海外Webマーケティングとは?日本との違いって?Google、Naver、中国百度

NO IMAGE

日本では海外で暮らしている人に商品やサービスを販売する海外Webマーケティング。

人種や利用しているプラットフォームが違うため、海外マーケティングを成功させるためにはハードルが高く以下のような悩みを持っているのではないでしょうか?

「そもそもどんな海外Webマーケティングの手法があるかがわからない」

「今までほとんど使ったことがないWebサービスで売るのはハードルが高すぎる・・・」

「日本人に刺さった手法を使っても、外国人には刺さらない」

などなど。

日本でトップクラスのWebマーケターでさえ海外マーケティングは失敗するので、かなり苦労していると思います。

この記事では、難易度の高い海外Webマーケティングを成功させるに日本との違いや成功させるために必要なポイント、役に立つ資料集などをご紹介します。

かなり調べた内容になるので、お役に立てると思います。

海外マーケティングに役立つ資料はこちら

目次

海外webマーケティングとは

海外webマーケティングとは海外に住んでいる人に対して、ものやサービスを販売することです。

通常、日本のWebマーケティングでは日本の消費者に販売しますが、海外Webマーケティングの場合は海外に住んでいる人を対象にしてマーケティングが行われます。

日本人と大きく異なる考え方をしているので、日本のWebマーケティングの成功事例が全く通用しないのもよくあるケースです。

海外マーケティングと日本のWebマーケティングの違い

海外webマーケティングを行うにあたって日本国内におけるwebマーケティングとの違いをしっかりと理解しておくことが重要です。

海外Webマーケティングと日本のWebマーケティングでは、「価値観の違い」や「プラットフォームの違い」が挙げられます。

価値観の違い

まず一つ目に挙げられるのが、価値観の違いです。

日本人と外国人はそもそもの価値観が違うために、日本での成功事例を持っていっても通用しないケースが多々あります。

日本の電化製品を例にとってみればわかりやすいと思いますが、日本ではとにかく技術力を高くすることを目指し、機能をどんどんバージョンアップさせていきました。

その一方で、アジアや欧米ではそこそこの機能で安いものを求めていたので、中国や韓国に市場を奪われる羽目になりました。

これは、海外Webマーケティングも同じで、現地の人の価値観に受け入れられるマーケティングや商品開発をしないければなりません。

Webマーケティングを始める前に、その地域に住んでいる外国人のリサーチから始めるようにしましょう。

海外はGoogle以外の検索エンジンにおけるSEO対策が重要

欧米圏では日本同様Googleのシェアが大きいので、GoogleのSEO対策が重要になりますが、韓国や中国などGoogleのシェアが少ない国などもあります。

例えば、中国だと中国百度、韓国だとNaverでの検索エンジン対策が必要になります。

ただでさえ価値観が違うのにも関わらず、

海外webマーケティングを成功させるために必要なポイント

国内とは違ったアプローチ方法が違う海外webマーケティングですが、成功させるためにはどのようなポイントに気を付けるべきなのでしょうか。

海外webマーケティングを成功させるために必要なポイントは次の三つです。

ターゲットにあったマーケティング戦略を立てる

海外でのwebマーケティングを成功させるためにはまず、進出先となるターゲットにあったマーケティング戦略を練ることが重要になてきます。

そのためには価格調査やニーズ調査、トレンド調査を徹底的に行っていく必要があります。

これらの調査で進出を計画している国はどのような国でどのような製品がいくらで売れるのかを明確にしておきます。

調査には多額の費用と時間がかかる場合もありますが、方向性を間違えると失敗に終わる可能性も高まるため、現地の調査会社などを活用してしっかりと調査を行い戦略を立てていきましょう。

とはいえ、予算は限られていますよね。

安く海外リサーチを行いたいのであれば、オンラインアシスタントのフジ子さんにお願いするのがお勧めです。

フジ子さんはアシスタント業務を行ってくれるサービスで、一番安いプランだとなんと時給換算1,590円の安さで外国人リサーチを行ってくれます。

もちろん、専門的な業者と比べると質は落ちますが、それなりのものには仕上げてくるので、費用対効果はかなり高いと思います。

フジ子さんの公式サイトはこちら

信頼できるパートナーを探す

しっかりとしたマーケティング戦略を立てると同時に大切になってくるのが進出する先の国で信頼できるパートナーを見つけることです。

国によっては現地の代理店を通さないとweb広告を掲載できないという国もいくつかあります。

また、インターネットで販路を拡大していくと言っても進出先でのトラブルに対処できるようにしておく必要もあります。

そのため、進出先で一部業務を任せられるようなパートナーの存在は重要になってきます。

また、進出する先のパートナーだけではなく、日本国内でも信頼して作業を任せられるパートナーを見つけることによって少ない自社の人員でも海外webマーケティングによって販路の拡大を行えるようになります。

