看護師の残業って多い?多い理由とそのときの対処法

      2019/05/04

 

大切な命を守る職業の一つとして存在している看護師。

 

看護師は医療に携わる重要な仕事になるので、やりがいがありますがその分、残業が多いブラックな面もあったりします。

 

残業が多いことで高いパフォーマンスを発揮できなかったり、尋常ではないストレスが発生するなど多くの看護師を悩ませています。

このような辛い状況にあるので、看護師の残業に関するデータと残業が多い理由についてご紹介した後に、私がおすすめするホワイトな職場を紹介してくれる転職サービスをご紹介します。

 

求人も厳選しているので、安心して使うことができますよ。

 

ホワイトな職場を紹介してくれる看護師向け転職サービスはこちら

看護師残業に関するデータ

 

他の職業を比較しても看護師は、残業が多い職業として有名ですよね。

 

看護師の残業は平成20年に日本看護協会が行った調査によると、月平均で23.4時間残業していることがわかりました。

20日働くとすると、1日平均の残業時間が2時間を超えるので、かなり残業が多いといえます。

 

看護師の場合は夜勤のときもあり、より疲労がたまりやすい勤務体系になっているので、かなり辛い状況といえるでしょう。

また、60時間以上残業をしている看護師も約3%の割合でいて、深刻な問題になっているのが現状です。

 

 

所定時間外に労働した時間数(研修・研究の時間を含み、申告した時間数に限られない)は、月平均で 23.4 時間であり、所定時間外労働を行った看護師等のうち月60 時間超の者の割合は 5.0%との調査結果がある(平成 20 年日本看護協会「時間外労働、夜勤・交代制勤務等緊急実態調査」)。

なお、一般労働者のうち、週労働時間 60 時間(1 ヵ月で約 80 時間の法定時間外労働に相当)以上の者の割合は 9.2%である(平成 21 年総務省「労働力調査」)。

参照:看護師等の「雇用の質」の向上に関する省内プロジェクトチーム報告書。厚生労働省

 

看護師の残業が多い理由

 

自ら望んで看護師は残業をしている訳ではなく、様々な理由によって看護師は辛い残業をしています。

医療施設やその時の状況によって大きく異なっているのですが四つの理由が主に関係しており、看護師に残業を生み出しています。

 

慢性的な人材不足が原因

 

辛い残業が発生してしまう理由として、看護師は慢性的な人材不足に悩まされているのが関係しています。

 

他の職業だとすぐに人材を補充することができるのですが看護師は、すぐに人材を補充することができないです。

看護師資格が必要ですし、資格を持っているだけではなく患者に対して適切な看護を行える能力が必要不可欠です。

 

看護師として働くには、この条件をクリアしなくてはいけないので、すぐに人材を補充できる訳ではありません。

国は看護師の残業、人手不足の状況を「看護師等人材確保促進法」の改正などにより、14年で50万人の看護師を増やす計画を立てていますが、残業が多い状況は続いています。

 

看護を求めている患者の増加

 

看護師が不足しているだけではなく、昔と比較しても看護を求めている患者が増えているのも関係しています。

少子高齢化によって現在は、高齢になった人が多く看護を求めている状況です。

今後はもっと高齢化社会が進んでいくので、看護を求める人が増えていきます。

このような理由によって、看護師一人の看護業務負担が大きくなり、必然的に残業が発生しています。

特に大学病院や総合病院など多くの患者が入院している医療施設では、頻繁に残業が発生するケースも多いです。

このままでは現在働いている看護師が限界を迎えてしまい、大切な人材を失ってしまう恐れがあるので大きな問題になっています。

 

勉強会によって辛い残業が発生

 

看護師として仕事をするのは、常に高い看護スキルを習得しなくてはいけません。

そこで看護師は定期的に勉強会が行われており、適切な看護の仕方がや新しい看護スキルなどを習得しています。

この勉強会なのですが基本的に仕事が終了した後に実施されることがほとんどです。

看護師によっては、勉強会によって多くの残業が発生している場合もあります。

勉強会に参加しないと看護師として、高いスキルや能力を発揮することができないので多くの看護師が参加している状況です。

これも多くの残業が発生する一つの理由で、辛い部分になっています。

 

看護記録

 

看護記録を残さなくてはいけないのも看護師に残業が発生する一つの理由です。

看護記録を残すのは、基本的に仕事が終了した後に行われます。

看護記録を残すことによって、どのような看護業務を行ったのか把握でき、どのくらいの能力を身に付けているのか看護長や管理職が理解できます。

医療法によって、二年間の保管が義務付けされており、とても大切な記録にもなっています。

看護記録を残さないとどのような看護業務を行ったのか分からないです。

それによって、医療や看護ミスなどが生み出される恐れがあるため、ミスのないように看護記録を残さなくてはいけません。

とても大変な作業になっており、時間がかかってしまうことも多いので、このように看護師の残業問題に繋がっています。

 

