20代後半の転職は厳しいと言われる理由は?

20代後半の転職は厳しいと言われる理由は?

自分の仕事にも慣れてきて、活躍の場が広がりだしているであろう20代後半。

だんだん自分が本当にやりたいことが見えてきたり、キャリアアップを目指そうとするのもこの年代が多いです。

また、結婚や出産などのライフイベントがあって、ライフスタイルが変わる関係で働き方も考え出す人もいるでしょう。

「20代後半の転職って厳しいのでは?」

「キャリアチェンジしたいけど、20代後半は無理かな。」

「今の会社よりもっと稼げる会社に転職したいけど・・・。」

そんな風に悩んでいるのではないでしょうか?

私自身も転職した経験があり、なかなか面接まで進むことが出来ずにいましたが、自分の強みを再発見した結果20代後半で転職に成功した経験があります。

今回は、20代後半で転職した筆者の経験も踏まえつつ、転職を考えている20代後半のあなたに、転職が厳しいといわれる理由や、転職を成功させるための情報をお届けします!

20代後半の転職が厳しい理由

この記事を読んでくださっているあなたは、

「転職を考えているけど、20代後半の転職は厳しい」と考えている方だと思います。

確かに厳しいとよくいわれますが、その理由は何でしょう?

なぜなら20代前半と20代後半では、そもそも求められるものが異なるからです。

新卒や第二新卒で求められるものは、『やる気』『人柄』であるものに対し、以降になる20代後半は『専門性のあるスキル』『実務経験』となってきます。

その辺りも踏まえながら、いくつか理由をみていきましょう。

転職の理由が現在の職場環境である

職場の雰囲気や環境って、とても大事ですよね。

環境が悪いことは退職者が増える理由にもなります。

ですが、転職する側とした場合に、「職場の環境が悪い(若しくは嫌だ)から、転職を決めました。」では、面接では大きくマイナスになってしまいます。

面接官が実際の面接で体験した事例がありますが、やはりイメージは悪く、採用見送りになるようです。

それではここで、面接官がNGとした理由をご紹介しましょう。

せっかくの面接なのだから、自分の持っている技術や知識、意欲などをアピールしたり、成長したいという前向きな意欲を伝えればいいのに、前に勤務していた会社の悪いところを延々と並べ立てる。どんな会社にでも不満を持つ人と判断し、不採用にするケースが多い。(IT・通信系企業)

引用:人事が不採用ボタンを押す「面接NG回答ランキング」|【Tech総研】

面接官は、「入社してすぐに退職してしまわないかどうか」「会社で活躍してくれそうか」を気にしています。

職場環境だけを理由にしてしまうと、「自社でも同じような理由ですぐ辞めてしまうのではないか?」と思われて転職に失敗してしまいます。

それに、「なぜこの会社を受けたのか」が分かりませんよね。

面接などで必ず聞かれる転職理由は重要です。

特に20代後半であれば「嫌だった」では通用しませんので、前向きに捉えられる転職理由を述べられるようにしておきましょう。

ESや面接での自己PRが弱い

「ESがなかなか通過できない。」

「面接でどうしても落とされてしまう。」

このような場合は、自己PRが新卒のESや面接の内容のママになってしまっている可能性があります。

先述にもありますが、20代前半に求められるものは『やる気』などの、性格的な内面での評価にあたりますが、20代後半ではそれだけでは他者に太刀打ちできません。

勿論、人柄は大切ではありますが「あなたは前職でなにをしてきたの?」という質問に対しての回答が弱すぎると、転職はうまくいかないでしょう。

市場価値の高いスキルがない

就業経験のある20代前半は、『ビジネスマナー』や『一般常識』が身についているだろうとされ、それほど育成にコストをかけなくても大丈夫だろうという理由から、企業も積極的に採用します。

しかし20代後半となると、それだけでは足らず『実務経験』『スキル』が必要になってきます。

特に企業や業界から求められる『市場価値』のあるスキルを持っているかいないかで、転職の成功率に大きくかかわってきます。

どれだけ『やる気』があって『誠実』で『真面目』であっても、それ以上の価値が見出せない人には厳しい現実が待っているといえるでしょう。

20代後半の転職が厳しい時の対処法

ここまで、20代後半の転職が厳しいといわれる理由をご紹介しました。

「詰まるところ、これは無理ということ?」と思われていませんでしょうか?