進出先の言葉や文化などをしっかりと理解する

他の国で製品やサービスを提供するにあたって現地の文化や言葉を理解しておくことも非常に重要です。

国や地域によって当然文化もライフスタイルも大きく異なります。

そのため日本で売れていた商品がそのまま海外で売れるとは限りません。

また、日本語をそのまま現地の言葉に訳したからと言って必ず現地の人に本来の意味通りに伝わるとは限りません。

特に商品を紹介するときなどには現地の人が親しみやすく感じるようにすることが大切であり、言葉をしっかりと理解できていないとうまくいきません。

また、長期にわたってマーケティングを行っていくためには進出先に定着する必要があり、そのためにも言葉の理解や文化の理解、ライフスタイルの理解は非常に重要なポイントになってきます。

海外webマーケティング①Google

海外webマーケティングを行っていくうえでまず検討するのがGoogleの活用です。

Googleは世界的にも有名で多くの人が使っている検索エンジンです。

その強みを活かして世界中に商品やサービスの販路の拡大を行え、海外にマーケットを広げるには最適な媒体と言えます。

ただし、商品を販売する場合は自社でECサイトを作成するか既存のECサイトを利用して商品やサービスを販売するサイトを作る必要があります。

日本と海外のGoogleの違い

Googleを活用して海外webマーケティングを行っていくにあたって一番重要なポイントは、日本と海外のGoogleの違いを理解することが重要です。

同じGoogle検索エンジンでも国によって当然検索に表示されやすいサイトが異なるだけではなく、使える機能も異なる場合があります。

そのことをしっかりと理解したでターゲットの国にあったマーケティングビジョンを作ることが重要です。

SEO

インターネットを使って海外でビジネスを行う場合、海外に向けたSEO対策が重要です。

インターネットを使ったビジネスにおいてSEO対策は基本中の基本ですが、国内と海外ではマーケットの構造が異なるためターゲットの国々に合わせたSEO対策を行うようにします。

まず今あるサイトやこれから作るサイトはすべてターゲットの国の人が理解できるように、ターゲットの国の言語でサイトなどを構築するようにします。

その他には国コードトップレベルドメインを使うのもポイントで、日本で言えば「.jp」のようなドメインを利用することによってターゲットの国において検索表示を増やしやすいです。

リスティング広告

Googleを使って海外webマーケティングを行っていくにあたってリスティング広告も有効活用することも重要です。

リスティング広告とは検索エンジンにおいて検索された単語に連動して表示される広告のことで、効率よく多くの人にプロモーションするするのに最適です。

これもSEO対策同様ターゲットの国に合わせたリスティング広告の掲載が重要で、競合するであろう会社や検索される傾向を把握したうえでリスティング広告を取り入れていきましょう。

また、リスティング広告もSEO対策と同様にターゲットの国に合わせた言語で広告を作ることによってターゲットのユーザーがクリックしやすくなり、マーケティングの成果につながります。

海外webマーケティング②Naver

国別の訪日外国人で中国に次いで多いのが韓国ですが、その韓国をターゲットにしたwebマーケティング戦略を立てる上で欠かせないのが韓国独自の検索エンジンNaverのSEEO対策です。

この検索エンジンは世界的に使われているGoogleとは異なったアルゴリズムを用いて検索結果を表示するため、韓国での海外展開を考える場合、成功させるためにはしっかりと対策を行いましょう。

韓国独自の検索エンジンNaverとは

NaverはGoogleよりも使われている韓国独自の検索エンジンで、日本のYahoo!Japanに近い作りになっています。

しかし、使われているアルゴリズムはGoogleやYahoo!Japanとは異なるため、日本と同じような感覚でSEO対策を練っても失敗につながります。

GoogleやYahoo!Japanでは通常検索広告は3~4個程度しか表示されませんが、Naverでは10個以上も表示されます。

また、NaverはユーザーをNaverのコンテンツ内にとどめておくことによって一定のトラフィックを維持できるようになっています。

そのため韓国での海外展開をする場合はこのことを踏まえてマーケティングを進めていくことになります。

韓国でインターネットビジネスを進めるならブログを活用

韓国人の情報収集にも変わった特徴があり、情報収集を行うときはブログから情報を得ることがほとんどです。そのため韓国では有名なブロガーに企業の宣伝を依頼することが多く、検索エンジンのNaverではブログが検索結果として最初のほうに表示されやすいようになています。

また、現在韓国ではバイラルマーケティング問い呼ばれる口コミによるマーケティング手法が流行っており、多くの韓国人に知られているグルメやコスメ、観光といった情報のほとんどがブログからの情報だと言われています。