看護師が残業が多い時にやるべきこと

 

看護師として仕事をしており、あまりにも残業が辛い場合は色々とやるべきことが存在しています。

残業に悩まされている看護師によって、どの方法が最適なのか異なっているので、冷静に考えなくてはいけません。

自分に適している方法を実施できれば、現状を打開することができ、少しでも残業に悩まされないで済むようになります。

 

転職

 

新しい医療施設に転職すれば、現状残業に悩まされている看護師は快適に仕事を行える可能性が生まれます。

それぞれ発生している残業は医療施設によって異なっており、ほとんど残業が発生していない医療施設も存在しています。

このような医療施設を選択すれば、残業の心配をしないで看護業務を行える為、プライベートに悪い影響を与えないで済みます。

その他にも仕事とプライベートをしっかりと分けられるので、集中しながら看護業務を実施しやすいです。自然とミスやトラブルが少なくなり、優秀な看護師として成長できるチャンスも発生します。

実際に多くの看護師が残業問題を筆頭に様々な問題で、新しい医療施設に転職をしています。

慢性的な人材不足に悩まされているのもあり、比較的簡単に看護師転職を行える状況です。

その中でも納得できる医療施設に転職できれば、残業を減らせるだけではなく給料や福利厚生など色んな部分で恩恵を受けることが可能です。

少ない残業の職場を紹介してくれる看護師の転職サービスがあるので、それを使ってみるのもいいかもしれないですね。

 

ホワイトな職場を紹介してくれる看護師向け転職サービスはこちら

 

看護師に必要な能力をアップ

 

辛い残業が発生している理由として、自分自身の能力が不足している恐れがあります。

定期的に実施されている勉強会だけでは、看護師として必要な能力を高められない恐れがあります。

そこでプライベートの時間を利用して、一生懸命勉強すれば少しでも看護師として必要な能力を高められます。

高い看護スキルに加えて、コミュニケーション能力を発揮できれば、多くの患者に適切な看護を実施できます。

大切な患者の命を守ることができ、状況によっては患者から感謝の気持ちを伝えられるのでやりがいも得やすいです。

優秀な看護師に成長できれば、スピーディーに看護業務を行えるので残業が減る可能性が発生します。

良好な人間関係を保ちながらフォローを心掛ける重要性

 

残業が発生している理由で、看護師同士のコミュニケーションに問題が起きている可能性があります。

看護師は一人で仕事をしなくてはいけないケースもあるのですが基本的に協力しながら看護業務を行わなくてはいけないです。

コミュニケーションや連携が不足していると効率よく看護業務を行えないです。

結果的に残業が増えてしまう恐れがあるので、コミュニケーションや連携を円滑に行うことが求められます。

対策として良好な人間関係を保てるように積極的なコミュニケーションを実施していくのが効果的です。

そしてお互いのことを理解した上で、大変な看護業務が発生した時は協力しながら業務を行えるので、多くの時間を費やさなくて済みます。

常に看護師同士がフォローを行える環境にすることで、残業時間が改善されるチャンスが出てきます。

 

退職代行

 

看護師は慢性的な人材不足に悩まされているので、医療施設の都合によっては辞めることができない場合もあります。

そのような状況に対応するため、退職代行を検討することで何としても医療施設を辞めることが可能です。

退職代行は自分の代わりにできる限り円満退職できるように交渉してくれる心強い存在です。

医療施設の問題によって、退職することができなくても何とか退職できるように交渉や手続きを行ってくれます。

問題なく辞めることができれば一番いいのですがどうしても辞められないという場合は、退職代行に頼るのも選択肢の一つです。

 

退職代行ってなに?退職代行を使うメリット、デメリット

 

まとめ

 

月平均10時間から40時間ほどの残業が当たり前に発生しており、60時間以上の残業も発生しているのが看護師です。

慢性的な人材不足に加えて、看護を求めている患者が増えているのも関係しており、看護師の残業が多くなりやすいです。

もし多くの残業が発生した場合、転職を検討するだけではなく、自分の能力アップを目指すことで少しでも残業を減らすことが可能です。

その他にもお互いの看護師が協力し合えるようにコミュニケーションを積極的に取っておくことも重要です。

万が一の状況に合わせて、退職代行も検討しておけば、医療施設を辞められない状況を少しでも回避可能です。

医療施設によっては、ほとんど残業が発生していない医療施設もあるので、色んな方法で辛い残業を少しでも改善できます。

 

ホワイトな職場を紹介してくれる看護師向け転職サービスはこちら

 - 仕事, 看護師