確かに、20代後半となれば求められるものも変わりますし、新卒の時のようにはいかないでしょう。

ですが、「無理だ」と決めつけて諦めてしまってはいけませんよ!

筆者も同じく20代後半(具体的には27歳)で転職したことがありますが、「絶対に無理」ということはありません。

かと言って、「余裕で転職できる!」と無責任なことは言えませんので、今後どうしていけばよいのか一緒に見ていきましょう。

市場価値の高いスキルを身につける

20代後半の転職には、やる気や元気だけでは通用しないということは、お判りいただけたかと思います。

そんな中で、専門性があり且つ市場価値のあるスキルを持っていると、転職でも非常に有利になります。

特に「今まで実務経験も知識もないけど、手に職を付けて活躍したい!」と考えている人は、SEやPGなどはIT業界で売り手市場ですので、チャレンジしやすいと思いますよ。

でも、経験がないと不安ですよね。

もし不安なのであれば、就職支援をしているエージェント、ウズウズカレッジを使ってみるのもありでしょう。

ウズウズカレッジの代表的なコースは、『インフラエンジニアコース』と『プログラマーコース』で、就職までの事前準備をサポートしてくれます。

『カレッジ』というだけあって専門学校に通うような感覚で受講できますし、入校日というものがあるので同期が出来る、一緒に就職を目指す仲間ができるのも魅力の一つでしょう。

もちろん、就職活動における面接対策などのサポートもありますよ。

また、これら全てが無料という事もあり、IT業界に詳しくない人でも挑戦できる環境が整っています。事実、就業経験のない文系出身者がほとんどだそうです。

様々なメディアでも取り上げられているらしいので、一度調べてみるとよいと思います。

下記から確認ができますよ。

ウズウズカレッジはこちらから

前職と同じ職種でキャリアアップを目指す

転職においては大まかに、『キャリアチェンジ』と『キャリアアップ』という2パターンに分かれます。

自分が持っている知識や経験を活かして、さらなる活躍を目指すために転職をするという『キャリアアップ』という形であれば、非常に有利だといえます。

実際に筆者も営業という前職での経験を活かし、転職をしたことがあります。

営業職は未経験であっても募集していることもありますが、全くの未経験者と経験者では、多かれ少なかれ採用に差はあります。

また、どうしてもキャリアチェンジを考えるということであれば、ポテンシャル採用を行っていて、未経験可である企業を狙った方がよいでしょう。

トレーナーに面接指導を受ける

『20代後半の転職が厳しい理由』でもご説明しましたが、面接での自己PRが弱いと内定は難しくなります。

その為にも、自分のもつキャリアや経験を通してどの様なスキルを身に着けたかなどをしっかりアピール出来るようにする必要があります。

また、「自分が何をしたいのか分からない。」というような人にもおススメするのが、ゲキサポ!転職です。

ゲキサポ!転職は、いわゆる転職活動支援サービスなのですが、求職者から利用料を支払うシステム(有料)になっており、求職者の希望に沿って転職のサポートをしてくれます。

なので、自社と契約している企業を紹介する一般的な転職エージェントとは異なり、パーソナルトレーナーという形で転職活動をサポート。

過去の経歴やスキル、求職者がやりたいことに対して棚崩しをしてくれるのです。

またトレーナーたちは元キャリアアドバイザー、元戦略コンサルタントなど、優秀な人たちばかりで、行きたい業界に求められるESや面接の対策をマンツーマンでしっかりサポートしてくれます。

