

しかしそこまで人の世話が好きでない看護師の場合、汚物処理は大きな苦痛になります。

仕事を辞めれば、患者の汚物処理を一切しなくて済むようになるので、汚物処理が苦手な元看護師は幸せになりやすいです。

不規則な生活から解放されたい人

看護師の仕事は日勤でも多くの残業が発生してしまい、どうしても不規則な生活に鳴りやすいです。

不規則な生活から解放されたいと考えている看護師は、仕事を辞めることで規則正しい生活を行いやすくなります。

一日でも早く規則正しい生活を取り戻したい人にとって、看護師を辞めることで幸せを感じやすいです。

看護師の仕事を辞めて幸せになりやすい職業

看護師の仕事を辞めてそのまま仕事をしないのも一つの選択肢なのですがそれでは収入が無くなってしまいます。

そこで看護師を辞めた多くの人が新しい職業に転職しており、満足できる環境の中で仕事をしています。

その中でも看護師から別の職業に転職することで、幸せを感じやすい職業がいくつか存在しています。

営業

看護師からの転職でおすすめなのが営業です。

営業はコミュニケーション能力が必要になる仕事ですが、看護師は患者さんとのコミュニケーションで自然と鍛えられているので、強いです。

また、看護師のホスピタリティ精神はクライアントやお客様に喜ばれるので、やりがいがあります。

人とのコミュニケーションが好きな看護師におすすめの職業です。

とはいえ、営業となると上司や同僚が男性が多いので、大変です。

男性社会が不安なのであれば、g-wicのような女性の営業代行会社で働くのがいいでしょう。

女性の営業代行会社になるので、同僚が女性なので安心ですし、未経験歓迎している会社なので、看護師からの転職でも問題なくやっていけるでしょう。

g-wicはこちらから

事務員

重要書類の作成をパソコンで実施する看護師がたくさんいるので、現状の看護師はほとんど一定以上のパソコンスキルを習得しています。

そこで事務員として仕事をすることができれば、看護師の時に身に付けたスキルを思う存分活かすことができます。

その他にも事務員は、余程の事態が発生しない限り残業もしくは徹夜が発生しにくい仕事の一つです。状況によってはほぼ定時で仕事を終了させることができるため、元看護師にとって幸せになりやすい職業です。

もし、看護師から事務員に転職したいのであれば、リクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは大手ですし、サポートがしっかりしているので、看護師から事務員への転職でも安心して転職活動を行うことができます。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら

介護士

看護師と同じように慢性的な人材不足に悩まされているのが介護士になります。

少子高齢化の影響で、今後介護を求めている人が増えていくため、介護士としてやりがいを感じやすくなる可能性を秘めています。

人の世話をするのが好きな元看護師は、違う形で介護していくので幸福感を感じながら仕事を行いやすいです。

また現状給料や福利厚生の見直しも積極的に行われていて、以前よりも働きやすい環境が整えられています。

50代や60代でも戦力として活躍できるので、介護士は元看護師から魅力的な仕事として存在しています。

看護から介護に転職したいのであれば、かいご畑がおすすめです。

かいご畑は介護資格取得のサポートも無料でしてくれますし、転職活動の支援もしてくれるので、かなり安心です。

かいご畑の公式サイトはこちら

営業

営業はあくまで自分一人の力になるので、上手く営業することができ、大きな成果を残す事ができれば看護師の時よりも給料アップを期待できます。

煩わしい人間関係に左右されることも無くなり、一生懸命営業を行える人物はメキメキと頭角を現すことが可能です。

ただ営業は成果がもっとも重要になっており、一つでも多くの契約を獲得しなくてはいけません。

大変ではあるのですが煩わしい人間関係が嫌で看護師の仕事を辞めた人には魅力的な職業の一つです。

特に多くのお金を稼げた時は、達成感だけではなくプライベートも充実させられるので幸福感を得やすいです。

看護師から営業に転職するのであればワークポートがおすすめです。

ワークポートは35万人が使った転職エージェントで、様々なケースの転職支援を行ってきました。

なので、看護師から営業への転職といったケースも対応経験があり、安心して利用することができます。

ワークポートのホームページはこちら

まとめ

看護師は患者の命を守る仕事なので、やりがいや達成感を感じやすいです。

しかし過酷労働に加えて、劣悪な人間関係など大きな問題を抱えやすく、辞めたいと考えている看護師もいるのが現状です。

そこで看護師の仕事を辞めた時、辛い労働や面倒な人間関係から解放されるので幸せになりやすいです。また血を見るのが苦手だったり、汚物処理が辛い人も看護師を辞めることで幸福感を感じやすいのが特徴です。

そんな元看護師が別の職業に携わった時、接客スタッフや事務員は過酷な労働が発生する訳ではないですし、看護師の時に身に付けた接客やパソコンスキルを活かせるのでお勧めです。

その他にも介護士や営業も人気があり、一生懸命仕事をすることで人の役に立ったり、たくさんのお金を得られるので幸福感を得やすいです。

仕事カテゴリの最新記事