看護師からプログラマーになりたい!大変なところってなに?

      2019/05/01

 

看護師から別の仕事としてプログラマーを選択する人も中にはいます。

ただし誰でも活躍できるわけではなく、プログラマーとして活躍するには大変なことがいくつもあるので乗り越えなくてはいけません。

 

その一方で、プログラマーに向いていればかなり楽しく仕事をすることができますし、その上大変な

そこで看護師からプログラマーになる際、大変なことや楽しいことなどを紹介していきます。

また戦力として活躍するにはどのようなポイントに注目すればいいのか解説します。

 

 

無料で学べるプログラミングスクールはこちら

 

 

看護 師 から プログラマーになる上で大変なこと

 

看護師からプログラマーになる際、大変なことが主に三つ発生しています。

この問題をクリアしないと残念ながらプログラマーとして仕事をするのは難しいので、何としても乗り越えなくてはいけません。

 

開発言語を使用する部分

 

プログラム開発を実施するには、開発言語をある程度極めなくてはいけません。

開発言語はJavaやC言語など色んな種類があるので、それぞれのプログラム開発によってどのような開発言語が使用されているのか異なっています。

全ての開発言語を極める必要はないのですがある程度開発言語スキルを習得しないとプログラマーとして活躍できないです。

初めて開発言語を使用する元看護師にとって、違和感を感じやすい部分なので、何としても慣れなくてはいけないです。

 

残業や徹夜が発生しやすいので体調管理が難しい

 

看護師からプログラマーになる時、残業もしくは徹夜が発生しやすいです。

特に納期が迫っている場合、残業や徹夜の頻度も多くなるのでプログラマーとして仕事をするのに大変な部分になっています。

残業や徹夜が発生した場合でも高いパフォーマンスを発揮しながら仕事をしなくてはいけません。

大変ではあるのですがこの部分を乗りこえることができないとプログラマーとして活躍するのは難しいです。

 

開発する環境に合わせてルールを守る

 

プログラマーとして仕事をする時、各々に定められているルールを必ず守らなくてはいけないです。

ブランクやスペースの使い方に注意したり、誰でも簡単にソースを理解できるようにコメント入力するなどルールが異なります。

特に客先常駐のプログラマーとして仕事をする場合、客先によって全然ルールが異なります。

柔軟に対応していき、開発する環境に合わせてルールを守らないと大変な状況に発展してしまうので要注意です。

 

看護 師 から プログラマーになって楽しいこと

 

大変な部分がたくさんある中、楽しい部分も複数発生しているのがプログラマーです。

看護師からプログラマーに転職した人の中には、楽しさを多く感じることができ、高いモチベーションを保てているケースも多いです。

 

プログラム開発を完了した時に大きな達成感

 

プログラム開発は決して簡単ではなく、状況に合わせて適切なプログラミングを行わなくてはいけないです。

とても大変なプログラマーなのですがプログラム開発が無事に終了した時は、大きな達成感を感じやすいです。

特にバグやエラーがほとんどないプログラミングを実施できた時は、自分だけではなく他の人も納得するので、楽しさを感じやすくなっています。

 

色んな開発言語に触れ合うことが可能

 

Javaの他にC言語やCOBOLなど色んな開発言語がプログラム開発で実施されています。

案件によってどのような開発言語を使用しているのか異なっているので、様々な案件に携わることができれば、色んな開発言語に触れ合うことが可能です。

同じようなプログラミングでも役割が異なっているケースも少なくありません。

色んな開発言語に触れ合い、興味を持てるという部分も看護師からプログラマーになる楽しさの一つです。

 

様々なプログラマーと交流できる魅力

 

プログラマーのイメージとして、黙々と仕事をしている印象が強いかもしれませんが実際には違います。

 

大規模なプログラム開発ほどたくさんのプログラマーが在籍しているので、お互いに協力しながら仕事をしなくてはいけません。

そこで色んなプログラマーと交流をすることができ、貴重な知識やスキルなどを吸収できます。これによってどのようなプログラマーを目指すのか明確にできるので、今後の人生に良い影響を与えられる可能性も生まれます。