そのため、韓国で海外展開を考えている場合はブログで情報を発信していくことも視野に入れておきましょう。

海外webマーケティング③中国百度

韓国ではNaverという独自の検索エンジンを使っていますが、中国でも独自の検索エンジン百度が高いシェアを誇っています。

そのため、中国でのwebマーケティングを行っていくためには独自の検索エンジン百度でのSEO対策を行っていく必要があります。

中国ではGoogleは使えない

共産主義国家である中国ではネットの検閲も厳しく、現在世界的に使われている検索エンジンのGoogleは使えません。

検索エンジンだけではなく、Googleが提供するサービスすべてが利用できないのが現状です。そのため中国独自の検索エンジンである百度が高いシェアを握っています。

独自の検索エンジン百度とは

中国の約70%近くの人が利用している独自の検索エンジン百度ですが、韓国のNaver同様独自のアルゴリズムで検索結果を表示させています。

しかし、日本国内においてそのアルゴリズムに基づいたSEO対策に関する情報を入手することは難しく、日本の企業が百度におけるSEO対策を行っていくのは難しいとされっています。

また、百度はインデックスにすごく時間がかかると言われており、ウェブページをインターネット上に公開して数か月たって百度で検索してもサイトが表示されないこともたくさんあると言われています。

現地法人があったほうが良い

webマーケティングのいいところはインターネットを活用することによって日本にいながら海外にマーケットを拡大できることです。

しかし、中国での展開を考える場合は現地法人を設立した方が有利に展開できる場合もあります。

中国国内に現地法人を置くことのメリットは二つあり、百度に掲載される検索連動型の広告を自社のみで管理ができ、ICPの登録を行って中国国内でサーバーを設置しサイトを開設することもできます。

現地法人がない場合は中国国内にサーバーを設置することはできず、検索連携型広告は日本の代理店に依頼して管理してもらうことになります。このことを理解した上で中国をターゲットにしたマーケティングを行っていきましょう。

海外webマーケティング④アリババ

中国を中心にアジア圏をターゲットにした海外webマーケティングを行う上で百度と同じく必要不可欠な媒体がアリババです。

アリババはアジア圏では最大のネットショッピングサービスを提供しているのが特徴で、アジア圏をターゲットにネットショップの展開を考えているのであれば必要不可欠になってきます。

アリババは海外展開に利用しやすい

中国では通販と言えばアリババと多くの人が答えるほど高いシェアを誇っているアリババですが、現在世界中の複数個所に拠点を展開しているため中国国内だけではなく世界中をターゲットにして販路を拡大できます。

また、アリババには企業間取引に使われるサイトと個人消費者へ向けて販売するサイト、個人同士で売買するサイトに、国際的に販売を行うサイトの4種類がありそれらを有効活用することによってアジア圏での展開に非常に役立ちます。

アリババとAmazonの違い

中国を中心にアジア圏において高いシェアを誇るアリババですが、同じく世界的に展開しているAmazonとの違いもしっかりと理解しておくことも重要です。

共に世界的に展開しており毎年数多くの取引が行われているAmazonとアリババですが、ターゲットにしている層が違うだけではなくシステムも大きく異なります。

まずターゲットにしている層は世界中のさまざまな消費者に向けて戦略を練っているAmazonに対し、アリババは世界中にいる中国人をメインターゲットにしています。

出品者側としての違いとしてはAmazonは出店するために出店料を払う必要がありますが、アリババは無料で登録できるのが特徴です。

Amazonは出店者からの出店料や取引成立時にかかる成約手数料が収入減になっていますが、アリババはマーケティングのサポートがつく有料会員による収入とサイト内の広告が収入源となっているからです。

アリババジャパンの出店サービスを活用する

アリババを使って商品を販売するときは天猫や天猫国際の二つのサイトに出品する必要があります。

その際に便利なのがアリババジャパンが提供している出店サービスです。

このサービスは有料のサービスになりますが、各々の状況に応じたサポートをしてくれます。このサービスを活用することによってスムーズに商品の登録でき、大変な作業を減らせます。

おすすめの海外webマーケティング業者

知識やある程度の人員を割ける場合は自分たちで行う方がスピーディーかつ自由度高くマーケティングを行っていけますが、必ずしも知識がある人員を用意できるわけではありません。

そのような場合に最適なのが海外webマーケティングを支援したりコンサルしたりする業者に依頼するのも一つの手段です。

そこで、海外webマーケティングの支援やコンサルなどを依頼するのに最適な業者をいくつか紹介します。

LIFE PEPPER

おすすめの業者の一つ目はLIFE PEPPERという業者です。

数多くの大企業との取引実績もある信頼度の高い業者で、各企業や個人事業主に合わせたマーケティング設計と支援を行ってくれます。

特に韓国や中国、台湾など日本周辺の各国に対して強く、アジア圏をターゲットにしたマーケティングを行っていくときに最適です。

しかし、そのほかの国をターゲットにしたマーケティングにも対応しており、ヨーロッパやアメリカ方面をターゲットにしたマーケティングにおいても強い味方になってくれます。

