雨漏り対策の方法!修理費用を火災保険で捻出する方法も

   

日常の生活ではあまり意識することはありませんが、万が一雨漏りが起こった場合には迅速で的確な対処が必要です。

 

雨漏りが起きているということは、家の内部に水が浸入しているということであり、これを放置しておくとカビや汚れ、シロアリ被害といった、家屋の深刻な被害に繋がる危険性が高まります。

 

このため雨漏りを見つけたら、まずはより被害を広げないように適切な対処をしておくことが大切です。

 

雨漏り対策①部屋の中で行う場合

 

雨漏りが起きているということは、家屋の屋根や外壁のどこかに亀裂や劣化が生じているということになります。

 

しかしながら雨漏りが実際に起こっている最中は、屋外が悪天候の場合も少なくないため、そのような状況で屋根へ上がるなどし、雨漏りの原因を見つけて処置をするには大きな危険が伴います。

そこで、まずは屋内でもできる雨漏り対策を試してみましょう。

 

屋根裏の雨漏り対策

 

屋内で行う雨漏り対策の中でも屋根裏に上がれる状況であれば、実際に上がってみることで雨水の侵入経路や、雨漏りの正確な原因がわかることがあります。

そこで雨漏りの侵入箇所が特定できた場合には、その箇所を防水テープや雑巾で覆うなどして対処します。

 

バケツを置く

 

シンプルでよく知られた方法ですが、天井からの雨漏りにバケツを設置するのは非常に有効な方法です。

 

具体的には雨漏りがしている真下に新聞紙やブルーシートを敷いて、床にしみこまないように対策した上でバケツを置き、落ちてくる雨水を受け止めます。

このときバケツの底に雑巾やタオルを置いておくと、雨水がバケツに溜まっても周囲に飛び散るのを防ぐことができます。

 

また、ビニール袋を雨漏り部分に固定し、袋の一番下の部分に穴を空けると、雨水を効果的にバケツへ落ちるようにすることができます。

ただし、この方法では、バケツにたくさんの雨水が溜まってしまうと、雑巾などを置いていても飛び散りやすくなってしまうので、こまめに水を捨てるようにしましょう。

 

壁の雨漏りには

 

雨漏りというと天井から雨水が滴り落ちてくるイメージがありますが、実際には壁からの侵入も考えられます。この場合も濡れたまま放置せず、水分をふき取ることが大切です。

 

雑巾などで水分をふき取ったら別の乾いた雑巾や新聞紙を雨漏りの箇所において水分を吸収させるようにし、濡れたらこまめに取り替えるようにしましょう。

侵入してくる雨水の量が多いときには、災害時には土嚢としても利用できる吸水シートをホームセンターなどで入手するとより効果的です。

 

窓からの雨漏りには

 

壁からの雨漏り同様、窓やサッシも雨漏りすることが少なくありません。

 

この場合も、屋内での対策は根本的に雨漏りの原因を解消するというよりは、雨水により二次被害を防ぐことが主な目的となります。

このため、壁の雨漏りと同様に、雑巾やタオルで水分をふき取り、雨水が浸入してくる箇所に雑巾や新聞紙、吸水シートを置き、水分を吸収させます。

 

雨漏り対策②屋根

 

屋根は家屋の中でも雨風の影響をもっとも受けやすく、雨漏りが最も多く発生する場所でもあります。

雨漏りの原因としては経年劣化による瓦やスレート屋根のヒビ割れのほか、大雨や台風が引き金となって発生することも少なくありません。

そこで屋根の効果的な雨漏り対策ついては、以下のような方法があります。

 

ブルーシートで覆う

 

屋根から雨漏りしているのはわかっても、具体的にどこから雨水が侵入しているのかわからないときは、雨漏り対策としてブルーシートを使うのが効果的です。

 

また、ブルーシートは可能であれば4畳以上の大きさのもので、これ以外に土嚢やテープも用意します。

その上で、屋根のできるだけ広い範囲をブルーシートで覆い、土や砂利の入った土嚢袋を上に置き、ブルーシートが風で飛ばされないように固定しましょう。

このとき、土嚢袋の中身を細かい砂にしてはいけません。

これは雨が降ると泥水となり袋から流れ出てしまうからです。

 

また、ブルーシートをロープやひもで固定すると風などの影響で家を傷つけてしまう可能性があるのでこれも避けるようにします。

ブルーシートで屋根を覆うコツとしては、正確な雨漏りの位置がわからなくてもおおよその位置が特定できるのであれば、その箇所よりも上の部分をブルーシートで覆います。

 

また、ブルーシートを固定する際には土嚢だけでなく、2メートルほどの細長い木の板を用意するとよいでしょう。

 

これをブルーシートの両端に置き、さらに木の板の両端に土嚢を置けば、土嚢の数が少なくてもブルーシートを固定することができるだけでなく、重い土嚢を屋根の上に運ぶ回数が減り、ブルーシートの端を効果的に固定できるので、強風にもあおられにくくなります。