 

お互いに協力しながら大変な時も一緒に仕事を行えるので、楽しさを感じやすい部分です。

 

細かなバグやエラーを見つけた時

 

看護師からプログラマーとして楽しさを感じやすい部分で、細かなバグもしくはエラーを見つけた時になります。

特に他のプログラマーでは見つけることができなかったバグやエラーを見つけた時は、優越感を感じやすくなっています。

バグやエラーを少なくできれば、良質なプログラム開発を行えるので多くの人から評価されやすいです。

 

看護 師 から プログラマーになるためにやるべきこと

 

看護師からプログラマーになるには、色々と習得しないといけない能力があります。

一つでも欠けてしまうと優秀なプログラマーとして活躍するのが難しくなってしまいます。

そのような状況を回避するには、プログラマーとして必要な能力を習得することが重要です。

 

IT関連の資格を取得すること

 

IT関連の資格を取得する事で、少しでも案件に携わりやすくなります。基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などの資格を取得すれば、どのくらいの能力を身につけているプログラマーなのか判断しやすいです。

そして優秀なプログラマーとしてアピールする事ができるので、色んな案件に携われてプログラミングを実施できます。

 

開発言語を一つずつマスターする重要性

 

全ての開発言語をマスターする必要はなく、一つの開発言語を極めるだけでもプログラマーとして活躍できる可能性が高いです。

特にJavaやC言語は現在でも多く使用されている言語なので、マスターできれば色んな案件で仕事を行えるチャンスが発生します。

その為にも仕事中に勉強するのではなく、休みの日も少しずつ勉強していき、高度なプログラミングを行えるように努力しなくてはいけないです。

 

コミュニケーション能力を磨くこと

 

一人で黙々と仕事をするのではなく、プログラマー同士で連携を取り合わなくてはいけないです。

そこでコミュニケーション能力が重要になってくるので、コミュニケーション能力を磨くことがポイントになります。

この時にスムーズな話し合いを行えるようにIT関連のニュースを日頃からチェックする事が重要です。

それによって専門的な話をされた場合でも問題なく話をすることができ、プログラミングに良い影響を与えられます。

 

残業や徹夜に備えて体調管理を徹底的に実施

 

プログラマーとして高いパフォーマンスを発揮するには、体調管理を徹底的に行わなくてはいけません。

日中だけではなく夜の時間帯も高いパフォーマンスを発揮できるように体調管理をすれば、多少の残業や徹夜が発生しても全然問題はないです。

常勤の看護師からプログラマーに転職する場合、色んな時間帯で働かなくてはいけないので大変ですが上手く適応しないといけないです。

体調管理をしっかりと行い、体調不良を起こさないようにすれば、どの時間帯でも納得できるプログラミングを行えるようになります。

 

無料のプログラミングスクールに通う

 

看護師からプログラマーになるにあたっては、無料のプログラミングスクールに通うのもありだと思います。

無料のプログラミングスクールでは、転職サービスも兼ねているため、スクールからそのままプログラマーに転職することができます。

 

無料のプログラミングスクールに行くと激務のところで働くことになったなど言われていますが、それはどの職種に転職するとしてもありえることです。

できるプログラマーになれば、在宅勤務など自由な働き方実現できるよう企業からオファーがかかるようになるので、大変なのは実力がつくまでです。

 

某プログラミングスクールでは就職率が96%を超えているため、看護師からプログラマーになりたいのであれば、そのプログラミングスクールを使ってみることをおすすめします。

 

就職率96%のプログラミングスクールはこちらから

 

 

まとめ

 

看護師からプログラマーに転職する時に開発言語を使用したり、色んな時間帯で働かなくてはいけないので大変です。

しかしプログラム開発が終了した時の達成感や細かいエラーを見つけた時に楽しさを感じやすく、看護師からプログラマーに転職している人もいます。

活躍するにはIT関連の資格を取得したり、開発言語を一つずつマスターする事で少しでも活躍できる可能性が生まれます。

 - 仕事, 看護師