こちらは有料であるとお伝えしましたが、実際の利用料は一括払いで300,000円(税別)。分割払いで15回払いの場合、22,000円となっています。

ゲキサポ!転職は、自分の強みが見出せていない人や、どうやって転職活動を進めたらよいか分からない人、誰かに悩みを聞いてほしい人等は利用してみてもよいでしょう。

ゲキサポ!転職はこちらから

面接対策をしてくれる転職エージェントを使う

転職をするうえで最も重要と言っても過言ではない面接。

「転職理由は特によく聞かれる」と何度もお伝えしてしまいましたが、その面接対策に力を入れている転職エージェントがあります。

ワークポートでは、面接対策セミナーを平日毎日開催しています。

一般的な面接での重要ポイントを学べるだけでなく、さらに上を行く面接テクニックも教えてもらえるということで評判のエージェントです。

参加費は勿論無料で誰でも参加できるとのこと。

服装も私服で問題ありませんよ。

ワークポートは元々IT業界やゲーム業界に強い特化型エージェントでしたが、現在はIT業界を中心に総合型エージェントとして位置づけられています。

面接対策に参加するためには、ネットから予約をすればOKです!

気になる方、「面接苦手なんだよな~。」という方、「お金は掛けられないけど、面接津対策をしたい!」という方は、一度参加してみてはいかがでしょうか。

ワークポートはこちらから


20代後半の転職でおすすめの職業・業界

20代後半の転職に必要なことについてご説明しました。

次に転職でおすすめの業界についてご紹介します。

20代後半で未経験の場合は就職が厳しくなってきますが、業界や職業によっては未経験でも受け入れてくれる企業もあります。

特にキャリアチェンジを考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

システムエンジニア、プログラマー

専門性の高いSEやプログラマーは、未経験であっても一から社員を育てようとする企業が多いです。

就業人口も少ない現代においては、最初から専門性を持つ人が多くいるとは考えておらず、これから技術を身に着けて活躍してもらおうという、業界としての方向性が見られます。

とは言え何も持っていないよりは、あらかじめ多少勉強して知識を身に着けておいたり、資格を取っておくと良いでしょう。

また、最近では無料で学べるプログラミングスクールなども出てきているので、プログラマーに興味がある人は使ってみてもいいでしょう。

無料のプログラミングスクールはこちらから


ベンチャー企業

特にIT業界などのベンチャー企業は、ネームバリューのある企業とは異なり、人員の確保がそこまでできていないということもあり、転職するにはねらい目です。

また、学習意欲があって企業とともに成長していきたいというモチベーションの高い人が好まれます。

その為にも、業界についての研究は前もってしておくようにしましょう。

介護

人材不足である介護業界は、未経験であっても歓迎されやすい職業です。

仕事をしていく中で業務に慣れていくという実践型なので、職歴や学歴に自信がない人でもチャレンジしやすいと思われます。

また、人と接することが非常に多い職場になるので、人柄の良さであったりポテンシャルで採用されるでしょう。

ひと口に『介護職』といっても、デイサービス、ホームヘルパー、ケアマネージャーなど、その種類は非常に幅広く、資格の有無によって出来る業務も異なるので、資格取得の勉強をしながらキャリアアップを目指すことも可能です。

介護の勉強や資格を取れるスクール等もありますので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

介護資格が取れるスクールはこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか。

20代後半の転職は、皆さんがご存じのとおり確かに厳しいといえます。

やりたい仕事に転職しようか、今よりも給料UP出来る企業に転職しようかなど、迷うと思います。

ですが、対策をしっかり行えば、たとえ未経験であっても転職できる可能性はいくらでもあります。

ご自身が転職を考える理由を今一度整理し、今後どうなっていきたいかという将来像を具体的に描きながら、転職活動をしていきましょう。

転職・就職カテゴリの最新記事