 

防水テープを使用する

 

雨漏りしている箇所が特定できている場合には、防水テープを使用することで雨水の浸入を一時的に防止することができます。

 

特にこの方法はスレート屋根、トタン屋根、陸屋根(フラットルーフ)などに特に有効です。

防水テープを使用する際はホコリや砂、油分などがあると粘着力が低下し剥がれやすくなってしまうため、雑巾を用意しておき、防水テープを貼る雨漏り箇所の周囲をきれいに拭いておきます。

 

また、雨が降って濡れている場合も剥がれやすくなるので使用しないようにしましょう。

実際に防水テープを貼る際には、空気が入らないように雨水の流れる方向へ下から上に向かって防水テープを貼っていき、貼るのはできるだけ雨漏りしている箇所の周囲だけにします。

 

あまり広範囲に防水テープを貼ってしまうと、見栄えが悪くなるだけでなく、雨水の経路を変えてしまうことになり、別の箇所から雨漏りが発生する危険性があります。

コーキングを使う

 

コーキングも、雨漏りしている箇所が特定できている場合に有効です。

 

準備するものは防水コーキング剤のほか、コーキングガン、マスキングテープ、雑巾、プライマー、カッターなどとなります。その上で作業手順としては、まずマスキングテープを雨漏り箇所の周囲に貼り、プライマーを塗ります。

そしてプライマーが乾いたらコーキングを塗り、コーキング剤が乾く前にマスキングテープをはがして完了です。

作業のコツとしてはコーキング剤がはみ出ないようにマスキングテープをしっかり貼ることですが、コーキングは専門業者でないと取り扱いが難しく、防水テープ同様、間違った場所にコーキング剤を塗ってしまうと雨水の経路が変わり、別の箇所から雨漏りが発生することがあるので注意しましょう。

屋根の雨漏り対策の注意点

 

屋内で行う雨漏り対策とは異なり、屋根の上での雨漏り対策は、安全上大きなリスクが伴います。

 

またある程度の技術が必要なばかりでなく、体力も必要です。

このため、屋根で雨漏り対策を行う場合には、雨が降っておらず、屋根が濡れていない状態で、風のない日を選ばなければなりません。

 

その上で安全対策の観点から必ず2人以上で作業するようにし、落下防止のために屋根の端には近づかないようにしましょう。

 

雨漏り対策を素人が行うのは難しい

 

雨漏りによる家屋のダメージを最小限に食い止めるにはできるだけ早い対処が必要です。

 

そこで近年はDIYブームもあり、雨漏りを自ら補修しようとする人も少なくありません。

とはいえ、屋根などの屋外の雨漏り対策は危険が伴うだけでなく、専門業者でなければ適切な補修を行えない場合も多くあります。

 

仮に屋根の一箇所の雨漏りを補修したとしても、それによって屋根全体の防水のバランスが崩れてしまうと、別の場所で不具合が起きる可能性があるのです。

すると、そこを再び補修したことにより、さらに新たな雨水の侵入口にできてしまうことも考えられます。

このように、雨漏りは見た目で判断できるものもあれば、そうでないものもあります。

見た目で判断できる箇所を補修したことにより、目に見えない場所で雨水の侵入が起こり、結果的に家の寿命を大幅に縮めてしまうこともあるのです。

このため、雨漏り対策はプロの手で正しく原因を究明し、修理を依頼することが最善の対策といえます。

 

雨漏り対策におすすめの業者

 

雨漏り対策はプロに依頼する必要があることがわかっても、いざ業者選びをする場合に迷うというケースは少なくありません。

 

また、闇雲に雨漏りの補修を依頼したのでは、悪徳業者に騙されるリスクも高まります。

一方で、専門知識を持っていて工事実績のある業者に依頼すれば雨漏りの補修に必要な道具も常に揃っているため品質面でも満足できる結果が得られるでしょう。

そこで、口コミなどで実際の利用者の評判が高く、工事内容や顧客対応に定評のある業者をいくつかみていきましょう。

 

雨漏り110番

雨漏り110番では、雨漏りの調査から修理までを一貫して行っており、雨漏りの補修をトータルで安心して依頼することができます。、また、雨漏り診断では赤外線カメラを使用しているため、より正確な原因を究明してから補修を行うことが可能となっています。

雨漏り修理110番の

 

雨漏り修理110番のの受付は365日24時間なので、緊急の場合でも安心して依頼することができます。

 

また、修理費用の設定が細分化されていることから、部分的な補修でも適正な価格で修理を依頼することが可能なほか、公式サイトでは雨漏り対策に関する豊富なコンテンツが公開されています。

 

雨漏り修理の達人

 

雨漏り修理の達人は日本全国でも厳選された職人のプロフィールをはじめ、施工事例を確認した上で修理の程度や状況に合わせた大工や専門職人を選択できるようになっています。

