看護師辛い。サービス残業に三交代。転職の現状と対策を伝授します

      2019/07/05

高度な看護スキルに加えて、患者に適切なコミュニケーションを行うことが看護師。

社会貢献性の高い看護師ですが、辛いと感じている看護師が多くいます。

この記事を見ているあなたも看護師が辛いと感じているのではないでしょうか?

 

もし、辛くて我慢できないのであれば、ホワイトな職場を紹介してくれる転職サービスを使って、他の職場にうつるのもありかもしれません。

 

この記事では、看護師が辛い思いをする理由をご紹介した後に、辛いと感じている看護師がとったほうがいい行動をご紹介します。

 

ホワイトな職場を紹介してくれるて転職サービスはこちらから

看護師辛いに関するデータ

 

看護師の仕事をする上で、過酷な労働が生み出されている要因として二点あります。

どちらも看護師にとって厳しい環境になりやすく、心身の疲労が発生しやすくなっているので、看護師は辛いと感じやすいです。

 

三交代のせいで身体を休めるのが難しい

 

三交代を採用している医療施設は多く、看護師にとって辛い環境になっています。

二交代と比較して明らかに身体を休ませる時間が短いです。

あまりにも酷い場合は、次の勤務まで身体を休ませられる時間が八時間未満になっているケースがほとんど。

二交代は状況によって、十二時間以上身体を休ませことができるので、次の勤務までにしっかりと身体を休ませられます。

データ的に三交代の方が圧倒的に負担が大きいので、三交代で働いている看護師は辛い環境の中で看護業務を行わなくてはいけません。

残業代が支払われないサービス残業の現状

 

一部の医療施設では、一定以上の残業時間になってしまうと残業代が支払われないケースが存在しています。

多くの残業が発生しやすい看護師にとって、サービス残業を行う可能性が生まれてきます。また残業代を支払わない医療施設もあるので、看護師にとって辛い現実です。

できる限り残業をしないように心がけていても患者や医療施設の問題によって、残業をしなくてはいけない場合も出てきます。

その時看護師は、残業代を貰えないサービス残業をしなくてはいけないので、看護師が辛いと感じやすい部分です。

多くの看護師が辛いサービス残業を行っており、何とか看護業務を行っているのがデータに残されています。

 

看護師が辛い理由

 

看護師が辛いと感じる理由として、色んな理由が関係しています。

働く医療施設によってどのような辛い部分が発生するのか異なります。

どのような原因で辛いのか分析しないと何時まで経ってもその辛さを感じながら看護業務を行わなくてはいけません。

 

給料が安くて辛い

 

看護業務を希望して看護師になった人も多い中、辛いと感じやすい部分なのが給料です。

医療施設としては安い給料で、できる限り優秀な看護師を採用したいと考えています。

そこで人件費を節約するため、安い給料に定められている医療施設は全国各地に存在しています。

このような医療施設で仕事をしてしまうとかなりの高確率で、看護師は給料が低くて辛いと感じやすくなるので、注意しなくてはいけません。

給料が安くても昇給頻度が多めの医療施設は、頑張り次第で相応の給料を獲得できます。

しかし安い給料に定められている医療施設は、基本的にそこまで昇給頻度が多めに定められている訳ではありません。

少しでも人件費を節約して、医療施設の経営を行っていきたいと考えているため、どうしても給料が安くなりがちです。

賞与に関しても期待するのが難しいので、更に辛いもしくはモチベーション低下を引き起こしやすいです。

 

劣悪な人間関係にうんざり

 

看護師が働いている病院や医療センターなどの医療施設では、必ずしも良い人間関係が築かれている訳ではありません。

いくつかの派閥が存在しており、協力しながら看護業務を行うのが難しい場合も多いです。

看護師は看護師だけではなく、医師やその他のスタッフと協力しながら業務を行わなくてはいけないです。

その為にも連携が必要不可欠で、できる限り良い人間関係が築かなくてはいけません。

しかし劣悪な人間関係になっている場合、満足できる業務を行えないだけではなく、精神的な苦痛も発生しやすいです。

あまりにも酷い場合は、職場でいじめや差別なども発生する恐れがあるので、気を付けないといけません。

実際に看護師として働いている人の多くが人間関係にうんざりしており、辛いと感じています。

 

仕事辞めたい!人間関係でストレスが・・・

 

何時も発生する残業が辛い

 

様々な理由によって、残業が発生してしまうのが看護師になります。患者の容体が急変した場合は、業務が終了しそうでもきちんと対応をしなくてはいけません。

その他にも診察する患者が残っている場合、業務が過ぎても丁寧に看護することが求められてきます。

運よく定時に業務が終了した場合でもその後に勉強会や講習などに参加しなくてはいけないケースも多いです。

このように色んな理由で、常に残業が発生しやすく辛い状況になりやすいのが看護師です。

まだ残業代が支給される場合は、モチベーションを保つことができます。

しかしサービス残業の場合は、お金を貰えないので精神的に辛さを感じやすいです。

 