LIFE PEPPEのサイトを覗いてみる

The Japan Times

ジャパンタイムズは英字新聞を発行するノウハウを活かして英語を使ったサイトの制作やコンテンツの作成、発行する英字新聞への広告掲載といったさまざまな形で英語を使って海外webマーケティングを支援してくれる業者です。

120年以上の歴史もあり信頼度も高く、英語圏をターゲットに海外展開を考えている場合に役立つ業者です。

ジャパンコンサルティング株式会社

ジャパンコンサルティング株式会社は多種多様な媒体において海外展開を考えている企業や個人事業主を支援及びコンサルを行っている企業です。

既存のサイトの多言語翻訳はもちろんのことAmazonでの商品販売やGoogleアドワーズ広告の運用、YouTubeやインスタグラム、FacebookといったSNSに掲載される広告の運用代行といった数多くのサービスを展開しています。

サイト制作や広告運用の知識が少ない人や広告の運用などに人を割けない企業などに非常におすすめの支援業者です。

海外Webマーケティングで役立つ資料

次にご紹介するのが、海外Webマーケティングに役立つ資料についてです。

海外Webマーケティングを成功させるには、海外マーケティングに成功している企業から学ぶのが一番です。

そこで、一番手っとり早いのが、役に立つ資料をダウンロードすること。

成功ノウハウが詰まっているので、有料級だと思います。

中でも、お勧めしているのが、「海外マーケティング会社が社内で使う秘伝のツール29種」。

こちらは、年間600件の海外マーケティングに関する相談を受けているLIFE PEPPER社が実際に使っているツールを紹介している資料です。

海外マーケティングとなると日本のWebマーケティングとは違い、使うべきツールの情報すらなかなかおりてきません。

そうなると、ツールベンターやコンサル業者に高いものを買わされ、騙されるケースも多々あります。

この資料では、本当に役立つツールが乗っているので、かなり役に立つ思うので、ご紹介しました。

海外マーケティング会社が社内で使う秘伝の29種はこちら

海外webマーケティングに役立つおすすめの本

海外webマーケティングは知識が物をいうところがあるため、常に正しい知識を身に着けて挑むことで成功しやすくなります。

そのためにはさまざまな本を読んで勉強することが重要で、そこから必要な知識を吸収してマーケテイングに活かしていきましょう。

次の2冊は海外webマーケティングについて詳しく解説されており、非常に役に立つおすすめの本です。

海外Webマーケティングの教科書

一冊目は著者高岡謙二氏が日本実業出版社から出版している海外webマーケティングの教科書です。

海外webマーケティングのバイブル的な本で、今までなかった外国向けのサイト運用について詳しく解説されています。

著者の高岡謙二氏も訪日外国人や在日外国人に向けたサイトを運営している会社の取締役であり、今までサイト運営などで培ったノウハウが詰まった本です。

この分野の実用書などはまだまだ少ないのが現状ですが、なにか参考になる本が欲しいという人におすすめです。

海外Webマーケティングの教科書はこちら

海外SEO SEM ウェブマーケティングで世界を制す

二冊目は著者山岸ロハン氏が翔泳社から出版している海外SEO SEM ウェブマーケティングで世界を制す!という本です。

世界的に使われているGoogle以外にもYahoo!やNAVER、Yandex、百度といったさまざまな検索エンジンにおけるwebマーケティングの手法やSEO対策など著者の経験に基づいたさまざまなノウハウを学べる本となっています。

企業や個人関係なくインターネットを活用した海外進出を考えており、勉強したいと考えている人にとっておすすめの本です。

海外SEO SEM ウェブマーケティングで世界を制すはこちら

まとめ

日本国内のマーケットの規模は少子高齢化によって縮小傾向になりつつあり、販路拡大を狙う企業の多くが今や海外に向けて販路の拡大を狙っています。

webマーケティングという方法であれば基本的に現地に法人を作る必要も少なく、中小企業も行いやすい方法とも言えます。

海外webマーケティングをしっかりと成功させるためには知識と進出先の理解、そのほか進出先にあったマーケティング戦略を練ることが大切です。

まだまだ海外webマーケティングを行っている企業や個人事業主が少なく、インターネット上に出回っている情報は少ないですが、インターネットをうまく活用して海外でのマーケティング活動を行っていきましょう。

マーケティングカテゴリの最新記事