特に依頼者目線で修理が行われるので、リーズナブルな価格で修理を依頼することができます。

 

屋根雨漏りのお医者さん

 

高い技術やノウハウがあり資格を持っている職人が揃っており、安心して修理を依頼できるのが屋根雨漏りのお医者さんです。

 

中間業者が介在していないので、工事が途中で滞ったり、マージンが発生して工事価格が上昇してしまうこともありません。24時間受付が行われているので、急な雨漏りでも対応可能です。

 

雨漏り119

 

高感度の赤外線カメラを使用し雨漏り箇所を可視化することで雨漏りの解消率100%を誇っているのが雨漏り119です。

プロからも信頼される技術力が強みで、利用者数は1万人を突破しています。社員教育も徹底されており、顧客からの評判がよいのも大きな特徴です。

 

雨漏り対策(修理費用)を火災保険で捻出する方法も

 

業者の選びを慎重に吟味しても、雨漏りでは被害の程度によっては修理費用が高額になることは珍しいことではありません。

そんなときには修理費用を捻出する方法として、火災保険を適用できる場合があります。

 

火災保険の適用範囲とは

 

現在、日本国内の一戸建ての火災保険の加入率は約8~9割といわれており、これはマイホームを所有しているほとんどの世帯が加入していることになります。

 

とはいえ、火災保険は火事や大きな災害が起きたときにしかイメージがあるため、火災保険で雨漏りの修理費用を捻出するといってもあまり馴染みがないかもしれません。

ところが、実は約9割の火災保険は、自己所有物件で築5年以上であれば、火事以外の雪、雨、風、雷の被害にも適用することができるのです。

 

また、一般的に保険は大きな被害がないと受給できないと思われがちですが、実際に保険が適用されるかどうかは被害の大小ではなく、原因が重要になってきます。

つまり、たとえ被害が小さくても、その原因が火災保険の補償範囲となる風雨や雪雷によるものと判断できれば、被害箇所の現状復帰費用として保険金が支払われるのです。

 

そして、これは雨漏りにも当てはまります。

さらに、火災保険の場合、自動車保険などとは異なり等級制度ではないため、保険金の請求をしてもその後の保険料が上がることはなく、別の災害に見舞われた場合でも再び保険金を請求することができます。

 

火災保険の適用範囲は広くても申請のハードルが高い

 

では、なぜ雨漏りなどによる火災保険の保険金請求は一般的ではないのでしょう。これは、さまざまな調査や新申請が煩雑なことが原因といえます。

まず、保険金の申請では被災箇所を特定するために屋根などに上り、それが災害によるものなのか、経年劣化よるものなのかを判別しなければなりません。

その上で被災箇所を正しく写真撮影しなければなりませんが、その箇所が具体的にいつどの災害によって被災したかも特定しなければならず、申請可能な箇所を見落としてしまうリスクもあるのです。

さらに、特定した箇所について被害に見合った適切な額の見積書を作成後、保険会社や鑑定人とのやり取りを正確に行わなければなりません。

このように、火災保険を個人で申請するのはハードルが高く、たとえ申請できたとしてもその内容に曖昧な部分や適切でないポイントがあると却下されてしまう恐れもあります。

 

また、申請が受理された場合でも、本来支払われるべき保険金が減額されてしまうことがあるのです。

 

保険の申請サポートを活用する

 

そこで、間違いのない保険金の請求をするためには、保険の申請サポートを活用する方法があります。

 

このうち、「お家の保険相談センター」では無料で実地調査を行い、被害箇所の特定や見積書の作成、保険会社とのやり取りといった、個人では困難な火災保険申請のトータルサポートを受けることができます。

 

お家の保険相談センターでは、利用者に実際に保険金が支払われた場合のみその一部を成果報酬として受け取る仕組みなので、実地調査を行って申請できる箇所がない場合や、申請したものの保険金が支払われなかった場合には費用が発生することはありません。

また、4,000件以上の豊富なサポート実績から、被害箇所を見落とすことなく、適切に被害状況を特定して本来支払われるべき保険金を手にできる可能性が高くなります。

 

実地調査はほぼ全国で行われているので、雨漏りで火災保険の申請を考えるのであれば一度「お問い合わせフォーム」から相談してみるとよいでしょう。

まとめ

 

ここまでのように、雨漏りは思いもかけないときに突然起こり、対応を迫られるものです。

 

また、これを放置すると、家屋にとって致命的な損傷に繋がりかねません。

このため、雨漏りが起こったら適切な処置を行い、修理が困難な場合や、被害が特定できない場合には専門業者に依頼する必要がります。

また、金銭的な負担も軽減するために、可能な場合には火災保険の活用なども視野に入れましょう。

その上で、保険金の請求の手続きが煩雑で難しい場合やより確実に保険金が支払われるようにするためには、お家の保険相談センターなどの保険の申請サポートの利用も検討するのもひとつの方法です。

 - , 生活