40代介護職から転職は難しい?そのメリット・デメリット、おすすめの転職先とは?

   

40代になると、仕事でもかなりの年数継続していることとなり、それなりの立場になることもあります。ですが、この40代という年代でも転職を考えるという人はいます。特に介護職も離職率が高い職業として有名です。そこで40代の方が介護職から転職する場合に着目していきます。

40代が介護職から転職する難易度

40代の方が介護職から転職しようと思った場合、その難易度は残念ながらそれなりに高くなってしまいます。これは介護職からの転職だけに限ったことではなく、40代での転職全体に言えることでもあります。
転職市場では、第二新卒採用の20代や即戦力の中途採用となる30代が中心になっています。40代になると、転職先で退職までの勤めることができる年数が少なくなってしまいます。新しい業種となるとどうしても20代などの人を採用した方が勤務できる期間も長いので、最終的な実力も高くなります。そのためどうしても別業種への転職となると難しくなってしまいます。
ですが、介護職に勤めていた人は体を使う仕事でもあるので、一般の企業に勤めていた人に比べて体力があることが多いです。そのため、そういった面では他の業種の人よりも有利になることもあります。

40代が介護職から転職するメリット

転職は、前の職場と比べてメリットがあるために行うことです。40代の介護職の方が別業種へ転職するとなった場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

勤務条件が良くなる

介護職は人員や給与が少なく、夜勤もあるため過酷な仕事であると知られています。そのことが理由で離職率も高い仕事として有名です。他業種に転職した場合、多くの場合でこれらの条件が改善されることが多いです。特に給与面に関しては、介護職では他業種よりも低いのが現状です。全業界の平均年収が425万円(国税庁による調査)なのに対し、介護職の平均年収は339.4万円(厚生労働省による調査)と大きく差があります。そのため、無資格などで給与が特別高くなったりしていない場合には多くの場合で40代の転職においても給与が上がります。

夜勤がなくなる

介護職は職場によっては夜勤があります。そして職員は夜勤だけをすればいいのではなく、多くの場合で日勤と夜勤のシフトが入り混じっています。転職する際には、夜勤のある職場を選ばない限りは日勤のみになります。そのため、夜勤が苦痛になっているという場合には大きなメリットになるでしょう。

高年齢でも仕事ができる

介護職はどうしても体力が必要になってきます。そのため、50代などになってくると継続が難しいという場合も多いです。転職によってオフィスなどで行えるような仕事など、定年まで勤めやすい仕事を選べば、体力的にも無理をせずに仕事を続けることができます。

将来性

少子高齢化の現代では、介護職の需要はこれから高まっていくことが考えられます。ですが、現在ですらその需要が満たせておらず、少ない人数で介護を行う必要があります。そのため、需要は上がりながらも仕事についてもより過酷なものになっていくと予想されます。これから体力も衰えていくであろう40代の方にとってはより辛い環境になっていくと予想されます。そのため、自身の健康を守ることができることも転職のメリットと言えます。

40代が介護職から転職するデメリット

40代の方が介護職から転職する際には、当然メリットだけでなくデメリットもあります。このデメリットについても事前に理解した上で転職という選択をする必要があります。

選べる転職先が少ない

1つ目のデメリットは、選ぶことができる転職先が少ないということです。転職市場では他業種への転職については第二新卒として採用できる20代が中心となっており、そこから年齢が大きくなるにつれて選択肢は少なくなっていく傾向にあります。そのため業種によっては転職先が見つからないという場合もあり得ます。

1から学ぶ必要がある

介護職の前に別業種の経験がある場合には別ですが、経験がない場合には、別業種に転職することで新しく1から学びなおすことになります。介護職としての経験が活かせる仕事なら良いですが、それ以外の部分では新しい事を覚えていかなければなりません。この際にも新卒採用された若い頃のようにはいかないことも多いです。

転職が失敗する可能性がある

40代になると転職先も少なくなってくるため、転職に失敗してしまう可能性も高まってきます。介護職をしながら転職をしていた場合には、そのまま介護職を続けるという選択肢も取ることができますが、退職後に転職活動をしていた場合、その間は無収入になってしまい、転職先が決まるまで貯蓄などを崩しながら生活する必要が出てきます。転職の際に支給を受けることのできる制度もありますが、自己都合の転職の場合にはその期間も短いため、早期に決定できなければ生活が苦しくなることも考えられます。

40代の介護職から転職でおすすめの業界・仕事

介護用品メーカー

介護職に勤めていた場合、介護用品のメーカーへ就職すると、それまでの経験を大きく生かすことができます。扱う商品の使い方や機能の知識は持っている場合が多く、実際に使用した状況についても話すことができます。これらの体験談についてはメーカーだけに勤めている人にはない強みとなります。実際に高齢者の方に販売するとなっても、介護職時代に身に着けたコミュニケーション能力も効果的でしょう。

事務職

事務職は、介護職から転職する女性が選ぶことが多い仕事です。介護職時代の経験を活かすために、介護施設や医療機関での事務が特に多いです。介護職ではPCを使って仕事をしていることも多く、その経験が事務職としてPCを使う際にも生きてきます。そのため、短い期間で仕事を覚えることができ、仕事に取り組むことができるようになる傾向にあります。

営業

営業は、介護職から転職した男性が選ぶことが多い仕事です。介護職に就いていた人は、人と関わることが大切な仕事でもあるので、コミュニケーション能力が高い場合が多いです。このコミュニケーション能力が営業において生きてきます。また、介護職の人は人と関わること自体が好きという場合もあります。このような人にとっても、人と関わって仕事をしていくことがメインとなる営業はおすすめの仕事であると言えます。

保育士

誰かをサポートするのが好きで介護職を選んだという人は、保育士に転職するのもおすすめです。対象が子供なので介護職での経験がそのまま活かせるというわけではありませんが、人をサポートすることにやりがいを感じるような方にはおすすめの仕事と言えます。保育士といえば免許が必要というイメージがありますが、保育補助と呼ばれるアシスタントのような形では免許がなくとも働くことが可能です。資格に関しても通信講座などで学ぶこともできます。
注意点としては、保育士も介護職同様給与が低い職業であるため、給与面での改善はできないことが多いです。

まとめ

40代で介護職から転職しようとするのは簡単にできることではありません。ですが、転職することによって大きなメリットがあるのも確かです。介護職から転職する際には、事前に情報収集を怠らないようにし、転職の難易度が高いということを理解した上で進めていくことが成功するために大切なことです。ここに書いたことだけではなく、転職サイトなども参考にしながら、40代の方の介護職からの転職の手助けにしてください。

 - 介護, 仕事 ,