シューマツワーカーってどんなサービスなの?評判は?

      2017/10/27

週末などの空き時間を使ってスタートアップに参画できるシューマツワーカー。

 

働き方改革によって複業やパラレルワークなどがクローズアップされ、シューマツワーカーも今注目されています。

このシューマツワーカーはどのようなサービスなのでしょうか。

評判はどうなのでしょうか。

 

シューマツワーカーを使っている僕が、解説していきます。

 
稼げるおすすめな副業18選!珍しいものを集めています。
 
 

シューマツワーカーとは

 

シューマツワーカーは株式会社社食コレクションが運営しているサービスで、株式会社社食コレクションは2016年9月に設立されたまだ新しいベンチャー企業です。

 

社長は松村幸弥。

松村幸弥は1989年生まれで、金沢泉丘高校、横浜国立大学出身です。

 

シューマツワーカーは名前の通り週末にスタートアップなどで働けるサービスで、お金稼ぎをしたい人やスタートアップに関わりたい人が、副業として働いています。

 

シューマツワーカーで働くメリット、デメリットはどのようなものなのでしょうか。

 

 

メリット

 

まずシューマツワーカーで働くメリットから。

 

お金稼ぎ

 

シューマツワーカーで働くメリット1つめが、お金稼ぎ。

 

現代社会において、お金は大事なものの1つでしょう。

特に、シューマツワーカーでは給料が高くなる傾向になります。

 

というのも、シューマツワーカーで働く場合はその分野について強い人がいない場合が多く、持っている実力以上に評価されることが多々あります。

 

その評価が給与に直結するケースも多々あり、結果的に高い給料に繋がるケースが多々あります。

 

起業に関するノウハウが学べる

 

働いているうちに起業に関するノウハウが学べる。

 

創業間もないスタートアップ企業。

この状況だと組織の体をなしていないことが多々あり、起業するときに状況が非常によく似ています。

 

ここでの経営の意思決定とその結果を見るだけでも大きな経験になるし、「自分ならこうする」といい教訓になります。

事前に最悪のケースを回避する能力が身につきます。

 

特に組織作りの部分に

 

やりがい

 

なんといってもスタートアップにはやりがいがある。

 

ある程度以上の規模になると、自分活躍しようが、しなかろうが会社の業績にほとんど影響を与えません。

一方でスタートアップだと、自分が頑張れば仕事はとにかく進み、信じられないほど会社の業績がよくなります。

 

これは経験した人しか味わえない喜びですが、この喜びは正直病みつきになります。

特にこの喜びを味わえる人は、承認願望が強い人。

喜ぶ人を見るのが好きな人。

 

こんな人は、スタートアップで大きなやりがいを得ることでしょう。

 

面倒なことが少ない

 

シューマツワーカーだと面倒なことは少なくなります。

 

シューマツワーカーの企業の多くは仕事に対する成果にお金を支払います。

時給換算するとかなり大きな額を支払うことになるので、仕事を依頼している企業側からすると得意ではない仕事を任せると、コスパがかなり悪くなります。

 

こんな背景があるので、仕事のほとんどが得意なもになります。

得意な仕事は面白い領域であることが多いから、楽しく仕事をすることができるでしょう。

 

 

そのままジョインも

 

将来性があるスタートアップ。

 

スタートアップの中には、将来上場する企業や大企業になるようなケースもあります。

そんな将来性のある企業で小さい頃から関われば、大きな成長と大きな裁量権が与えられるようになります。

 

そんなスタートアップにめぐり合えば、そのままフルコミットをしたくなるケースもあることでしょう。

また、いい仲間に出会えてこの仲間と仕事をしたいと思うようなケースもあります。

 

そのままフルタイムでコミットをして、イキイキと楽しく仕事がでできるようになります。

 

 

デメリット

 

シューマツワーカーのメリットを紹介してきたので、次はシューマツワーカーのデメリットをご紹介します。

 

本業が疎かになる恐れ

 

シューマツワーカーを使うと本業が疎かになる恐れがあります。

 

特にシューマツワーカーでの仕事が上手くいかない間は、想定した時間より長い時間働くようになり、本業に支障が出る恐れがあります。

この場合は、しっかりと線引きをして本業を重視することを肝に命じましょう。

 

とはいえ、僕が見ている感じだと本業が疎かになる人の割合は少ないです。

意外と人は切り替えて仕事ができるものなのです。

 

休日がなくなる恐れ

 

シューマツワーカーで休日がなくなる恐れがあります。

 

働きすぎてしまうと、時間がなくなってしまうからね。

これも同様でしっかりと線引をできれば、その恐れはなくなります。

 

副業がバレる恐れ

 

シューマツワーカーで副業がバレる恐れがあります。

 

これはシューマツワーカーに限らずどんな副業でもバレる恐れはあります。

もし、絶対に副業がバレたくないのであれば、シューマツワーカーを使うことはおすすめできません。

 

評判

 

シューマツワーカーのメリット、デメリットを紹介してきたので、最後にシューマツワーカーの評判をご紹介します。

僕はシューマツワーカーを使って実際に働いているので、実態にそくした評判をご紹介できると思います。

 

運営が一生懸命

 

僕がシューマツワーカーで感じたのが運営が一生懸命であるということ。

 

色々なサービスを使っていますが、シューマツワーカーの運営側が懸命に頑張っていることが伝わってきて、好感を持てます。

 

個人的に、運営側が頑張るというのは非常に大事だと思っています。

 

というのも、人はロジックで動く生き物ではなく感情で動く生き物なのです。

これを聞いて「俺は論理的に考えて行動している」と思っているかもしれませんが、ほとんど人は湧き上がってくる感情をロジックで説得しているのです。

 

基本的に感情が優先されます。

その人間の特徴を考えると、シューマツワーカーはかなりおすすめのサービスだといえます。

 

 

営業感がない

 

シューマツワーカーに営業感が全くありません。

心配になるくらい。

 

従来型の人材紹介はとにかく求職者と会い、会社を多数紹介して、成功報酬を得ようとします。

そこをノルマやKPI設定しているので、社員はそうせざる負えない状況になります。

 

シューマツワーカーは、そういった営業感がないのでおそらくノルマなどはないでしょう。

営業感より親切心が伝わってきます。

 

 

求人を出している企業に依存

 

これは評判というより、どこでもそうでしょう。

 

仕事の面白さややりがいというのは求人を出している企業に依存します。

なので、シューマツワーカーが頑張って悪い評判が出てくることもあるでしょう。

 

まとめ

 

ここまでシューマツワーカーについてご紹介してきました。

 

今、注目を浴びている副業。

自分に合うか合わないか。

一度試してみる価値があると思います。

 

もし興味があるのであれば、シューマツワーカーに登録してみてください。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 - 稼ぐ, 転職・就職 ,