掃除がめんどくさい?そんな人が取るべき4つの行動

      2017/04/09

掃除がめんどくさい。

 

そう感じている人って多いんじゃないかな??

 

掃除はめんどくさいけど不衛生だし、みっともないしやらないと・・・

 

でも、出来ない・・・

 

 

そんな掃除がめんどくさい人向けに、とるべき4つの行動をご紹介します。

 

 

 

 

 掃除代行を頼む

 

掃除がめんどくさい人が取るべき行動1つめが掃除代行のサービスを頼む。

 

日本では家事や掃除を自分でやらないといけないという強い固定概念があるよね。

でも、それって日本人の特徴で海外を見てみると家政夫を雇うのは当たり前。

 

アメリカとかね。

 

しかも、一般的な家庭ですら掃除をしてもらっている。

 

そもそも、掃除でストレスがたまるもの。

 

掃除がめんどくさいのであれば、お金を払って掃除をしてもらったほうがいいよね。

 

 

ストレスが解消されて生産性が上がり、結果給料が上がる。

 

 

もしくは掃除をしている時間をスキルアップの時間に使ったらどれだけスキルが向上することか。

 

 

これは掃除代行を依頼した人しかわからない感覚。

 

 

1時間2000円程度で掃除代行を依頼できる時代なので、掃除がめんどうな人は依頼を出してみましょう。

 

格安、おすすめの家事代行、掃除代行業者まとめ。

 

 

 

ロボット掃除機を買う

 

掃除がめんどくさい人が取るべき行動2つめがロボット掃除機を買う。

 

これは部屋に鏡を置くと痩せる原理に似ている。

 

部屋にたくさんの大きな鏡が置いてあると人は自分の身体の醜さに気づき、痩せようとするため、鏡を置くと平均で4、5キロくらい痩せるんだって。

 

 

ロボット掃除機の場合はせっかく買ったロボット掃除機を使うために床に物を置かない習慣ができる。

 

 

床に物を置かないスイッチと掃除をしようとするスイッチはかなり似ているから、ロボット掃除機を買ってめんどくさくても掃除をやるようになり部屋がキレイになったりする。

 

 

もしロボット掃除機を買うのであればエコバックスジャパンのロボット掃除機がおすすめ。

 

 

 キレイな時の部屋の掃除を撮る

 

 

掃除がめんどくさい人が取るべき行動3つ目がキレイなときの部屋の写真を撮ること。

 

 

掃除がめんとくさくなる、しなくなる原因の一つが自分自身で汚いということに気づかないことがあげられる。

 

部屋は少しずつ汚くなるものだから、自分の部屋の汚さを過小評価してしまう。

 

 

だから、キレイな時の写真を見て自分自身に汚い部屋だと気づかせる必要がある。

 

 

まずキレイな部屋を撮るために掃除をしよう。

 

 

もしくは、掃除代行を頼んでキレイにしてもらおう。

 

 

そしてキレイな写真が取れたら、その状況の写真を部屋の見えやすいところに貼り、携帯の待ち受けにする。

 

 

すると、部屋の汚さに気づいて掃除の重要性をより認識して、掃除がめんどくさくなくなる。

 

 

友達を家に呼ぶ予定を立てる

 

掃除がめんどくさい人が取るべき行動4つ目が友達を家に呼ぶ予定を立てる。

 

 

部屋が汚くなる要因としての一つが、部屋を1人で使い誰にも見られないから。

 

 

だから、部屋に誰が来るのであれば掃除をするようになるでしょう。

 

 

部屋に呼ぶ友達はできるだけ、汚い部屋を見せたくない人そして、できるだけ大勢呼ぶようにしよう。

 

 

そうなれば、めんどくさくても掃除をしないといけなくなるからね。

 

 

まとめ

 

 

ここまで「掃除がめんどくさい?そんな人が取るべき4つの行動」をご紹介してきました。

 

他にも掃除についての記事をご紹介しているので、こちらもご覧ください。

 

掃除関連記事一覧

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 - 掃除 ,