ブログ執筆代行!選び方とおすすめの業者をご紹介

      2019/05/05

ブログ構築をする上で、記事の作成は言うまでもなく基本であり、最も多くの労力と時間を必要とするのもこの部分です。

内容が充実し、数多くの記事が掲載されているブログは、信頼性が高まり説得力が増すものです。

信頼性の高いブログから商品販売やアフィリエイトを行えば、成約につながる可能性も高くなります。

一方で、充実したブログを作成していく労力は非常に大きく、早く成果を出したい場合にもどかしさを感じることもあるでしょう。

そういった問題を解決する手段として、ブログ執筆代行を利用することは有益です。

 

おすすめの業者をいますぐ知りたい方はこちら

 

ブログ執筆代行を頼むメリット

 

ブログ執筆代行を利用すれば、もちろん対価として費用が必要になります。

しかし、上手に活用することで、対価をはるかに超えるメリットを得ることができます。

極めて高いコストパフォーマンスを実現することも可能なのが、ブログ執筆代行の特徴です。

メリットには、大きく分けて2つの点があります。

 

充実したブログがすぐに完成する

 

ブログ執筆代行の利用によって、多数の記事を短期間で集めることが可能になることは、ブログ運営において大きなメリットです。

個人で書けば何ヶ月もかかるようなものでも、すぐに大量の記事を手にすることができます。

短い時間で、充実したブログを完成させることが可能になります。

ブログ運営者にとって、記事の執筆は大きな労力と時間をかけなければいけない部分です。

もちろん単に記事を書けばいいというものではなく、内容の充実度が求められます。

記事内容が薄いものであるなら、ブログを訪れた人の期待に沿うことができず、すぐに立ち去ってしまう状況になるからです。

多くの記事を書くこともそうですが、常に高品質の記事を書くというのは困難を伴います。

ブログは一定の頻度で更新することが、属性に合った読者を集めるポイントです。

しかし、記事を書くための情報を集めることや、専門的なものであれば常に勉強も必要です。

書き始めても、うまく文章がまとまらず、 筆が止まることもあるでしょう。

内容の精査や誤字脱字のチェックを行う時間も必要です。

そういった手間を省くことが可能になるのが、ブログ執筆代行の利用です。

納品された記事をブログに掲載すればいいだけなので、作業がスムーズに進んでいきます。

また、納品された記事の著作権は自分に移るため、その記事を自由に改編することも可能です。

そのまま使用しても、加筆や訂正も自由であり、状況に応じて適度に改編することでその記事を長きに渡って使い続けることも可能です。

1回料金を支払うだけで、ずっと利用できる記事が手に入ることは大きなメリットです。

集客に集中できる

 

 

ブログは、記事を掲載すればそれだけで多くのアクセスが集まるというわけではありません。

記事の充実は基本ですが、その上でブログの訪問者を集める必要があります。

記事内容が優れていれば、再びそのブログを訪問してくれる人の数も多くなります。

また記事数が多ければ、他の記事も読んでみたいと思う人も増えるため、ブログのアクセスはさらに伸びてきます。

そういった好循環を作るためには、充実した記事内容と共に、多くのアクセスをブログに集める取り組みが大切です。

SEO対策、SNSの利用、広告の利用など、様々な面からアクセスの導線を作ることが必要になります。

しかしブログの執筆に追われていると、集客の取り組みを行う時間が限られてくる可能性があります。

SEOを意識したブログを書くためには工夫も必要です。

SNSを利用してブログに集客する場合でも、SNSに投稿したり、フォロワーを集めたりする作業には時間が必要です。

広告を利用するのであれば、効果的な広告についてのリサーチも必要になってきます。

ブログ執筆代行を利用すれば、執筆時間を大幅に削減することが可能になるため、その時間を集客に取り組むことに専念できます。

どのような優れたブログであっても、訪問者がいなければ読まれることはないため、集客という部分は非常に大切な点です。

集客に時間を使える状況は、ブログの訪問者拡大を加速していくでしょう。

ブログ執筆代行の選び方

 

記事を執筆する人を探すためには、ブログ執筆代行の業者選択が大切です。

個人で探すことも可能ですが、効率が悪くいつまでも見つからない可能性があり、信頼性においても不安定な面があります。

その点でも業者を利用すれば、すでに多くのライターがそこに在籍しているため、自分で探す手間が省けます。

ブログ執筆代行の業者は複数あり、それぞれで特徴やシステム、記事の集まり方や品質、費用などに違いがあります。

選び方のポイントを押さえておくことで、自分に合った業者選びが可能になります。
ここでは、3つの点から考えてみましょう。

ライターの数と質に注目する

ブログ執筆代行業者に在籍しているライターの数がどの程度か調べておくと、業者選びの参考になります。

多くのライターがいれば、それだけ様々な分野を得意とするライターがいることになるからです。

メジャーな分野を扱うブログはもちろんのこと、ニッチな内容であっても、多くのライターがいればその内容に精通している人も存在する可能性が高くなります。

集まりにくい記事内容であっても、執筆者を探すことが容易になるでしょう。

特に、短期間で素早く記事を集めたいブログ運営者にとって、この点は重要です。

ライター数が多いということは、それだけ歴史や実績があり、ライター集めも熱心に行っていると考えられます。

但し、ライター数が少ないからといって、その業者が劣るという意味ではありません。

厳選した質の高いライターを集めている場合もあり、特徴を調べておくことが大切です。

各業者では、タスク案件のように誰でも記事執筆に取り組むことができる形式や、プロジェクト案件のようにクライアントと受注者が話し合いで調整しながら進めていく形式など、様々なものを用意しています。