看護師の残業って多い?多い理由とそのときの対処法

 

夜勤がある

 

看護師はずっと日勤で働ける訳ではありません。

医療施設によっては、ずっと日勤で働ける場合もあるのですがかなり稀なケースになります。

日勤だけではなく、夜勤も交互に働かなくてはいけないことも多いので、看護師の辛い部分です。

規則正しい生活をするのが難しく、体調管理が他の職業と比べても難しいです。

また看護師は体調不良になってしまうと他の患者にウイルスや細菌をうつす恐れが出てきます。

しっかりと完治させないと仕事を行えないので、状況によっては働けなくなる可能性もあります。

一番辛いのは日勤と夜勤が交互に来るパターンで、身体のリズムがおかしくなり、体調不良を起こす人も多いです。

 

 

看護師が辛いときにやるべきこと

 

 

看護師の業務をする上で辛いと感じた時は、四つの対処方法があります。

このまま我慢をしてしまうと身体だけではなく、心も壊れてしまって今後の人生に様々な悪影響を及ぼす危険性が出てきます。

少しでも快適な生活を取り戻す為、看護師が辛いと感じた時は、思い切って行動を起こすことも必要です。

転職

 

全ての医療施設が過酷な労働環境や人間関係になっているとは限りません。

看護師が安心して働ける環境の医療施設も全国各地にあるので、このような医療施設に思い切って転職することも状況によっては必要です。

そうすれば辛い環境の中で仕事をする必要は無くなり、気持ちよく看護師として働けるようになります。

給料や職場環境などが原因で、転職を実施している看護師はたくさんいます。

そして納得できる医療施設で働くことで、充実した業務時間を過ごせたり、プライベートを快適に過ごす事ができています。

 

最近では、ホワイトな職場を紹介してくれる転職サービスもでてきているので、そのサービスを使えば辛い状況から逃れることができると思います。

 

ホワイトな職場を紹介してくれるて転職サービスはこちらから

 

看護長もしくは管理職に状況を訴える

 

何も行動をしないのでは、何時まで経っても状況改善するのが難しいです。

そこで勇気を出して、看護長もしくは管理職に現状看護師として発生している辛い部分を告白することも重要です。

看護長もしくは管理職は、残念ながら看護師に発生している辛い部分を理解していない恐れがあります。

そこで直接伝えることで、どのような部分が辛いのか理解してもらえる可能性が生まれます。

状況によっては、一気に改善される場合があり、少しでも働きやすい環境に生まれ変わるチャンスがでてくるので、試してみる価値があると思います。

 

同じ医療施設で働いている看護師同士で話し合い

 

自分一人だけ看護師として辛いと感じているのではなく、同じ医療施設で働いている他の看護師も辛いと感じている場合があります。

お互いに看護師同士で話をすることで、看護業務や人間関係の問題などを改善できるチャンスがあります。

そこで自分と同じ悩みもしくは辛さを他の看護師が感じていた場合、お互いに共感できるのでこれまで以上に強い人間関係を築ける可能性が出てきます。

また本音で話し合いをすることで、どの部分に問題が起きているのか明確にでき、問題部分改善に期待できます。

 

退職代行

 

このままでは身体だけではなく、心がもたないと感じた看護師は退職代行を利用することで、一気に医療施設を辞めることもできます。

退職代行はそこまで高い金額ではなく、給料が低い看護師でも十分にお金を支払うことが可能です。

そして無事医療施設を辞めることができれば、これまで感じていた辛い部分を感じなくて済むようになります。

身体だけではなく、心の負担も軽減できるので快適な生活を実施しやすくなるのが特徴です。

医療施設の看護師不足や看護の問題によって、辞めさせてくれない医療施設も少なからずあります。

そのような医療施設を辞める時、退職代行は頼もしい存在として頼れるので、たくさんの看護師が実際に利用しています。

 

退職代行ってなに?退職代行を使うメリット、デメリット

 

まとめ

 

多くの看護師が辛いと感じながら業務を行っており、給料が低かったり、サービス残業が発生しているのが関係しています。

それだけではなく、人間関係に辛さを感じたり、夜勤の存在によって体調を整えるのが難しい看護師も多いです。

あまりにも我慢しすぎてしまうと看護師として、今後働くのが難しくなってしまいます。

そこで新しい医療施設に転職したり、どうしても辞められない時は退職代行を利用することも重要です。

これによって少しでもスムーズに退職できるようになり、新しい職場で仕事を行いやすくなります。

転職や辞めることを検討していない看護師は、現状の辛い状況を知ってもらう為に看護長や管理職に直接訴えることが大切です。

その他にも同じ職場で働いている看護師同士で真剣に話し合いを行い、何が問題なのか分析することも重要です。

そして問題を明確にすることができれば、その部分を改善することで看護師として、辛いと感じる部分を軽減することが可能です。

 - 看護師