就活の面接①アルバイトで学んだこと。

   

人生最大の難関と言ってもいい就活。

 

 

そこで必ず突破しないといけないのが面接。

就活って、SPI、GD、面接など様々な選考方法はあるけど、面接は必ず突破しないといけない関門。

 

 

面接で多いのがアルバイトでのアピール。

バイトリーダーやってましたとか。

 

こんなのアルバイトの実績でアピールするけど、それってほんとに意味あるのかな??


実績をアピールするが・・・

 

実績をアピールしてくる学生たち。

 

 

「客を何人増やした・・・」

「こんな実績を残した・・・」

 

 

これを聞いて面接官はどう思っているのでしょうか。

就活の面接官は皆同じような話をしていてパッとしないと感じている。

 

 

そして、「所詮アルバイトでしょ」っていう本音が見え隠れする。

そもそも、仕事をしている面接官は実績をアピールしてもなにが凄いかわからない。

その上、相手は社会人なわけだから、そんなの当たり前じゃんとしか思ってくれない。

 

 

もちろん、実績はないよりあったほうがいい。

でも、就活をしている学生は実績をとにかく大事にして、そこを全面に押し出してくる。

ここに需要と供給のギャップがある。

 

 

 

実績よりも壁をいかにして乗り越えてきたか

 

就活をしている学生はまず、「ポテンシャル採用」であることを理解しないといけない。

 

 

ポテンシャルって聞いて、今までの実績が大きく評価するされると思うかもしれないけど、それは少ししか当たっていない。

面接官が知りたいのはその人の人間性であって、その人の能力ではない。

 

 

例えば、

 

「今までの人生壁にぶち当たってきた時にどう乗り越えてきたか。」

「今いる社員とどう付き合っていくか」

 

 

などなど。

それを知りたい相手にアルバイトの実績を話しても仕方がない。

どう乗り越えてきたか。

 

これがまあまあ重要。

 

 

アルバイトで感じたことを話す

 

 

アルバイトで感じたことを上手く話せれば、就活の成功に大きく近づく。

 

一般的なコンビニのアルバイトでも、

 

 

「商品がわからないときに親切に教えてあげたら、笑顔で喜んでくれて嬉しかった。」

「クレームを受けたのがしんどかった」

「コンビニの品出しがなぜか楽しかった」

 

 

などなど。

考えて見れば、たくさんあると思う。

この人間的な感情を話さないと、落とされる確率が上がる。

 

 

感じたことを汲み取ってうちにあうかどうか判断する。

例えば、ストレスが多い会社であれば、クレーム対応の上手さとか、全然辛くなかったことを伝えればいい。

人から感謝されることが多い職業であれば、笑顔で喜んでくれて嬉しかった経験を話せばいい。

 

 

 

その話をうまく伝えることができれば、その人の仕事へのモチベーションを理解できるから、頑張って困難に立ち向かう姿や、活躍している姿を想像できるために、採用をしやすくなる。

 

 

 

 

 

 

自己アピールよりイキイキ

 

 

自己アピールももちろん重要だけど、イキイキと働いたこと、嬉しかったことを話そう。

 

嬉しかったことを話すと、自然と自分のテンションが上り、雰囲気もよくなって好感度も上がる。

就活の面接ってコミュニケーション。

 

話す内容ももちろん大事だけど、意思疎通が図れるか。

嬉しかったことをイキイキと話すことができれば、相手にもその楽しそうな感情が移り、意思疎通を図れるようになる。

 

まとめ

 

ここまで就活面接のアルバイトをご紹介してきました。

 

この就活面接のアルバイトの記事を参考にして、面接に望んで頂けたら幸いです。

また、就活の面接についてアルバイト以外にも説明しているので、興味があるかたはこちらも御覧ください。

 

面接関連記事一覧

 

 

あとは、就活の面接で緊張しちゃう人は、MeetsCompanyがおすすめ。

 

 

MeetsCompanyは1日8社の企業と会えるからね。

そこで自己アピールとかもする。

けっこうMeetsCompanyでたくさんの企業に会うと緊張がけっこう吹っ飛んだりするよ。

 
MeetsCompanyの詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 - 転職・就職 , , ,