受注者をスカウトしたり、連絡を取り合ったりするなど、より自分に合ったライターを探すことも可能です。

依頼件数やリピーターはどの程度か

 

記事の作成依頼をしている人が多いということは、その業者に対する信頼性が高いことを意味します。

特にリピーターの数が多ければ、それだけ効果を感じている人が多いということであり、記事の集まり方や品質に満足している証明と考えていいでしょう。

無料で利用できるものならともかく、記事の作成依頼にはコストがかかります。

そのコストを使っても、それを超えた効果を感じるからこそリピートが行われます。

また、システムの使いやすさなど、実際の利用においてスムーズに操作可能な点も、リピーターが多くなる要因です。

それは記事の受注者にも当てはまることです。

記事を書きやすいシステムを用意しているからこそ、継続した利用者が多く、参加人数も多いと考えていいでしょう。

品質の良さで選ぶ

 

 

コストはできるだけ抑えたいと考えるのは当然であり、記事執筆の費用をできるだけ節約したいと考えることもあるでしょう。

但し、質の悪い記事が集まっても意味がないため、費用面を意識しながらも、どれだけ記事の品質が保たれているかを重視して選ぶことが大切です。

実際に利用してみれば、品質のレベルは判断できますし、実際に自分のブログに掲載することで反応を確かめることもできます。

コストと品質のバランスが取れた業者を選ぶことが重要です。

おすすめのブログ執筆代行

 

ブログ執筆代行の業者は、大手から小規模のものまで幅広く存在します。

それぞれが独自の特徴を出して、クライアントの要望に叶うシステムを用意しています。

ここでは筆者がおすすめする5つのブログ執筆代行をご紹介します。

 

 

ハピスキ:業界トップクラスの編集者が在籍

 

おすすめのブログ執筆代行1つ目がハピスキ。

ハピスキは2019年1月に設立されたスタートアップですが、編集者の実績がとにかくすごいです。

編集者には「400万PVをほこるオウンドメディアの総編集長」や「オウンドメディアのPV5ヶ月で25倍に伸ばす」など業界の最前線を走るような編集者が在籍しています。

その編集者などが、ライターさんが書いた原稿をよくなるまでフィードバックし続けるので、質の高いブログ記事を納品することができています。

ブログ執筆代行でこれまでの体制を敷けているところはあまりないので、かなりおすすめしています。

 

ハピスキの記事作成代行はこちらから

 

クラウドワークス:最大級の規模を誇る安定したサービス

 

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサービスで、多くの実績があります。

多数のライターが在籍しており、短期間で多数の記事を集めたい場合にも適しています。

記事作成以外にも、様々なスキルを持った人が在籍しているため、幅広い利用が可能です。

多くのクライアントが存在し、リピートも多く、絶えず新規案件があるため受注者にとっても利用しやすい業者です。

クライアントは気に入った受注者がいればスカウトも可能であり、ブログ内容に合う適切な記事を書いてくれる人を集めることもできます。

 

ランサーズ:歴史が古く多くの人が利用

 

ランサーズは最も歴史の古いクラウドソーシングの一つです。

長く運営されていることから、実績や信頼性も高く、依頼数や利用者が多いのが特徴です。

また、評価制度が充実しています。

認定制度もあり、一定の実績を重ねているライターを簡単に見つけることができます。

メッセージで自分の好みのライターとやり取りをすることも可能であり、関係を継続することで品質を保ったブログ記事を長期的に得ることも可能です。

 

サグーワークス:全てを任せることができるサービス

 

サグーワークスは記事特化型で、SEOにも対応しています。

ライターとのやり取りは全てサグーワークスが担当するため、何かあってもクライアントがライターに問い合わせる必要もありません。

記事に関してはコピペチェックや目視による確認を行い、完全な形で記事を納品するため、クライアントの手間を大いに省くことが可能です。

オーダーメイドプランを利用すれば、専属の記事ディレクターからアドバイスを受けることもでき、記事の監修や企画などのニーズにも対応してくれます。

 

記事作成センターは納期厳守や品質担保が充実

 

記事の納期が遅れれば、ブログ作成のスケジュールにも支障をきたしますが、記事作成センターは納期厳守と品質担保に力を入れているため、クライアントにとっても安心できます。

記事のチェック体制も充実しており、コピペの記事が納品される心配もありません。

記事作成依頼に伴う様々な煩わしい業務も全て代行し、その点でもクライアントにとって時間の節約になります。

 

まとめ

 

ブログ執筆代行は、多くの記事を短期間で手にすることができる便利なサービスですが、使い方によってさらにそのメリットを大きくしていくことも可能です。

そのためには、各業者の特徴をよく理解し、目的に合致するものを選ぶことが大切です。

利用料金も各社によって違いがあり、予算との兼ね合いも考慮しながら、品質の良い記事を納品できる業者を選択していくといいでしょう。

利用に慣れれば、各社が用意している様々なサービスを柔軟に使っていくことで、さらにブログの拡大や質の高いブログの構築も可能です。

 - 記事制作