新卒未経験がエンジニアとして就職する方法って??

   

 

新卒でエンジニア就職。

 

 

IT企業での就職を考えている人は、誰しも考えたり憧れたりするもの。

 

 

エンジニアってビジネス職より年収も高いし、倍率も低い。

それに、IT企業はエンジニアがいてなんぼ。

 

 

とエンジニア就職を考えるけど、未経験だし、コード書けないし・・・

といって諦めてしまうもの。

 

 

でも、新卒でのエンジニア就職って意外と簡単にできてしまうもの。

ということで、新卒未経験がエンジニアとして就職する方法をご紹介します。

 

 


ProEngineer

 

新卒未経験がエンジニアとして就職する方法がProEngineerで学ぶこと。

 

 

ProEngineerの魅力といえば、なんといっても無料でプログラミングを学べること。

無料でプログラミングを学んで、エンジニアとしてのスキルを身につけることができる。

 

 

未経験から正社員プログラマーとして働きたい方向けのカリキュラムを無料で提供している。

 

 

ちなみに、ProEngineerは未経験をエンジニアのプロに育てて、人材紹介でその利益を得ている。

考え方としては、人材紹介で将来お金が入ってくるから、そのお金を使って私たちにプログラミングを教えてくれる。

 

 

しかも、受講時間数が最大で420時間受けられるから、かなりお得。(1時間1000円でも42万円かかる)

これだけエンジニアになるために、コストをかけてくれるから未経験エンジニアでも就職率が96.2%という高い就職率をほこっている。

 

 

新卒としてエンジニアになるだけではなくて、有給インターンも紹介してくれたりする。

有料、無料問わず新卒の未経験でエンジニア就職するのであれば、ProEngineerがかなりおすすめ。

 

 

ProEngineerの詳細はこちらから

 

 

 

ELITES

 

 

新卒未経験がエンジニアとして就職する方法2つ目がELITES

 

 

ELITESは本気で職業エンジニアを目指す方のためのプログラミングスクール。

ProEngineerと違い、5万円から100万円のお金を支払わないといけない。

 

 

お金を自分で支払わないといけない分、自ずと本気でプログラミングに取り組むことができる。

なにかを始めようとしても、三日坊主で終わってしまう。

そんな新卒就職しようとしている人。

 

 

お金を払って本気で学んでみるのもいいかもしれないね。

 

 

ELITESの詳細はこちらから

 

 

 未経験可のところを受けてしまう

 

 

新卒未経験がエンジニアとして就職する方法は未経験可のところを受けてしまう。

 

 

新卒でエンジニアと就職するのって、コードを書ける人のみってイメージがあるかもしれないけど、未経験でも新卒採用している企業もある。

この場合は多くが大手企業になるから、就職するのは簡単じゃない。

 

 

というのも、IT大手は新卒エンジニアを大量採用しないといけないから、未経験のエンジニアも就職させないとなかなか厳しい。

そして、資本がある大手だとポテンシャルがある未経験のエンジニアを育てたほうが、長期的に考えるとプラスになるから、未経験の新卒エンジニアを採用したりする。

 

 

規模が小さいIT企業だと育てる余裕がないから、未経験のエンジニアだけではなくて、新卒のエンジニアを採用していないことが多い。

だから、未経験で就職するのであれば、大手IT企業のエンジニア採用を受けてみるのがいいでしょう。

 

 

エンジニアインターンで経験を積む

 

新卒未経験がエンジニアとして就職する方法はエンジニアインターンで経験を積む 。

 

 

未経験のエンジニアインターンは未経験の新卒就職よりも難易度は落ちる。

また、エンジニアインターンをしていると、就活の時に有利に働くことがあるので、そういった意味でもエンジニアインターンをするのがおすすめ。

 

なによりエンジニアって向き不向きがあるから、就職する前にそれに気付けることもエンジニアインターンも大きなメリット。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

 - 転職・就職 , , ,